韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  まずは温水洗浄便座から・・・日本製品を見習って抜本的改革、爆買い阻止へ?

まずは温水洗浄便座から・・・日本製品を見習って抜本的改革、爆買い阻止へ?

訪日中国人による爆買いは日本経済にとって追い風となっているが、中国政府としては諸手を上げて賛成というわけではないようだ。これまでも国外で購入した製品に対する課税や持ち出し額の制限によって過度な爆買いの阻止を図ってきたが、中国国務院は新たに、国産ブランドの品質向上を求めた「2016年行動計画」を発表した。

当計画では、中国製品の品質向上とブランドの確立を掲げている。社員の業務スキルや資質の向上のみならず、空気清浄器や炊飯器、温水洗浄便座、台所用品などの品質・ブランド力の向上を求めている。中国人の国外での消費を制限するのではなく、中国製品を購入してもらえるよう本質的かつ抜本的な改革を行うことが目的だ。 中国メディアの南方網はこのほど、「まずは温水洗浄便座から」と題して、中国政府の思惑を分析する記事を掲載。わざわざ炊飯器や便座といった商品を名指ししたことで、日本での爆買いを意識したように感じられるが、中国のネット上でも大きな反響があり、「国家級の文書でそこまで干渉するのはおおげさ」との指摘があるという。

しかし記事は、中国国務院の計画は「決して大げさではく、便座を例に出したのには大きな意味がある」とした。なぜなら、「行動計画」は、消費者の切迫したニーズに応え、中国製造業全体で品質を向上させるよう呼び掛けており、食品や薬品の安全にも言及しているからだ。 温水洗浄便座はもともと、米国の企業が患者向けに発明したものだが、日本で改良され、温水洗浄や乾燥、殺菌など多くの機能と付加価値をつけて日本で広まったものだ。この例から、ありふれた日用品でも異なる消費者のニーズに応え、技術要素を含んだ製品を作ることが「供給側の構造改革になる」と主張した。


スポンサードリンク


2016-04-25-k001.jpg

ブランドの確立については、「結局のところ製品の品質が重要だ」と主張。中国企業の多くは、「中国製品の品質はもはや日本製に劣らない」と豪語するが、「日本製品と同じくらい高価な便座を中国で買ったら、数日で壊れた」という例を挙げ、質の向上の必要性を説いた。日本の温水洗浄便座は中国の国家行動計画で明示されるほどの目標となったが、日本の細部にまでこだわる真面目な仕事ぶりは中国が簡単に模倣できるものではないはずだ。
サーチナ
http://biz.searchina.net/id/1608214?page=1

【管理人コメント】
性能以前の問題として、中国内の信用・信頼と言う部分では、現状どうすることもできないだろう。
改革するには長い年月を必要とする。環境汚染問題とともにではないのだろうか…。

と考えれば、日本からの購入は激減はしないだろう。
最もどれだけの中国人が訪日できるかによるが…。
殆どが副業で儲けた金で来日しているのならば、日本製品の購入自体が副業と直結するわけで、当面爆買は様々な形で継続するのではないか…。 とはいえ部分的には中国で製造しているわけだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月25日 11:56 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
写真を見て下さい
写真を見ればわかる!中国はほとんど全て写真のように、トイレットペーパーが後ろなんで、取りづらい!だから、内装全ての問題!中国の最高級のマンションはケーラー社の内装だから、絶対に日本には追い付けない!
[ 2016/04/25 12:43 ] [ 編集 ]
共産党幹部にもいる
水洗でも、根本は「厠」の思想。
まず、流すこと。拭くことはどうでもいい。

タンクレスの温水便座というのはけっこうハイテクで、
まず瀬戸物。足すのは機械、電気、センサ、ソフトウェア、などなど。
さらに試験・評価技術が要ります。

>中国の国家行動計画で明示されるほど

水洗でも、根本は「厠」の思想。
まず、流すこと。拭くことはどうでもいい。

タンクレスの温水便座というのはけっこうハイテクで、
まず瀬戸物。足すのは機械、電気、センサ、ソフトウェア、などなど。
さらに試験・評価技術が要ります。

>中国の国家行動計画で明示されるほど

共産党幹部にも「痔持ち」がいるようだ。「痔持ち」がいるようだ。
[ 2016/04/25 16:44 ] [ 編集 ]
中国も韓国の様なでたらめを言う様では浮かばれない。
「温水洗浄便座はもともと、米国の企業が患者向けに発明したものだ」だって?
TOTOの技術者が痔で悩む家族の為に長い年月を賭けてやっと開発した物が「ウオッシュレット」だと言う事は日本人ならば誰もが知っている事なのに。
要するに日本の温水洗浄便座も他国の商品をパクリ、改良したに過ぎないのだからこの程度の事は中国でも出来る。
と言う発想なのだろう。
今でも、韓国、中国パクリから離れられない様だ。
そんな事ではインドに追い抜かれてしまうだろう。
[ 2016/04/25 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp