韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  中国人が驚嘆 日本社会の「誠意と信用」は、もはや恐怖のレベル

中国人が驚嘆 日本社会の「誠意と信用」は、もはや恐怖のレベル

中国メディア・捜狐は21日「日本社会における誠意や信用は、もはや恐怖すら感じる境地にまで達している」とする文章を掲載した。中国人が「恐怖すら感じる」という、日本の信用社会における事象とは一体どのようなものなのだろうか。

文章は、日本式信用社会における「恐怖の境地」について、4つの側面から紹介している。1点目は「誠意や信用に支えられた社会秩序」として、テーマパークなどで設けられている障がい者割引や障がい者専用ゲートについて言及。テーマパーク側が「健常者である市民には、チケット料金をケチろうとして、ちょっと跨げば越えられてしまう障がい者ゲートに行くリスクを冒すような人はいない」と認識しており、ゲートに見張り係を置いていないことを説明した。 2点目は、「誠意や信用に支えられた食品の安全」だ。文章は「日本で寿司や刺身を食べたら腹を壊すのではないか、と心配している中国人よ。もし君が腹を壊したのであれば、おめでとう。君は大金持ちになる」と説明している。日本の食事で不衛生なために腹を壊すというのは非常に確率の低いこと、という意味らしい。

3点目は、「誠意や信用に支えられた戸籍制度」。日本の戸籍管理が「個々の家屋が書かれている地図を広げ、どこに住んでいるかを指せばそれで完了する」レベルの簡単さであると説明。「それでインチキをされたらどうするのか」と尋ねれば、係員は「どうしてインチキしなければいけないのか。そんなことしたら医療保険証明書などの資料が受け取れなくなるのに」と逆に聞き返してくる有様であるとした。文章は「戸籍」としているが、正確に言えば住民登録のことを指しているようだ。そして4点目には「誠意や信用が人生の信条になっている」ということを挙げている。


スポンサードリンク


中国ではまだまだ個人の利益を最優先に考えた行動というのが社会において目立つ。それは個人レベルに留まらず、一部企業や行政にまではびこっている。「正直者が馬鹿を見る」というイメージがなおも払しょくできていないのが現状だ。自分の利益ばかり考えていては、いつまでたっても他人に対する誠意や信用は生まれてこない。「情けは人の為ならず」と言うが、誠意や信用も結局は巡り巡ってわが身に恩恵として戻って来るのである。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608325?page=1

2015-09-28-wa.jpg

【管理人コメント】
日本の誠意と信用と言うのは中小企業で勉強すると覚えやすいが…。
大手企業だとつい上から目線になりがちだが、中小企業では大手企業がお客様なわけで、対応も大手企業とうって変わる事を中小企業へ職をかえると実感するのではないか…。私はすぐに実感どころか体感する事になったが…。しかし、互いの実力と信頼により、ルールは維持されながらも、大手企業に強い信頼度を植え付けることも可能となる。

私は日本の誠意とか信用或はサービスなどを含めて、芸実ともいえる部分まで登りつめることが出来るのも日本企業文化ではと考える。様々な分野での達人技にはそれなりの経験値とノウハウがある。それがキーマンと言われる存在であるから、大手企業から見れば、中小企業にキーマンが一人いるかいないかは工場監査時の大きな決め手となる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月26日 12:06 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp