韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本と中国は隣国同士、日中が共存するために必要なことは

日本と中国は隣国同士、日中が共存するために必要なことは

日中関係に改善の兆しが見えない一方で、草の根とも言える民間の交流は活発化している。中国人旅行客が大勢日本を訪れ、真実の日本を体験しているほか、メディアや企業間の交流も日中関係の改善に向けて重要な意味を持つといえるだろう。

中国メディアの環球時報はこのほど、日本と中国は隣国同士であり、日中が共存するためには相手の美点を見つけることが第一歩であるとしたうえで、中国のメディア代表団がこのほど訪日し、代表団の関係者の言葉として「日本は高、精、細の3つの文字で総括できる」と論じた。 記事が挙げた「高」は、新しい技術や産業が経済全体に占める割合が多いという意味で使われている。日本人には骨の髄まで危機意識が浸透しているとしたうえで、日本がこれまでさまざまな産業を高度化させてきた背後にはいずれも現実における危機があったと主張。日本人はピンチをチャンスに変えることのできる敏感な嗅覚を持っていると主張、現在の日本は経済発展と産業の高度化に向けた突破口を「新エネルギー」に見出しているようだと論じた。

さらに、「精」については日本製品の「精緻さ」の意味で使用しており、日本人は「細部にこだわり、品質に対する要求は厳しい」と指摘。日本には本物の政治家や戦略家は少ないが、本物の職人がいると指摘し、弛まぬ努力によって精緻さを求め、極致にこだわることこそ日本式の哲学であると紹介した。


スポンサードリンク


また記事は、「細」について「日本の社会全体における管理の細やかさ」の意味だとしたうえで、日本は貧富の差が小さく、治安の良い社会を構築しているうえ、日本人は寿命も長いと指摘。こうした事実は社会の優れた管理による賜物であるとしたうえで、中国にとって社会の管理システムが完備された日本は学ぶべき対象であると主張した。

中国のメディア関係者が日本を訪れ、自らの言葉で中国の読者に向けて情報を発信することは非常に有意義なことだ。記事では、日本が中国を今なおリードしている点について論じたうえで、中国は日本に学ぶべきであると主張しているが、これは中国が日本を超越しようとする意欲があることを示すものであり、日本と中国は互いに切磋琢磨しながら成長することが健全な関係と言えそうだ。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608181?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
外務省は、我々,大韓民国・日本・中華人民共和国の首脳は,2015年11月1日,第6回日中韓サミットの機会に,韓国・ソウルに集まったとし、我々は,1999年の開始以来,ASEAN+3首脳会議から独立する形で2008年から定期的に3か国で開催された日中韓サミットの会合を通じて3か国協力が進展してきたこと,このような協力が2011年の日中韓協力事務局(TCS)の設立を通じて一層制度化されてきたこと,「日中韓三国間協力ビジョン2020」を含む3か国首脳による共同声明/宣言に記載されたビジョンの実現に向けて進展があったことを評価した。

北東アジア地域における流動的な状況にもかかわらず様々な分野における3か国協力が近年着実に進展していることを認識しつつ,我々は,2012年5月に開催された第5回日中韓サミットからほぼ3年半ぶりに開催された今次サミットの機会に,3か国協力が完全に回復されたとの認識を共有した。安倍晋三日本国内閣総理大臣及び李克強中華人民共和国国務院総理は,議長国である大韓民国の朴槿恵大統領による,過去数年間に及ぶ3か国協力を回復させるための努力に対して謝意を表明した。我々は,地域における永続的平和,安定及び共栄を構築し,揺るぎない3か国協力を発展し続けるため,経済的な相互依存関係と政治/安全保障上の緊張が共存する状況は克服されなければならないとの共通認識に達した。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/rp/page3_001450.html

中国貿易を考慮すれば、日本経済に与える影響はともに大きいわけで、すでに共存しているともいえる。
現段階で反日は有れど、無駄な戦争へ発展する事は無いだろうと思うが…。
むしろアメリカと中国のほうが問題ではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月25日 10:28 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
共存はどうなんでしょうね
チベットやウイグル、モンゴルなどの圧政を見れば中国共産党の国外への覇権行為は必然なのです。中国指導部は体制維持のためにも国外の緊張をあおり、国内を引き締めざるを得ない。もし、中途半端に一帯一路政策を放棄したら、軍部や国民から指導部に批判の矛先が向かいかねないし、少数民族の独立運動は激化する。中国指導部にとり日本を仮想敵国にしといたほうが都合がよいのです。
中国との本当の意味での共存は中国共産党が転覆しない限り無理でしょう。ソ連崩壊も予測できませんでしたが、今の矛盾だらけの経済を見ると中国崩壊も意外と早いかもしれません。
[ 2016/04/25 13:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp