韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本の筆の都・熊野には、中国が目指すべき「伝承と革新」があった

日本の筆の都・熊野には、中国が目指すべき「伝承と革新」があった

中国メディア・人民網は24日、日本国内にある「筆の都」として、広島県熊野町における毛筆生産業の歴史や、その文化について紹介する記事を掲載した。

記事は、人口2万5000人足らずというこの小さな町で、日本国内の毛筆、画筆、化粧筆の80%が生産されていると紹介。一方で、熊野町の筆づくりは180年と歴史が浅いほか、毛筆の材料となる動物の毛はほとんどが中国をはじめとする輸入物であり、軸も岡山や島根で生産されるものであると説明した。 そして「ではどうして熊野が筆の都として発展したのか」と問題を提起したうえで、耕地面積の狭さゆえ農業だけでは生計を立てることが困難ななか、1830年代には広島藩の奨励により若者が兵庫に筆の製造技術を学んで持ち帰ったこと、その後明治政府の教育重視政策も相まって毛筆のニーズが増加、熊野の毛筆製造業の発展を促したことを紹介した。

また、第2次世界大戦後に一時期毛筆の練習が禁じられたことでピンチを迎えるも、画筆や化粧筆の生産に活路を見出し、新たな発展の契機をつかんだと解説した。そして、1975年には「熊野筆」が国の伝統工芸品に指定されるまでに技術が昇華され、現在2500人が筆の政策に従事していると伝えている。 そのうえで、筆の生産はすべて手作業で行われ、70あまりの工程が存在すること、その技術は父から子、子から孫へと代々伝えられてきたと紹介。その魅力は動物の毛髪に人為的なカットを施さず、原状のまま筆に用いることで非常に柔らかい感触を実現している点にあると解説した。


スポンサードリンク


記事は一方で、その他の伝統産業同様、熊野の筆産業も継承者不足に直面していると指摘。これに対して町や組合が後継者の育成を支援する取り組みを進めているとも紹介した。そして最後に「数十年前は書写用毛筆が熊野筆の代表だったが、化粧筆が海外での知名度をますます高めており、もはや新たな代表となった。小さな化粧筆1つでさえも、長い時間に及ぶ伝承と、さらなる高みを目指そうとする匠の精神を象徴しているのである」と評した。

熊野町の毛筆生産業が中国の製造業に与えうる啓示は、単に代々続く技術や文化の継承に対する真摯な姿勢に留まらない。窮地に追い込まれた際に、既存技術を画筆や化粧筆へと応用することで活路を見出した点も中国の製造業にとっては「大いに学ぶに値すべき点」なのだ。熊野町の事例は、近年中国国内全体で口癖のように叫ばれている「伝承と革新」にピッタリ当てはまるのである。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608326?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
熊野町は、海抜200m前後の小さな高原盆地です。広島、呉、東広島の三つの市に囲まれるように、南北に細長い形をしています。人口は約26,000人を数え、その内1,500人が筆司という筆づくりの技術者である。また、認定試験に合格し、伝産法第24条8号により伝統工芸士に認定された、筆づくりの名人が19名とされている。

筆の原料となる動物の毛は、主に、ヤギ、馬、いたち、鹿、タヌキなどで、ほとんどを中国や北アメリカから輸入し、筆の軸は、岡山県や島根県から仕入れている。熊野町には筆の原材料となるものは何一つ無い。 18世紀末(江戸時代末期)ごろ、平地の少ない熊野村では、農業だけでは生活を支えきれず、農閑期を利用して、主に紀州(和歌山県)熊野地方や大和(奈良県)吉野地方に出稼ぎに行き、その帰りに奈良地方から筆や墨を仕入れ、その道中で行商をしながら熊野へ帰りました。それがきっかけとなり筆と熊野の結びつきが生まれたという。

今から約180年前に広島藩の工芸の推奨により、全国に筆、墨の販売先が広がり、本格的に筆づくりの技術習得を目指すことになった。その先駆者となったのは熊野の若い村人達で、当時筆づくりが進んでいた奈良や兵庫県有馬で筆づくりを学んで帰り村人に筆づくりを広め伝えたとされている。その後、村民の熱意と努力により筆づくりの技が根づき、明治5年に学校制度ができ、33年には義務教育が4年間になるなど、学校教育の中で筆が使われるようになり、需要が増えその為に筆づくりをする人が増え生産量が大きく増加した。

第2次世界大戦後、習字教育の廃止により毛筆の生産量が落ち込んだ時期もあったが、昭和30年頃からは画筆や化粧筆の生産も始まり、昭和50年には広島県で始めて通商産業大臣により伝統的工芸品に指定を受けた。現在では、毛筆、画筆、化粧筆のいずれも全国生産の80%以上を占めるまでに発展している。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月26日 11:40 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp