韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  豪潜水艦、仏が日本をうっちゃった真相 極秘ステルス技術提供と驚きの口説き文句

豪潜水艦、仏が日本をうっちゃった真相 極秘ステルス技術提供と驚きの口説き文句

オーストラリアが次期潜水艦の共同開発相手にフランス政府系企業のDCNSを選定したことについて、フランスでは歓迎の声が広がっている。国内雇用の重要な柱の一つである軍需産業の振興に向けた官民一体の武器輸出攻勢が功を奏したもので、ルドリアン仏国防相は「偉大な勝利だ」と強調した。

「フランスを信頼してくれて感謝する」。オランド仏大統領は26日、豪政府による選定結果の発表直後に声明を出し、受注決定を「歴史的」と称賛した。 フランスは潜水艦を豪本土で建造することで現地に2900人の雇用確保を約束したが、仏側でも4千人の雇用創出につながるとされる。仏軍需産業は約17万人の雇用を抱える主要産業。約10%で高止まりする失業率の改善は仏政府にとり大きな課題で、長期の大型受注は支持率が低落中のオランド氏には朗報だ。 仏メディアによると、豪潜水艦の受注は当初、日本相手に絶望的な状況だったが、国防省と関係企業は連携して準備を継続。豪側の首相交代が転機となり、攻勢を加速させた。3月にはルドリアン氏が豪側を訪問し、これに仏企業団体の代表団も続いた。

さらに、フランスの勝因は他にもあるとされる。仏側はプロペラでなくジェット水流で静かに推進する装置の提供を決めた。極秘のステルス技術の海外輸出はDCNSにとって初めて。報道によると、仏側は豪側と対立関係にある国に提供しないとも確約し、豪側は驚きを示したという。 ポリネシアなどの海外領土を有するフランス自体も太平洋やインド洋に利害を持つ。ルドリアン氏は豪訪問時、ペイン豪国防相と中国の海洋進出による脅威についても協議し、「われわれは共通の戦略に取り組んでいる」と強調していた。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160428/frn1604280700002-n1.htm


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
シドニー・モーニング・ヘラルド紙(SMH)は、もともと日本はアボット前政権から「暗黙の承認」を得て、豪潜水艦プロジェクトに参加していたのは良く知られているところだとし、今回の落選について日本側が説明を求めていると報じている。いくつかのメディアは、日本外しに影響を及ぼしたのは中国の存在で、昨年9月に経済重視で中国寄りのターンブル政権が誕生し、中国と仲の悪い日本から潜水艦を買うことを避けたのではないかと見ている。

ディプロマット誌は、中国に対するオーストラリアの感情は複雑だと述べる。貿易経路である南シナ海の航行の自由を維持するため、豪は(中国の)南シナ海での一方的な力による現状変更について明らかに反対を表明しているが、実は豪の最大の貿易相手国はまさにその中国であり、これらの矛盾する圧力が、中国に対する豪の精神分裂病的な政策を生んでいると同誌は述べる。

同誌によれば、ターンブル首相は豪海軍艦船を南シナ海の係争海域に派遣することについてコメントを控えており、南シナ海問題に対するアクションの欠如や曖昧な表現に野党から批判も出ているという。豪シンクタンクのサイト『Interpreter』は、そもそも潜水艦の建造は、中国の軍事力強化に対抗するためだと指摘し、どの国に発注しても、中国としては気になるところだろうとしている。豪戦略政策研究所のシニアアナリスト、アンドリュー・デービス氏は、フランスの提案が優れていたと認めるが、「日本への対応に問題があった」と指摘する。

アボット氏が内定を出しておきながら、政治的理由で競争入札となり、リークされた情報で、日本は入札に負けたと知らされたという。これでは日豪関係に害を与えることになりかね無い。なんらかの関係修復の努力は必要だとしているわけで、記事よりは政府は自分の目と耳で確認しに行くことが重要だろう。外交政策として対応する事だ。選挙と重なり手抜きが日本にあれば、日本政府の失態となるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月28日 18:49 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(4)
良いのでは無いですか?
 潜水艦とはドイツのUボートが有名ですが、これは半潜水艦です常時海中に潜水して戦闘行動は出来なったのです、潜水艦の代表は原子力潜水艦です食料の心配さえ無ければ何か月も海中に潜み敵地海域で作戦行動をするでしょう。
 では通常型の潜水艦は日本の技術が優れていると言われているが、でも実戦で証明された訳ではない、オーストラリアが独自に検討してフランスと協力して潜水艦を開発するのは良いのではないかと思うし、日本の潜水艦製造の情報が中国に漏れなくて良かったと思います。
[ 2016/04/28 21:02 ] [ 編集 ]
ドイツ
ドイツのはティッセンクラッペですね。私が広州に居たとき広州一のマンションでティッセンクラッペのエレベーターでしたが毎日と言うくらい故障していた!まあ、技術流出なくて良かったんじゃないかな?あとは早く潜水艦共同協定を破棄させないと‼
[ 2016/04/28 21:16 ] [ 編集 ]
中国の猛烈な妨害攻撃らしい
中国の猛烈な妨害攻撃があったせいだと、昨日(4/28)、ザ・ボイスで青山繁晴氏が説明していました。
[ 2016/04/29 07:33 ] [ 編集 ]
豪州は南鮮同様、油断ならない気がします、もともと「そうりゅう級」ではなくて前級か前々級で「十分じゃね?」と思ってました。豪中関係や支那の手練手管を考えると情報ダダ漏れ、技術流出しなくて良かったと思います。
[ 2016/04/29 08:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp