韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日中韓の就活事情、日本は売り手市場、中韓は極めて熾烈な競争

日中韓の就活事情、日本は売り手市場、中韓は極めて熾烈な競争

日本では大学新卒者の就職事情は改善傾向にあり、すでに売り手市場となっているようだが、隣国の中国や韓国の新卒者は厳しい状況のようだ。中国メディアの新華社はこのほど、日中韓の新卒者の就職状況について紹介する記事を掲載した。

記事はまず、中国では新卒者数が過去最高となり、競争が激化していることを伝えつつ、韓国では景気悪化で失業率が上昇していることを紹介。中韓とは対照的に、日本は景気回復に向けた期待で就職事情が改善されたと伝え、3か国の新卒者の就活を取り巻く状況がそれぞれ異なっていると紹介した。 中国では2016年の新卒者は770万人以上と過去最高となる見込みだが、経済成長の鈍化で就活が困難になっているという。日本の民間企業就職希望者数が40万人程度であることを考えると、770万人という数字がいかに多いか分かる。1つの職に平均48人が応募する状況で「熾烈な戦い」となっているが、新卒者たちの6割が「二線都市での仕事を選ぶ」ことで、対処しているという。二線都市は、北京市や上海市といった一線都市よりも生活費が抑えられ、給料も三、四線都市よりは良いからだ。
    
韓国の場合、給与が高く安定した仕事の競争率は極めて高いため、大学生はさまざまな資格を取得することで自分の能力を証明することに力を入れている。そのための準備に3-5年もかけるという。また、待遇の良い仕事を見つけるために、わざと卒業を遅らせる人も多く、学校側もそれを認めていると紹介した。


スポンサードリンク


一方の日本は景気回復に向けた期待感から就活環境は改善しており、すでに売り手市場となっている。日中韓における新卒者の就職を巡る環境は、現時点では日本がもっとも良いと言えそうで、景気が減速傾向にある韓国がもっとも深刻な状況だ。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608289?page=1

【管理人コメント】
中国31省区市の市民1人あたりの平均年収は約30万円を少し超える程度。トップの上海でさえ、4万7710元(90万7900円)と100万円にも満たない。中国人の多くは、本業だけでカネを得ているわけではない。みなさまざまな副業を持っている。表向きの年収が50万円程度でも、表に出ない裏の収入がその数倍あったりする。

中国では本業しかない人間は無能と見られ、実際そういう人は今も底辺に沈んだままです。ちょっと目端の利く人は、ネット販売をしたり、役人に賄賂を贈って利権の一部にありついたりして、本業以上に稼いでいるのが中国である。

一方日本は人手不足の時代に入っているのだが、ブラック企業などと言われる企業が増えたことで、人手不足だが就職難と言う厄介な状態になっている。経営者も雇われる側の能力も…ともに低下しているわけである。モラル以前の問題として、社員とは何か或は協力とは何か…を考える時代に入ったという事だ。

経営そのものを見直す時代でもある。社員あってものだが、その社員も自己都合では困りごとだ。だが、その背景には子育て支援やら介護と言う問題が付きまという。一見自己都合だが、いずれそういう事を経験する年齢に皆なる事を考えれば、企業対応が常に同じでは困るわけで、大手企業には企業内に育児保育があってもしかるべきだろうし、社員の能力を引き出すための環境作りを積極的に実施してほしいものである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月26日 10:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp