韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日産ゴーン社長 三菱自に鉄槌 数百億円損賠請求も 提携見直し検討

日産ゴーン社長 三菱自に鉄槌 数百億円損賠請求も 提携見直し検討

燃費偽装問題が拡大する三菱自動車に、カルロス・ゴーン社長(62)率いる日産自動車が鉄槌を下す。三菱自が生産し、日産ブランドで販売された軽自動車に不正が発覚、販売停止に追い込まれるなど最大の被害者である同社は、三菱自に対して数百億円規模とみられる損害賠償の請求に加え、提携関係見直しや軽自動車の自社生産も本格検討する。日産向けの供給に依存している三菱自の経営に致命傷となりかねない。

「日産ブランドの信頼性が損なわれたとは思わない」 中国・北京で開幕した北京国際モーターショーに参加した日産のゴーン社長は25日、記者会見で三菱自の燃費偽装の影響は限定的だと強調した。 ただ、三菱自の燃費偽装が発覚した軽自動車約62万5000台のうち、日産ブランドの「デイズ」「デイズルークス」が約46万8000台にのぼっており、日産の被害の方が大きい。問題発覚後、日産は2車種の販売停止に追い込まれている。 このため日産は、偽装があった軽自動車の購入者に対する補償費用や、本来なら販売できたはずの台数についての損害を三菱自に賠償させる方針。費用は数百億円規模にのぼるとみられる。

日産の昨年の国内販売台数59万台のうち、三菱自製は約15万台にのぼるため、販売停止が長期化すれば大きな打撃となるのは避けられない。日産は、三菱自との軽自動車での提携を見直し、自社生産への移行を本格検討している。日産と三菱自は2011年に共同出資会社を設立して軽自動車の共同開発を開始、三菱自が生産を行ってきた。


スポンサードリンク


ゴーン氏は三菱自との関係について「調査結果が明らかにされるまで待つ。全ての事実がテーブルの上に出そろってから決定を下すことになる」と強調。「三菱自動車はパートナーであり、競合他社でもある」とした上で、「現時点では今回の問題に対する三菱自の対応を尊重しなければならない」と述べた。 日産の本音をより示しているとみられるのが、中国事業を統括する関潤専務執行役員だ。「三菱自に商品を供給してもらった中での不具合なので、責任を取っていただく」と明言した。 日産ブランドを傷つけた三菱自としては自業自得の面もあるが、日産から関係を切られる影響は極めて大きい。三菱自の14年の国内生産台数64万9000台のうち、日産向けは約3割を占めている。

月刊「BOSS」編集委員の関慎夫氏は「三菱自は日産向けの生産で命脈を保たれているのに、この販路がなくなると企業として成り立たなくなる」と指摘する。 北京国際モーターショーには三菱自も参加したが、記者発表会で燃費不正問題について触れず、人気歌手を動員してスポーツ用多目的車(SUV)の宣伝に終始。日本の経営首脳は参加を見送った。 発表会後、広汽三菱の杜志堅副総経理は記者団に対し「(中国で販売している車は)国の認可を通っているので安心してください」と訴え、中国国内での販売への影響を否定した。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160427/dms1604271140006-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
中国に供給している三菱エンジンなども影響を受けるのではないか…。
中国も今回の問題に付け込んで何等か文句を通達するだろう~。
中国企業にとっては買収の良きチャンスとなる? 

また、日産は突き放し、日本の自動車メーカーが三菱を買収しなければ三菱は行き場を失うだろう。三菱自動車の燃費データ不正問題で、三菱自は燃費の基準になる走行抵抗の測定法について、25年にわたって法令と異なる方法を使用していたことを明らかにしている。国交省の調査の結果、同社は燃費試験用データだけでなく、その算出根拠となる複数の測定数値自体も改竄(かいざん)して審査機関に提出していたことが判明。不正の隠(いんぺい)工作を行っていたとみられる。国交省は今後、実際に走行試験を行いデータを確認する方針としている。

違法な測定方法が開発され、25年にわたり使用され続けた理由について、同社は「分からない」としている。違法測定の対象車種については明らかにしなかったが、関係者の話では、同社が国内で生産・販売した27車種で、販売台数は200万台を超えるという…。もはや開発へのプレッシャーなどと言う戯言では済まされないだろう。会社ぐるみの隠ぺいであるから処分は重いだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月27日 13:23 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(5)
三菱自動車は今回は生き残れないだろう
過去2回に渡るリコール隠しでブラックのイメージが付けられた三菱自動車。
今回の燃費偽装に関して余りにも悪質すぎるだろう。
もはや、日本で三菱自動車として商売が成立た無いのではないか?
となると、良くて日本の他の自動車メーカーに吸収合併か、悪ければ中国メーカーに吸収合併と成るのではないか?
日本で傷ついたメーカーといえどもラリーで世界に名を馳せたミツビシモーターである。
中国にしたら喉から手が出る程欲しいブランドだろう。
猛攻撃を掛けてくるのでは無いだろうか?
いずれにしても取り返しの付かない事をしてしまったものだ。
[ 2016/04/27 18:07 ] [ 編集 ]
自主廃業
 燃費偽装なら、現代自動車の方が先輩格です。アメリカでは偽装がバレましたが
本国では違法なし。三菱自動車も日産にOEMしたのがそもそもの間違い。

 スズキ、ダイハツの軽自動車一筋のメーカに立ち向かうのは、土台無理な話です。
日産は、軽の自社生産は技術力が無いから、結局スズキのOEMになるよ。
[ 2016/04/27 20:48 ] [ 編集 ]
ひとつくらい
日本に四輪メーカー8社は多過ぎだから、
ひとつくらい消えてもいい。
[ 2016/04/27 23:57 ] [ 編集 ]
世界共通です、捏造はダメでしょう
又三菱がやってくれた
違法な測定方法とはどのようなやり方でいったい、実際の方法で試験するとキロ/1リットルの走るのか数字を知りたいですね、コンマ何キロなら、たいして騒ぐほどではないと思うのですが、私個人としては、少しばかり数字が違うなら正直に出した方が良かったのでは、と思いましたが

ただ、この会社は隠蔽体質、誤魔化しが常駐だということが問題で、多分記者会見してても腹の中はベロを出していることでしょう、現代自動車、フオルクスワーゲンを笑っている場合ではない
日本にもいつも懲りない、コンプライアンスもくそもない会社が実在するということでしょう
こんな、会社をたとえば中国で買収してもこの腐敗体質は変わらないでしょうね、ま、日本国から追放するならそれも仕方ないでしょう、皆他企業さんは真面目に必死の努力をしているのだから
自動車王国日本という全体のブランドの、信用を落としかねない事案であります
みんなで街をきれいにしているのに一人だけ汚す輩がいる、どうしようもない
[ 2016/04/28 05:02 ] [ 編集 ]
三菱自は、中国車用エンジンを作るだけの会社に?
三菱自には高度な電動化技術が有りますから、シャープ(鴻海)同様、華僑資本などが会社丸ごと買収を画策するかも知れず、その背後に次世代基幹産業を模索中の中国がいそうに思えます、技術流出が懸念されと言う事です。

(習近平氏は華僑の力を背景に伸し
上がった人物ですよね?)

中国は現在、自国製乗用車の電動化をかなり本気で推進中です。乗用車を次世代の基幹産業に据えるなら、自国の内燃機関技術では他国に敵わない。大気汚染対策の一貫でもあるでしょうが、三菱自は渡りに船に映ります。

また、冒頭触れたように、中国製乗用車の殆どは三菱製エンジンを搭載してもいます。中国が三菱自を狙っても何ら不思議は無い。

杞憂に終われば良いと思います。下衆の勘繰りであり確証が在るわけでも在りません、しかし最悪の場合でも国内でケリを付けて欲しと願うのです。三菱自が無くなっても仕方ないが技術流出は避けたいと言う事です。従業員の生活もあります。

三菱自は、不名誉な面ばかりではなくノウハウも有るのです、技術的コアになり得ます、中国にゴッソリ持って行かれたら脅威になるかも知れません。

そこに中国資金と優秀な中国人人材が優先投入され、不正など出来ないように監視する事など、余人は知らず中国ならやれると考えます。汚い事なら中国政府の方が一枚も二枚も上でしょう、中国には諜報に長けた人材も居るはずです、役員として2~3人送り込んでおけばポイントは抑えられる。

日本は、役所やメーカーも機密管理が甘いですから、これまでも度々盗用されていると考えます。買収されないまでも攻め易い状況になったと考えます。
[ 2016/04/28 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp