韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  政策基調変えない朴大統領…保育予算の自治体負担を再確認

政策基調変えない朴大統領…保育予算の自治体負担を再確認

朴槿恵(パククネ)大統領は22日、「労働改革4法と大学構造改革法などの構造改革関連法の立法に向けて努力を続けながら、4大構造改革を現場に定着させ、拡散させていかなければならない」と述べた。保育課程(3〜5歳の無償保育)の財源(確保)の責任を地方政府に転嫁するという方針も明らかにした。 4・13総選挙の惨敗にもかかわらず、派遣法などの労働関係法、保育課程の予算確保を地方政府に「任せる」など、野党が反対してきた既存の政策基調を強行する意思を再確認したのだ。

朴大統領はこの日午前、大統領府で主宰した「2016年国家財政戦略会議」で「25核心改革課題を含む経済革新3カ年計画を滞りなく推進し、雇用という具体的な成果を国民に返さなければならない」として、このように述べた。朴大統領は、総選挙の過程で野党が掲げた福祉公約を意識したように「ポピュリズム的な内容を盛り込んだ法案や事業は、現在と将来の世代に負担を負わせるもの」とした上で、「その弊害を国民皆が抱え込まなければならないという点を詳しく知らせることで、財政の無駄遣いを防がなければならない」と強調した。総選挙当時、共に民主党は基礎年金の引き上げ(20万→30万ウォン<約1万9千円→2万9千円>)を、国民の党は青年希望賃貸住宅の供給を掲げるなど、さまざまな福祉政策を約束した。

朴大統領は、特に毎年議論を重ねてきた中央と地方政府間の保育課程の財源負担をめぐる攻防と関連し、「地方教育政策支援のための特別会計など、新しい制度をうまく取り入れて、国民と国会に広く知らせることで、政策課題である教育問題が筋違いの政治争点にならないように努めなければならない」と述べた。市・道の教育関連の財源として使われる教育財政交付金(内国税の20.27%)の一部を保育課程の予算にすることで、議論に終止符を打とうということだ。


スポンサードリンク


しかし、交付金の追加支援なしに、保育課程だけを「特別項目」として運営する場合、一般の小中高教育予算を減らさざるを得ず、各市道教育庁の反発が予想される。野党も「保育予算は中央政府の責任」という立場を固守している。朴大統領はまた、派遣法とサービス産業の発展基本法を構造調整に伴う「失業対策」として掲げた。朴大統領は、「サービス産業発展基本法は、私たちが強みを持っている保健医療分野などが新産業に繋がっていく道を開く役割を果たし、派遣法は自営業者と壮年層に仕事を与える雇用対策」と主張した。朴大統領は18日、「新たに発足する国会と緊密に協力していく」と明らかにしたが、与野党が対立してきた主な法案を押し進める意向を明らかにしており、「与小野大」の国会で野党との衝突は避けられないものと見られる。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23952.html

【管理人 補足記事&コメント】
日本では、特別会計とは、国または地方公共団体の官庁会計において、一般会計とは別に設けられ、独立した経理管理が行なわれる会計のことをいう。各特別会計ごとに予算をもち、一般会計における単一予算主義の原則に対する例外となっている。単一予算主義の原則とは、国・地方公共団体の会計について、すべての歳入・歳出などを単一の会計で経理する原則をいう。しかし、特定の歳入(特定の税収・登記印紙などの特定財源、財政投融資資金、特別公債・政府証券など)をもって特定の事業を行なう場合、この原則に固執すると、かえって個々の事業の収支損益や資金管理などが不明となり、好ましくない場合がある。そのようなことを避けるため、例外的に一般会計から切り離して独立の会計を設けて経理を行うのが特別会計である。

国や地方公共団体の会計は、単一の会計で処理することが原則となっているが、一般の家庭や企業の経理とは違って、国や地方公共団体では扱う事業の規模も金額も「莫大」で「複雑」である。そこで、お金の流れを明確にして管理しやすくするために、特定事業については個別の会計が認められている。2014年度現在、国の特別会計には15種類があり、その総額は約400兆円にのぼる。特別会計はもともと特定事業のための予算ですので、原則的にはその事業に関連してのみ使われることになります。

たとえば自動車安全特別会計であれば道路整備に利用されるし、エネルギー対策特別会計であれば産油国への協力費や天然ガスの開発などに充てられる。最も新しいところでは東日本大震災復興特別会計があり、こちらは文字どおり復興を進めるための予算となっている。反対にいうと、特別会計は決まった用途にしか使えないという事です。一方では税金の無駄遣いが続いているため、特別会計への批判が高まっているという背景がある。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月23日 09:50 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp