韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  駐韓イラン大使「韓国企業はイランで第2次中東ブームを経験する」

駐韓イラン大使「韓国企業はイランで第2次中東ブームを経験する」

「イランは中東で人口8千万人の2大経済国で消費市場です。韓国は第2次中東ブームを経験することになるでしょう」
 ハサン・タヘリアン駐韓イラン大使(64)は21日、韓国言論振興財団の招請でソウルプレスセンターで開かれた懇談会「韓国とイラン関係の新たな地平」で、様々な分野で両国の協力強化を期待すると明らかにした。

タヘリアン大使は「今後イランは石油と天然ガス関連部門で1850億ドルに上る50の大規模なプロジェクトを発注する予定だ。1970年代のイランや中東で活躍していた韓国企業が再び参加できる」とした。さらに朴槿恵(パククネ)大統領の来月のイラン訪問が両国関係を深化させる契機になり、イランのロハニ大統領も韓国答礼訪問を検討すると明らかにした。

2014年7月に就任したタヘリアン大使は“韓国通”だ。80~85年に駐韓イラン大使館で勤務し、92年から1年の間は平壌(ピョンヤン)駐在のイラン大使も務めた。最初の息子と娘はソウルで生まれている。 タヘリアン大使は、北朝鮮のイランのミサイル技術支援疑惑について「イランは自主的に軍事・ミサイル技術を確保しており、誰の助けも必要としない。北


スポンサードリンク


朝鮮との協力の余地はない」と述べた。「イラン・イラク戦争(80~88年)の際に、数少ない国がイランを援助してくれたが、北朝鮮がその中の一つだった。それでイランは北朝鮮に感謝して友好的関係を結んでいる」と指摘したうえで、「しかし友好的関係にすぎず、貿易もなく、いかなるコネクションもない」と強調した。また、昨年のイラン核交渉の妥結が北朝鮮の核交渉の過程にどのような教訓になるかとの問いに、「イランは核交渉初期から核兵器を持つ意向がない点を明確にした。北朝鮮とは状況が違う」と答えた。タヘリアン大使は「イランは中東で最も治安がいい。多くの韓国人観光客がイランを訪問することを期待する」と広報も忘れなかった。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/23947.html

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、訪韓したイランのエスマイル・ナジャール(Esmaeil Najjar)内務次官は韓国経済新聞とのインタビューで、イランと韓国企業が共にする事業が多いとしてこのように話したと報じた。ナジャール次官は「昨年、経済制裁が解けた後に韓国だけではなく多くの国がイランに関心を見せている」として「だがイラン政府の立場としては、ただイランで物だけを売ろうとする会社よりも共にしようとする会社に関心を持っている」と話した。ナジャール次官は「例えば単独進出よりもイラン企業とのジョイントベンチャー形式で会社を作っていくやり方が良い」として「韓国企業がイランに進出する時もこのような部分を考慮すれば良いようだ」と説明した。

ナジャール次官はイランのハサン・ロハニ大統領の義理の兄弟で、先月末にスポーツ専門チャンネルSTNの招きを受けて韓国を非公式訪問した。非公式訪問だったが、イランの石油化学企業MEBのエスマティ・サイード会長、原油・ガス・流通会社であるPRMのコダパラスト・マジド会長ら民間企業代表団が同行した。ナジャール次官は彼らと共にKCC、DiGiFiコリア、ジンヘンウォーターウェイなどを訪問した。ナジャール次官の非公式訪韓は西側の経済制裁の解除で外国企業の進出が可能になりながら、イラン政府が韓国市場の調査や韓国企業との協約締結などの必要性を感じたことに伴ったものだとした。

一昨年、MERS(中東呼吸器症候群)がなぜ韓国で発生したのかを考える必要がある。2012年以来、春から初夏にかけて毎年感染者が出ている。中東で特に多いわけではないが、しかし韓国人の帰国者を感染源に院内感染で2次・3次感染が進んだわけで、また同じことを繰り返す可能性がある。若者は中東へ行けと再び叫んだ韓国政府だが、何とも不安が募るが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月22日 10:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp