韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  インド人の反応「新幹線は歓迎だが、中国高速鉄道は要らない」

インド人の反応「新幹線は歓迎だが、中国高速鉄道は要らない」

インドが進める高速鉄道の整備計画において、インドと日本はムンバイとアーメダバードを結ぶ路線で新幹線を導入することで合意した。世界の高速鉄道市場で中国と受注競争を繰り広げる日本にとって、インドでの受注は大きな意味を持つものだ。

中国メディアの環球網はこのほど、インドメディアの報道を引用し、「インド初の高速鉄道は日本が受注する」と伝える一方、中国もインドの別の路線の受注を狙っていると伝え、中国側は「中国の技術とノウハウはインド国民に巨大な利益をもたらす」と主張していると報じた。 記事は、中国鉄路総公司の関係者の話として、中国が他国の高速鉄道プロジェクトに投資するのは「中国が自国の技術に自信を持っていることのほかに、開発途上国として中国はアジアの国々と多くの共通点を持っているため」と主張。 さらに、中国は高速鉄道に関する経験をアジア各国と共有したいとしたうえで、建設コストは安いものではないが、高速鉄道が開通すれば大きな利益をもたらすものだと論じた。

一方で記事は、インドメディアが「中国もインドの別の路線の受注を狙っている」と報じたことに対し、インドのネットユーザーから「インド人は中国高速鉄道なんて必要としていない」、「日本とドイツの技術は良いが、中国は信じてはならない」、「中国がインドの高速鉄道計画を受注すれば、中国はエンジニアのなかにスパイを紛れ込ませるぞ」などと、激しい反発のコメントが寄せられたと紹介している。


スポンサードリンク


インド人ネットユーザーたちのコメントが、インド人全体の意見を反映しているわけではないことは明白だが、それでもインド人の中国に対する反発ぶりは激しいものがあり、中国はインドであまり信頼されていないこと、日本の技術が信頼されているであろうことが見て取れる。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1607949?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
昨年12月に「日印新時代の始まり。歴史的な首脳会談となった」—。安倍晋三首相は記者会見の壇上で誇らしげに語った。日本とインドは12月12日の首脳会談で、インドの高速鉄道案件において日本の新幹線方式を採用することで合意した。受注確実といわれたインドネシアの高速鉄道案件を土壇場で中国にさらわれた日本政府としても、一矢報いた格好だ。

日本が受注するのは、インドに複数ある高速鉄道計画のうち、インド最大の都市ムンバイと工業都市アーメダバードを結ぶ、約500キロメートルのルート。最高速度は時速320キロメートルで、所要時間は現在の約8時間から2時間程度へ大幅に短縮される。鉄道網の近代化を政策に掲げるナレンドラ・モディ首相にとって、アーメダバードはかつて行政トップを務めたグジャラート州の主要都市。今回のルートは、高速鉄道時代の幕開けを飾るのにふさわしい路線といえる。受注に至るまでの道のりは平坦ではなかった。高速鉄道の事業者選定では、事業化調査(FS)を担当するコンサルタントの発言力がモノを言う。どのような鉄道システムがふさわしいか、線路の敷設ルートや運賃水準をどうするか、といった根幹部分がFSによって決まるからだ。

2009年に予備段階のFSを請け負ったのはフランスの鉄道コンサルタント、シストラ。そのため当初は、フランスが同路線を受注するとみられていた。そこから日本は巻き返しに動いた。最大の武器は資金調達スキームだ。9800億ルピー(約1兆8000億円)に及ぶ事業費の約8割を、日本は円借款による低利融資で提供することができると口説いたわけだ。インド版新幹線の建設工事は2017年にスタートし、2023年に完成する予定だ。海外における新幹線方式の採用事例としては、2007年開業の台湾に続く2例目となる。

楽観はできない。最大のライバルは中国だろう。日本がインドの実務者を招いて検査や整備の様子を見せるという草の根活動を展開しているのを横目に、中国はインド国内に共同出資で「鉄道大学」を設立し、鉄道の製造や整備に関するノウハウを提供するとしているが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月21日 13:27 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp