韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本から世界で通用するPCが登場しないワケ? 中国「民族主義のせい」

日本から世界で通用するPCが登場しないワケ? 中国「民族主義のせい」

日本は科学技術が発達している国であるにもかかわらず、なぜ米アップルの製品を超えるノートパソコンが造れないのか――。 中国メディアの捜狐はこのほど、日本から世界に通用するパソコンが登場しなかったことについて疑問を投げかけたうえで、日本企業は優秀な技術を持っているが「民族主義」が強く、世界市場に通用する製品を造る意欲がないと主張、それが問題の原因だと論じた。記事は日本のノートパソコンに採用されている技術が世界的に見ても優れているという2つの事例を紹介。1つはシャープのIGZO技術を採用した液晶ディスプレイ、もう1つはNECが開発したマグネシウムリチウム合金ボディだ。IGZOディスプレイもマグネシウムリチウム合金ボディも世界で売れ行きが好調なノートパソコンに搭載されているものよりも優れているといえる。 

しかし、日本企業の各技術はそれぞれでは非常に優れているとしつつも、記事は日本は「民族主義」が強いために品質の高い製品を輸出しない傾向があると分析。さらに大手電機メーカーにとってもはやパソコンは経営を支える主要な事業ではないため、国内需要を満足させる以上の努力を払っていないと主張、世界市場で日本のノートパソコンが売れないのは技術の問題ではなく、売ろうとしていない姿勢によるものだと主張した。民族主義とは一般的に言えば、民族の利益や優位性を確保あるいは増進する思想や運動のことだ。つまり記事の主張は、日本は自国で製造された「良い製品を独り占めにしたい」ためにメーカーは輸出を控えており、輸出を控えているため世界で売れる製品が日本から誕生しないという、かなり無理のある論理と言える。


スポンサードリンク


だが、中国では「日本は一流製品を国内で販売し、二流製品を欧米に輸出し、三流製品を中国に輸出している」といったデマがまことしやかに囁かれており、こうした主張を信じている人も少なくないのだ。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608254?page=1

【管理人コメント】
PC市場で争っても利益が出ない商品で世界に挑戦しても意味は無いのではないか…。
日本国内では、NE℃と中国企業の合併で製造したノートPCなど、やはり日本技術のPC画面は見やすく形も品がある。私はLaVieを使用している。LAVIEは、日本電気(NEC)のパーソナルコンピュータを含めた個人向け製品のブランド名で、現在はNECの関連会社であるNECパーソナルコンピュータ(2011年7月にNECパーソナルプロダクツのパソコン部門を分社化して設立。レノボとの合弁会社であるLenovo NEC Holdings B.Vの完全子会社)が企画・開発・製造を行っている。

日本は基本的に内需国であるから、PCも自国内で潤えばよいのではないか…。日本製品が日本国内で潤う事が重要なわけだが、その一方では自国内での同業者の競争は当然激化する。世界市場で戦うための産業は戦略が必要であることは電機メーカーの大敗で理解しただろう。企業規模もガイドラインがあるわけで、大企業化を避けてきた日本企業である。しかし私は提携を提案してきたわけで、各事業が世界企業と提携したり、或は買収したりと、日産ではないが外資率が上昇しつつあるのも事実。

企業が世界に進出してゆく結果として、次第に肥大化し、サムスンが大企業と驚くほどではなくなった日本というわけである。しかも大企業が数社でしかない韓国とは比較にはならないだろう。良いか悪いかは別として、企業が世界において市場を拡大した結果と言える。 そこにもガイドラインがそろそろ必要だろう。戦略の中で選択と集中においては、企業拡大ではなく事業拡大が優先させるわけで、企業を大きくする負担は実は厄介である。事業提携拡大は無限の可能性となるわけで、企業を大きくしないで事業提携拡大で今後の日本企業は事業展開するのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月26日 10:22 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
ものを知らない
お膝元のご自慢のレノボのノートPCはIBMの時代はパナソニック、現状も日本製だと思う。ブランドのみ、レノボなだけだよ。
[ 2016/04/26 10:57 ] [ 編集 ]
国内主義
まあ、私が研究者時代には、デスクトップはデル。安いから。大学のPCルームはアップル。プログラム言語はアップルに近いから。世界中そうです。あと、秋葉原で部品買って自作と言うのもいた。
ノートパソコンはパナソニックか東芝か富士通とアップル。パナソニックは電池の長持ちどが桁外れ。海外学者も欲しいと言っていたが値段が高い。東芝は堅牢で有名。米軍でも使われている。富士通は部品全てがよい。検査用ですね。アップルはプログラム言語やデザイン音楽関係問題で選ばれる。一般的にはNECやソニー。
つまり日本製は性能は良いが価格が高いから海外では無理でしょうね。
あとカスタマイズPC(ゲーミングPC)や自作PCがある程度シェアーがあり市場として存在する唯一の国が日本です。学生が自作CPU作れるのはアメリカと日本のみです。GPUはアメリカしか作れない。まだ少しアメリカには及ばない。周辺機器がね。日本はガラパゴスで良い!
[ 2016/04/26 11:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp