韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「仕事がなくなる危機も」…覚悟を訴えた韓国現代重工業CEO

「仕事がなくなる危機も」…覚悟を訴えた韓国現代重工業CEO

現代重工業の経営陣が強調する今年の最優先目標は黒字転換だった。2013年10-12月期から昨年10-12月期まで9期連続で営業損失を出したからだ。1-3月期の実績発表を通じて年間基準の黒字転換に向けた最初のボタンが掛けられたが、崔吉善(チェ・ギルソン)会長、権五甲(クォン・オガプ)社長など最高経営責任者(CEO)の表情は明るくなかった。むしろ緊急談話を出し、「生き残りのために力を合わせてほしい」と訴えた。現代重工業は役員を約30%削減するという計画も立てた。人員削減が避けられない状況で役員が先に責任を取る姿を示すということだ。

◆子会社が導いた黒字転換
現代重工業は1-3月期の営業利益を連結基準で3252億ウォン(約315億円)と公示した。現代重工業は前期(昨年10-12月期)2791億ウォンの営業損失を出すなど、9期間に計4兆8776億ウォンの赤字を出した。 黒字転換に最も寄与したのは系列会社の現代オイルバンクだった。現代オイルバンクの営業利益は1769億ウォンと、前期(1551億ウォン)比で14%ほど増加した。系列会社を除いた現代重工業の営業利益は1013億ウォンに終わった。現代重工業の1-3月期の純利益も2445億ウォンと黒字転換した。このうち現代重工業が91.1%の株式を保有する現代オイルバンクなど系列会社の持分法評価に基づく純利益が2086億ウォンだった。

会社の関係者は「現代重工業の本業の造船・海洋でなく非造船事業部門が実績改善を牽引した」と述べた。海洋プラントを製作する海洋部門と陸上プラントを担当するプラント部門は赤字が続いた。大規模な赤字の招いたプラント分野の実績はまだ回復していないということだ。 現代重工業の1-3月期の黒字は「受注減少の中での黒字」と評価される。現代重工業は今年に入って受注額が6億ドルにすぎない。前年同期の30%程度だ。


スポンサードリンク


◆CEO「職場なくなる危機も」
崔会長や権社長など現代重工業グループ内の造船系列会社代表がこの日の談話で「生存を心配しなければいけない」と述べたのもこうした理由からだ。経営陣は「我々が黒字を喜ぶことができないのは時々刻々と我々に近づいているより大きな危機のため」とし「それは我々の仕事が減っているという事実」と伝えた。続いて「今年、我々は5隻の船舶しか受注できず、受注目標値を大幅に引き下げなければいけない状況を迎えた」とし「設計部門の仕事が減り始め、ドックが空くことは現実になった」と話した。 同社のCEOらは「中国との競争で勝てなければ我々の仕事はなくなる」とし「生き残りのために骨身を削る心情で職場を守るための努力をしなければいけない」と訴えた。

経営陣はいくつかのコスト削減案を出した。まず役員を30%削減する。先月末基準で常務補以上の役員は220人だが、うち60人以上を減らすという。現代重工業は2014年も人員削減を役員から始めた。職員を対象にした希望退職を施行する前に役員が先に責任を取るという意味だ。 職員に対しては休日勤務と毎日午後5-6時の1時間延長勤務をなくす計画だ。やむをえず延長勤務をしなければいけない状況が発生すれば、該当事業部門の代表が決裁することにした。役職員が年月次休暇をすべて使うことを原則とする計画も発表した。現代重工業は今後も追加の経営改善策を出す予定だ。
韓国経済新聞
http://japanese.joins.com/article/031/215031.html?servcode=300§code=320

【管理人コメント】
現代重工業は2014年上半期の大規模な赤字により、「非常経営体制」を宣言し、収益最優先の経営に専念した。2014年6月には役員が給与の一部返上などを決めていた。経営の立て直しに向けて、さらに踏み込んだリストラ策が必要と判断し、260人もの役員が一度に辞表を提出した話は記憶に新しいが…。

黒字になったというのは、日産のゴーン氏が良く使う手でもあるが、日産サティオが赤字で合った時に黒字の子会社へ連結させた。企業では傘下企業の付けたり話したりと経営者は忙しい。社員は振り回される羽目になる。韓国企業などは財閥企業の傘下に多くの企業があるのは、税金削減のみならず経営状態を良く見せる手法が、ロッテの様に網の目のような企業構造となったともいえるが…。従って現代重工業は基本的に変わってはいないわけで、今後も厳しい状態が続く事になる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月27日 14:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp