韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  岸田外相「オバマ大統領の広島訪問に謝罪求めない」

岸田外相「オバマ大統領の広島訪問に謝罪求めない」

「(オバマ大統領に原爆投下への)謝罪を求めているわけではない」(岸田文雄・外相)
日本政府とメディアがオバマ大統領の「広島訪問」を実現するため、米国に配慮する姿勢を示している。岸田外相は、今月23日に北海道で行った講演で、「『人類の悲劇を二度と起こしてはならない。核兵器を持つ米国にも理解してもらい、核兵器のない世界を作っていく思いを確認するために訪問してほしい』という意を米国に伝えた」とし、オバマ大統領の広島訪問と謝罪を結びつけない考えを示した。米国側から「確定したことはない」という雰囲気が伝わったことを受け、日本が米国の「政治的負担」の軽減に乗り出したことになる。

日本のメディアは11日のジョン・ケリー米国務長官の広島訪問直後から、オバマ大統領の広島訪問の可能性に言及し、(訪日に向けて)雰囲気を盛り上げている。 読売新聞は21日、「米政府は、オバマ大統領が広島の平和記念公園を訪問する方針を固め、日本政府と最終調整に入った」と報じており、産経新聞は23日、「5月27日の訪問が有力」と日付を特定した。「最終調整に入った」は、確定されていない事実を既成事実化するために、日本のマスコミが頻繁に用いる慣用的な表現だ。

日本のメディアが相次いで「熟していない報道」を通じて、オバマ大統領の訪問の既成事実化に努めているなか、肝心のオバマ大統領は明言を避けている。オバマ大統領は22日、英国ロンドンで英国のキャメロン首相との共同記者会見で、日本経済新聞の報道に対する確認を求める記者の質問に答えない代わりに、「私がアジアを訪問するまで、アジアについての質問は待ってほしい」と述べた。日経は同日、米高官の発言を引用し、「オバマ大統領が来月26〜27日に日本で開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の直後に被爆地、広島を訪れる方針を固めた」と報じた。


スポンサードリンク


オバマ大統領が広島を訪問する場合、1945年の原爆投下以来、初めて被爆地を訪問する現職の米国大統領になる。オバマ大統領の外交アジェンダである「核のない世界」のメッセージを世界に向けて伝える機会にもなる。しかし、原子爆弾投下への「謝罪」として解釈される可能性もあり、米共和党と保守陣営の反発を呼びかねないなど、政治的な負担も少なくない。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/international/23970.html

【管理人 補足記事&コメント】
広島訪問自体が謝罪だろう。
アメリカにとっては行きたくはない場所なはず。その場所にあえて足を運べば、オバマの謝罪と受け止めて良いのではないか…。そもそも戦争の大きなきっかけとなった、黒人奴隷や特にTPP制裁は日本の生活すら危ぶまれる状態に追い込んだわけで、戦争するきっかけとなったのは事実。まして戦争を始めれば、止まる事は無い。原爆投下は唯一戦争を止めるきっかけとなった理由でもあるが、あまりに大きな犠牲を払った行動だ。アメリカ外交がしっかりしていれば、戦争は防げた可能性がある。

米シンクタンク「American Foreign Policy Council」のローレンス・J・ハース氏は、原爆を投下することはトルーマン大統領にとって苦渋の決断だったと語る。米兵の帰還を求める世論の高まりに加え、米軍の本土上陸により、日米合わせ数十万人の兵士や民間人の命が奪われるとの報告を大統領は受けていたと述べる(US News and World Report)。保守系メディア『National Review』に寄稿した、米フーバー研究所の古典学者・歴史家のビクター・デービス・ハンソン氏は、本土戦が行われていたなら、連合軍で100万人、日本軍にはその3、4倍の犠牲者が出ていたかもしれないとしている。

ハンソン氏は、戦争末期の沖縄戦、東京大空襲、それに続く都市部の爆撃でも、日米ともに大量の犠牲者が出たが、それでも日本は降伏せず、特攻隊攻撃による抵抗を強めたと述べる。さらに当時米空軍は、B-29に加え欧州から英米軍の爆撃隊を太平洋に移動させる計画で、5000機の連合軍の爆撃機が、日本中をナパーム弾で飽和させていたはずだと同氏は指摘し、原爆がそのような悪夢のような結果を防いだと結論付けている。同氏はまた、長崎原爆投下の当日、ソ連は好機とばかりに対日参戦をしており、原爆投下がなければ、朝鮮戦争のような惨事を日本が経験することになったかもしれないとも述べている。

保守派の論客は、いずれもオバマ大統領が広島を訪問すると見ているが、争点は行くことへの是非ではなく、謝罪の有無だとしている。結論から言えば、日本に対し謝罪する必要は全くないというのが彼らの主張であり、戦争を早期に終結させ犠牲者を減らすためには原爆投下しかなかった、という考え方を持っているというのも情けない話であるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月25日 09:11 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp