韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  香港が世界3大金融センターから脱落・・・来年はデフレ突入も

香港が世界3大金融センターから脱落・・・来年はデフレ突入も

英シンクタンクのZ/Yenグループが4月7日に発表した国際金融センター指数で香港は世界3大金融センターから脱落し、衝撃的に受け止められた。第1四半期の世界コンテナ港ランキングで香港は青島に抜かれ6位に転落するなど、香港の経済的地位の低下が著しい。研究機関などは今年通年の域内総生産(GDP)伸び率予測を下方修正しているほか、来年にはデフレに突入するとの見方も出ている。

恒生銀行は4月8日に発表した最新リポート「香港経済月報」で今年通年のGDP伸び率を1.8%と予測した。昨年の2.4%から大幅な減速となる。GDPの3分の2を占める個人消費が落ち込み、昨年ほど経済成長には貢献できないのが主因だ。2014年は旅行者による消費が小売り売上高の42%を占めたが、旅行者の減少に伴い小売り売上高も減少。旅行者数伸び率は14年第4四半期の12.1%から15年第4四半期にマイナス4.3%となり、同期の小売り売上高伸び率も3.1%からマイナス3.9%に推移した。

野村国際(香港)は先に発表したリポートで今年のGDP伸び率を1.5%と予測したほか、住宅相場は昨年第3四半期のピーク時に比べ30%下落するとみる。仮に香港経済にコントロール不可能なリスクが現れた場合、住宅相場は60%下落し、GDP伸び率はマイナス0.1%にまで低下すると予想。さらに住宅相場の下落や小売業の不振による失業率上昇で、来年はデフレに陥るとの見通しを示した。リポートでは主に小売業と不動産業の雇用減少によって失業率は今年が3.6%、来年が4.3%にまで上昇すると予測。来年の消費者物価指数(CPI)伸び率予測をもともとの3%からマイナス0.4%に下方修正した。デフレに陥るのは1999〜2004年以来となる。


スポンサードリンク


香港大学経済及商業策略研究所も4月6日に発表したリポートで今年通年のGDP伸び率予測を先に発表した2%から1.5%に下方修正するなど、各機関の経済見通しは悲観的になっている。特区政府統計処が19日に発表した1〜3月の失業率は3.4%で、8カ月ぶりに上昇。特に小売業の失業率は5.5%に達した。香港ディズニーランドが約100人の人員削減を行うことも報じられ、失業率のさらなる上昇が見込まれている。

Z/Yenグループの国際金融センター指数では長期にわたってトップ3はロンドン、ニューヨーク、香港が占めていたが、今年は香港が昨年の3位から4位に後退し、昨年4位だったシンガポールが3位となった。香港がトップ3から脱落するのは09年以降で初めて。中国本土では上海がトップで、昨年に比べ5ランク上昇の16位。深センが4ランク上昇の19位。香港の経済成長停滞に対する警鐘として波紋を広げている。

香港港口発展局が発表した3月のコンテナ取扱量は前年同月比8%減の152万4000TEU(20フィート標準コンテナ換算)。2月の同16%減から減少幅は縮小したものの、14年7月から21カ月連続の下落となった。1〜3月の累計では前年同期比10.4%減の441万TEU。世界のコンテナ港上位5位の同期の取扱量は、上海が同1.64%減の853万8000TEU、シンガポールが同9%減の739万TEU、深センが同2.6%減の556万9200TEU、寧波(舟山)が同5.1%増の538万5400TEU、青島が同4.8%増の442万8400TEUとなっており、かつて世界一を誇っていた香港は今や6位にまで転落した。
(略)
サーチナ
http://biz.searchina.net/id/1608280?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
8日付香港各紙によると、同指数では長期にわたってトップ3はロンドン、ニューヨーク、香港が占めていたが、今年は香港が昨年の3位から4位に後退し、昨年4位だったシンガポールが3位となった。香港がトップ3から脱落するのは2009年以降で初めてとなる。また中国本土では上海がトップで、昨年に比べ5ランク上昇の16位。深センが4ランク上昇の19位だった。
 
特区政府財経事務及庫務局は「香港とシンガポールのGFCIの差はわずか2ポイントであり、域内での金融サービス業の競争が激しくなっていることを示している」と述べ、香港のアジア太平洋地域の資産運用センターとしての卓越した地位を強化し、人民元オフショア業務をさらに発展させ、併せて香港の資金調達機能を向上させるための措置を推進すると説明した。中国政府の対応の悪さだろう。本土から6割減の観光客では当然だろう。ますます香港と本土で険悪となるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月25日 18:35 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
厳しい
没落の原因は中国の国策で香港市場が深センに移ったこと。欧米含め日本企業が逃げていること(代わりに現地に残り企業する輩が……)。代わりに中国人や韓国人が流入している。バブル崩壊は近い。古き良き香港は消え失せた!
おまけに、独立運動は半分やる気なし!何故か?彼らはHongkongisBritishと叫んでいた。あのやり方じゃ独立は無理でしょうね!代わりに広東省の独立が先かもしれない!広州の運動は凄い!昔の日本だねあれは。アメリカ大使館を見ているとバックアップしてるんじゃないかな?
[ 2016/04/25 19:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp