韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の便器はトイレットペーパーが原因で詰まるのか

韓国の便器はトイレットペーパーが原因で詰まるのか

全国180カ所に上る高速道路のサービスエリアのトイレからごみ箱(便器横に設置されているトイレットペーパー用のごみ箱)が消える。韓国道路公社が4月7日に発表した「高速道路のサービスエリアのトイレ文化革新案」の一つだ。韓国道路公社は、トイレの便器横のごみ箱をなくしてトイレットペーパーを便器に捨てるトイレ利用文化を定着させる、と明らかにした。韓国の公衆トイレには、トイレットペーパー用のごみ箱が設置されていて「トイレットペーパーはごみ箱に」という文句が一緒に掲示されているケースが多い。トイレットペーパーを便器に捨てれば便器が詰まると考えているためだ。トイレ文化市民連帯によると、一部の家庭でも用を足した後のトイレットペーパーを別に集めてごみとともに捨てているという。西洋では、トイレットペーパーだけではなく、便器に敷く使い捨てのシートまでも水と一緒に流すよう案内している。果たして韓国のトイレットペーパーは便器を詰まらせる主犯なのか。

トイレットペーパーは水に100%溶けるようにできている。ペーパー類は大きく3種類に分けられる。ティッシュペーパー、ハンドタオル、そしてトイレットペーパーだ。全て同じ紙だと思われがちだが、目的によって工程と添加される物質が違う。木から抽出されたセルロースを水に溶かした後、薄く伸ばして乾かしたのがペーパー類だが、トイレットペーパーを作る際には水に溶けていたセルロースを取り出して乾燥させる。その他の物質を一切加えないため、水に入れれば自然と溶けるようになっている。トイレットペーパーとして製品を出荷するためには、国家技術標準院が定めた溶解性に対する基準をパスしなければならない。ビーカーにトイレットペーパーを一つ入れて600回かき混ぜ、全て溶けるまでの時間を測定するが、その時間が100秒未満でなければ製品として認可されない。トイレットペーパー製造メーカー「ユハンキンバリー」が2015年に行った実験では、同社のティッシュペーパーやハンドタオルは同じ方法で300秒がたっても水に溶けなかった。ティッシュペーパーやハンドタオルを作る際は、水に濡れても簡単に溶けないよう製造過程で湿潤紙力増強剤を入れ、水に濡れてもすぐに破れないよう強度が高められているためだ。


スポンサードリンク


トイレットペーパーが水によく溶けるにもかかわらず、トイレットペーパーのために便器が詰まるといった偏見は依然として残っている。化粧室文化市民連帯のピョ・ヘリョン代表は「トイレットペーパーが貴重だった1970年代には薄いカレンダーや新聞紙を代わりに使用し、これらの紙は別に集めて捨てていた。トイレットペーパーを別途に捨てる習慣はこれによって生じた」と説明する。当時は水で流す水洗式便器ではなく、ほとんどが在来式便器だったが、汚物回収業者が「紙を一緒に便器に捨てると処理が困難」とし、家庭で別に集めて燃やしたことが由来となっている。これがトイレにごみ箱が置かれるようになった背景と思われる。

ソウル市鍾路区で10年以上、下水溝と便器の汚水管の修理を行ってきたパク・サンジョンさん(55)は「便器が詰まったから来てほしいという場合、原因の99%は異物を流したためだ。ボールペン、ストッキング、生理用ナプキン、ウエットティッシュ、たばこの吸い殻などがそうで、おもちゃのブロック、クレジットカードや財布、携帯電話が出てくることもある」と話す。パクさんは「異物のせいで便器が詰まっているのにほとんどの人はトイレットペーパーのせいで詰まったと考える」と説明する。浄化槽関連の研究を行ってきた光云大学水質環境研究室長のイ・ジャンフン教授も「トイレットペーパーのせいで便器が詰まるというのは絶対にあり得ない」と断言する。
http://news.livedoor.com/article/detail/11449817/

【管理人 補足記事&コメント】
ボールペン、ストッキング、生理用ナプキン、ウエットティッシュ、たばこの吸い殻などがそうで、おもちゃのブロック、クレジットカードや財布、携帯電話が出てくることもある

韓国では、トイレで用を足した際に、トイレットペーパーを便器の横にあるごみ箱に捨てることが多い。「トイレットペーパーはごみ箱へ」という注意書きがしてある所もある。中国などと同様、排水管が細かったり、紙が水に溶けにくかったりするため、つまり対策だと思われがちだが、記事によると、水圧にも問題はなく、韓国のトイレットペーパーも「日本に劣らず水によく溶ける」のだという。それでも便器に流さない理由として、「昔からの習慣」と「トイレットペーパー以外の物を流す可能性があること」が指摘されている。

最近では、ソウル市を初め、釜山地下鉄など「トイレットペーパーはごみ箱ではなく便器に」という文化を定着させようとしている団体も増えているというが、法律や規律で縛るようなものではないため、「一人ひとりの考え方の変化が必要」なのだというが、韓国人は法規制しても守らないのだから無理ではないのか…苦笑。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月24日 10:23 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp