韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本は本当に清潔だった・・・「日本を離れた今、それが分かる」

日本は本当に清潔だった・・・「日本を離れた今、それが分かる」

訪日する外国人の多くが日本の街の清潔さに驚くというが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「世界で最もきれいな国は日本だ」と伝えたうえで、「称賛せずにはいられない」と主張、他国と比較しながら日本の清潔さを紹介する記事を掲載した。 日本で10年を超える居住経験があり、日本以外の国も数多く訪問したことがあるとい筆者は、日本の魅力について、「清潔で便利、住みやすくてサービスが一流であること」と説明した。特に清潔さでは世界一で、日本を離れた今その良さがはっきりと分かり「称賛せずにはいられない」と振り返っている。

筆者はフィンランドにも住んだ経験があるという。フィンランドも美しい国で、特に森や湖が多く、水と空気がきれいなことで有名な国だ。筆者も特に中小都市はきれいだと認めながらも、フィンランドで多数開催されるフィスティバルの後に残されたゴミの多さに辟易するという。公共の場所がいつも清潔で「死角のない」日本と比較し、「日本だったらこんなことはなかっただろう」と思ってしまったと振り返った。同時に、広島で開催されたアジア競技大会で6万人が集まった後、観覧席にはごみ1つ落ちていなかったという「日本の神話」を思い出したという。

北方で最も汚染のひどい重工業都市の出身だという筆者にとって、日本の透き通った青空ときれいな空気が「強烈なコントラスト」に感じたのはもっともなことだが、日本を訪れたことのあるフィンランド人たちも「日本の方がきれいだった」と認めるという。


スポンサードリンク


その理由について、雨が多くほこりを洗い流してくれることもあるが、風呂に良く入る、食べ歩きをしない、濡れた傘をビニールに入れる、使った後の洗面台をきれいにするなど、日本人には清潔を保つための良い習慣があることが大きいと説明。学生時代にアルバイトした中華料理店では、1日の仕事が大掃除で始まり、最後も掃除で終わったと振り返っている。筆者は、周囲の環境を清潔に保つことができるのは、日本人1人ひとりの努力のたまもので、他をうらやみ大声でスローガンを叫んでも実現しないと指摘。小さなことを積み重ねていくことで、日本のように中国を巨大な花園にしようと呼びかけている。
サーチナ 
http://news.searchina.net/id/1608098?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
外国人が中国を去る最大の理由は、果たして本当に大気汚染なのだろうか?中国EU商会はこのほど、メディアに対し、「北京など本土大都市の大気汚染は、多くのグローバル企業にとって、中国での難題の1つになっている」と明らかにした。深刻な大気汚染問題によって、多くの外国人が中国を離れている状況は、確かに疑う余地のない事実である。 これについて異存はない。どこで生活するか、どこで仕事をするかを考える上で、環境問題は重要なポイントとなるが、それは数ある決定要因の1つにすぎない。だが、企業の社員は、環境よりも報酬や仕事の将来性により高い関心を示しているのではないだろうか。

外国人が続々と中国を離れる理由のひとつとして、彼らの多くが中国でかなり長期間働き、今後のキャリアやライフスタイルについて再考するターニングポイントに来たことが挙げられる。グローバル企業社員の海外赴任期間は、4年から5年が一般的だ。社員の赴任期間がこれを超えると、企業側は彼らを「現地採用扱い」に変えようと試みるようになる。その目的のひとつは、住宅手当など主要福利厚生の見直しという「コスト節約」にある。 社員がこのような「現地採用扱い」を希望しない場合、彼らの選択肢は、通常2つしかない。1つ目は、質の高い、つまり待遇の良い海外赴任生活を続けるために、新しい会社に転職すること。2番目の選択肢は、荷物をまとめて本国に帰ること。もし後者を選べば、引っ越しの費用は会社から出してもらうことができるだろう。

私は環境汚染問題の比重が増えると考えている。中国に進出した企業競争は生き残れる企業が先進国の世界企業で30~35%、韓国企業では20%以下となっている。つまり夢見て進出しても10社のうち7社が倒産するわけである。この競争激化は10数年前からである。これに厄介な環境汚染問題が発生すれば、仕事に集中すらできないだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月22日 18:48 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
笑い話
上海に居たとき、PMが凄く昼に月だと思ったのが太陽でした!広州や香港島では星が見えない!まして北京市は生きるか死ぬか‼企業も駐在年数は少ない。
あと、成田空港、羽田空港、関西空港などは色々いわれるがアクセスは東アジア一番だと思う。街の綺麗さは世界一でしょう。シンガポール?シンガポールのタクシーで女性運転手がおならをして、カモフラージュするため後部座席に向けてスプレーをしてきた!そんな経験は日本ではありえない!
[ 2016/04/22 19:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp