韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  航空自衛隊と日本の未来を決めるステルス実証機「X-2」

航空自衛隊と日本の未来を決めるステルス実証機「X-2」

2016年4月22日、愛知県営名古屋空港(愛知県)で、国産初となるステルス戦闘機へとつなぐ、先進技術実証機「X-2」が初飛行した。 戦闘機は「いかにして敵に見つからず、いち早く敵を見つけるか」が重要だ。そこで、ステルス戦闘機が誕生した。実用化に成功したのは米国だけだが、ロシアや中国も試作機を飛ばしている。

日本では、航空自衛隊の戦闘機「F-2」の後継機をステルス機とすることを決めている。ただ、輸入とするか国産とするかは未定だ。そもそも、日本がステルス戦闘機を作れるのか、作れたとしても費用対効果はいかがなものか、などを調査する必要がある。 そこで作られたのが先進技術実証機である。当初は「心神」というプロジェクトネームで呼ばれたが、その後、先進技術実証機を英語表記したAdvanced Technological Demonstrator-Xを略して「ATD-X」と呼んだ。 まずは地上での各種試験が行われた。今年1月、報道陣に初公開され、その場で「X-2」の名前が発表された。

一部で誤解されているが、X-2がこのまま戦闘機として生産されるわけではない。この機体で、次世代戦闘機を国産した際に求められるステルス性能をはじめとした各種技術を試すのだ。敵を捜索するためのレーダーは、飛ばした電波が物体に当たって跳ね返ってくることで、敵の位置や距離を測る。ならば、その反射を抑えれば、正確な距離をつかむことができない。鳥などサイズの小さいものと誤認させることができる。それがステルスである。 


スポンサードリンク


そのため、X-2はレーダーが乱反射するような機体形状をしている。電波吸収特性の高いシリコン・カーバイド繊維などを機体素材とし、機体の中に電波を取り込む。キャノピー(=操縦席を覆う風防)にもレーダー波透過を抑えるコーティングを施し、コックピット内の計器のレーダー反射も許さないなど、かなりの徹底ぶりだ。

そして、国産の「ハイパワー・スリムエンジン」を搭載する。 噴射口には3枚の推力偏向パドルが取り付けられ、失速領域といわれる低速域でも、運動性能を落とさず飛行できる。 X-2で試す国産技術は、ほかにもたくさんある。2020年をメドとし、すべてを試験して、結果を出していく。 こうして、「F-2の後継機を国産とするか、否か」を決める。もし、日米共同開発となっても、日本の独自技術があれば、開発過程での発言力は大きく変わる。
空自の未来が、X-2にかかっているのは間違いない。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160429/plt1604290830001-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
軍事評論家によると、次世代戦闘機の単独開発はもはや不可能に近く、これまで国産戦闘機を開発してきた欧州諸国やアメリカでさえ、今後は国際共同開発以外の選択肢を取りえなくなっている。先進技術実証機「X-2」の開発を主導する技術者たちは、20年前のF-2(当時はFS-X)開発において中堅を担いました。

そして将来の次世代戦闘機開発において主導的立場を担うのは、今回のX-2開発において中堅を担う若い技術者という事になる。X-2は、単に最新技術を実証するためのものでは無い。若手にベテランのノウハウを継承させる機会を与えることによって、将来ありえる戦闘機の国際共同開発において日本が主導的立場を担えるよう備えること。それこそが、X-2に与えられた大きな使命である伝えている。
http://trafficnews.jp/post/48590/3/

抑制された日本の軍事力によるのではないだろうか…。
日本も戦後から考慮すれば、先端技術を利用した軍備を開発し、自国防衛のみならず、他国から受注し販売する事が無ければ、莫大な費用の補てんが出来ないだろう。そこには様々な未来像があるのも事実。とはいえ防衛は一つ間違えば戦争へ関連するわけで、思いは複雑だが…。個人的にはむしろ軍備以外の産業にも活用される事を祈りたいが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月29日 13:43 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
ステルス
レーダーに反射させない塗料は日本製がトップシェアです。反射しにくい材料も防衛研究所とJAXAの技術です。ボロンが使われています。SiCもボロンも日本とアメリカが最先端です。ちなみにこれらの材料は原子力でもメジャーな材料です。
[ 2016/04/29 15:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp