韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国公取委、iPHONE修理業者に対するアップルの横暴にブレーキ

韓国公取委、iPHONE修理業者に対するアップルの横暴にブレーキ

韓国の公正取引委員会がアップルコリアと韓国国内iPhone修理企業間の契約が不公正約款だとし是正命令を下した。公取委は21日「アップルコリアが公認修理企業6社と結んだサービスの依受託契約で20項目の不公正約款を確認しこれを是正した」と明らかにした。 「アップル公認サービス提供業者契約」はアップルコリアがいつでも事前の通知をすることなく修理業者との契約を解約したり内容を変更でき、恣意的に修理業者の注文を全部または一部を断ることができるという内容を含んでいる。 また、アップルコリアが修理業者に対し部品や「リファー」(中古品を修理した再生品)製品を適時に送らなくとも全く責任を負わないことになっていた。

公取委は「不公正約款に基づいた契約がiPhoneの修理を頼んだ消費者の不利益につながる」として「今後は合理的理由がある場合にのみ注文の一部を受け入れないことができ、配送遅延にも責任を負わなければならない」と明らかにした。 この他に英文で書かれた契約書を韓国語に翻訳してはならないという条項もなくさせた。

公取委による不公正約款の是正は、アップルがiPhoneを販売している全世界の国家の中で初めてのことだ。 これに先立ち公取委は、昨年iPhoneを修理する公認サービスセンター6カ所が消費者と結んだ不公正取引約款に対する是正措置を下したが、その後も「甲チル(大企業の横暴)サービス」の問題が続き、アップルコリアにも調査が拡大した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/23941.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
2015年9月14日にレコードチャイナで、韓国・アジア経済によると、セヌリ党のペ・ドクグァン議員は、韓国国会未来創造科学放送通信委員会の国政監査に出席したアップルコリア代表に対して、消費者からの不満を伝えたと報じている。

セヌリ党のペ・ドクグァン議員は14日、アップルのアフターサービスに対して高まっている消費者の不満を、国政監査に出席したアップルコリア代表のリチャード・ユン氏に正式に伝えた。ペ議員は、「(韓国内で)iPhoneのシェアは約30%に迫るが、消費者のほとんどが(アップルの)アフターサービスに大きな不満を持っている」と指摘。さらに「韓国の消費者をいいかげんに見るようなアップルの態度は非常に残念。韓国を重要な市場として認識しているのなら、不公正なアフターサービス政策をすぐに改善しなければならない」と強調した。

これに対し、ユン代表は「強調したい点は、韓国市場と韓国の消費者はアップルにとって重要な市場であること」とし、「アップルのアフターサービスについて消費者が負担を感じていることは理解している。これは私たちが他のメーカーとは異なる(本体修理または完動品の別iPhoneとの交換)政策を行っているためで、修理後も消費者が最高の製品を使用するための措置だ」と述べた。

アップルを問題視するだけではなく、社員は韓国人だろう。社員である韓国人が独自に不正を実施したかどうかも調査する必要があるのではないか…。 アップルのサービスにおいて、世界中のアップルのアフターサービスが悪いわけではないだろう。その部分を韓国メディは報じないが…。

アップルコリアのアップル直営において、アップルの名前は付いてるが、典型的な韓国企業では…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月22日 11:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp