韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  1位の外国企業まねてばかりの韓国企業オーナーたち

1位の外国企業まねてばかりの韓国企業オーナーたち

「韓国の産業界は他人の技術を追いかけて先頭まで来た。しかし、これ以上突き進んでいく実力や推進力は皆無の状態だ」
韓国工学界の第一人者、ソウル大学工学部の李建雨(イ・ゴヌ)部長(61)=写真=は先日の本紙インタビューで、「このような状態が続けば、サムスンや現代自動車といった韓国経済を支える企業も、ノキアのように一朝一夕にして崩壊してしまうかもしれない」と言った。李工学部長は目を赤くして「最近の韓国経済の現実を思い、韓国の学生たちの将来を考えると眠れない」と言った。

そして、李工学部長は「韓国産業界に根深く浸透している『模倣・改良精神』が韓国の行く手を阻んでいる。企業オーナーたちに会うと『私たちの目標は2位だ』と話す。『1位の企業がやることを見て、その後を追いかけさえすれば安全だ』と考えているからだ。大企業の新事業について調べてみると、グローバル企業とは比べものにならないほど安全志向だ」と話した。韓国企業は外国企業を一生懸命に追いかけて1位になったが、まだ過去の成功方程式から抜けられないということだ。

李工学部長はまた、「財務の健全性ばかり維持しようという経営では将来がない。韓国の業界が直面している危機は、高付加価値の核心技術、すなわち創造的な概念の設計能力がないことだ。この能力は金を払ってすぐ買えるものではなく、長年の試行錯誤を経て経験と知識を蓄積するものだが、韓国企業は依然として他人のまねをするベンチマーキングを最高のやり方だと思っている」と言い切った。


スポンサードリンク


解決策を問うと、「ツートラック(two track)戦略」という答えが返ってきた。これまで通り、既に成功した技術や製品に迅速に追いつく「ファスト・フォロワー(Fast Follower=高速追撃)」戦略は維持するが、経験の蓄積が必要な将来の分野では今からでも常に挑戦し、また失敗の経験を積んでいかなければならないというのだ。 李工学部長は「オープンでクリエーティブなベンチャー企業が韓国の業界の変化をリードすべきだ。(そのためには)企業・政府・学校など、すべての集団が力を合わせてクリエーティブな蓄積を目指す社会システムと文化を構築しなければならない」と述べた。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/22/2016042201057.html

2014-02-22-wa-1.jpg

【管理人コメント】
財務の健全性ばかり維持しようという経営では将来がない。韓国の業界が直面している危機は、高付加価値の核心技術、すなわち創造的な概念の設計能力がないことだというが、韓国経済を担う大企業に目を向けすぎだろう。中小企業が世界から注目を浴びる事になれば、自然と大企業は中小企業の押されて進歩せざる負えなくなる。企業経営を知らないオーナー連中は自身の金儲けだけしか興味のない連中である。その連中が政府とつながり不正を実施している様では困りごとだが…。

韓国企業の中心となる中小企業は大手企業により活性化するわけではない。現状は逆であるから、大企業を韓国政府が促進したのと同じように中小企業を改革して、自立させることである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月23日 10:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
大異変
財閥系列ではない下請けは潰れ、財閥系列下請けはなんと日本を頼っている!大阪には中小企業むけの商社(専門商社っぽい)が多々あるが、こともあろうに韓国財閥系列下請けは大阪のそういった商社に助けを求めてきている!韓国国内の製造業は萎み続ける。財閥の生死はみずほ銀行(三井住友や東京三菱電はグループ企業救済で韓国に関わっている暇はない!)、財閥系列の下請けは大阪の商社がカギを握っている。みずほ銀行が傾けば雪崩れをうって韓国は終わる!
私はみずほ銀行からいっさいがっさい手を引いた(おかげで内部事情知ることに?)。
[ 2016/04/23 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp