韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  羨ましくてたまらない?国産の食べ物を安心して口にできる日本

羨ましくてたまらない?国産の食べ物を安心して口にできる日本

中国産食品は安心して口に入れられないとして、近年の中国では輸入食品が大人気となっており、価格が高くても購入する消費者が大勢いるようだ。日本では価格が高くても国産の食品のほうが安心だという消費者が大勢いるのと対照的だ。 中国メディアの和訊網はこのほど、日本人は食品の安全を重視するがゆえに価格が高い国産食品を購入する傾向があると説明している。

記事はかつて農林漁業金融公庫(現在は日本政策金融公庫)が行った調査を紹介。20歳から60歳の年齢の日本人2000人を対象に調査を行ったところ、国産食品の価格が輸入食品より10%高いという条件でも、67.5%もの人が国産食品を購入すると回答、20%高いという条件であっても32.7%の人が国産食品を選ぶと回答した。 このように日本人消費者が価格が高くても国産食品を選ぶのは「美味しいからというだけでなく、安心だから」という考えに基づいていると記事は指摘している。中国産食品の安全問題が頻発する近年においては、さらに多くの日本人消費者が国産を選びたいと考えているのではないだろうか。

日本では食品の安全品質を確保するため、生産者の写真付きの商品が販売されていたり、QRコードを利用して商品の生産環境や使われた肥料なども確認できる。日本ではトレーサビリティという考え方も普及しているが、中国ではまったくと言ってよいほど普及していないシステムだ。 記事は、日本政府が規定する食品の安全検査レベルが非常に厳格であり、多くの日本企業は食品の品質管理を高度なレベルで実施していると称賛。もし企業が品質管理を怠り、問題を起こすようであれば、その企業は日本社会での信頼を取り戻すのは極めて難しいと指摘した。


スポンサードリンク


こうした日本の品質管理水準の高さは、日本人が国産食品を購入する大きな動機付けを与えている。価格が高くても国産食品を選ぶ多くの日本人は、いわば「安心を買っている」と言えるだろう。同じように、多くの中国人が価格が高くても輸入食品を購入するのは、中国食品の安全性に対する不信感が大きな要因だ。

中国ではこれまで食の安全を揺るがす問題が何度も発生しており、そのいずれも日本では到底考えられないものばかりだ。例えば、人体に有害なホルムアルデヒド系の薬品で漂白した春雨、薬品で着色し、鮮度を良く見せかけた肉類、さらには化学薬品で作ったニセ鶏卵など、本当に枚挙にいとまがない。これでは中国の消費者が国外の製品を買い求めるのも当然と言える。逆に言えば、日本産の食品にとっては大きなビジネスチャンスが中国に存在することになる。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608768?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国における食品安全への取組は、最近になって始まった新しい動きであり,法制度等の整備が急速に進められているが、現場の人員の配置、組織・施設の整備等が短期間で十分に行われるものでもなく今後の課題は多い。 また中国では、従来食糧が不足し、食の質よりも量の確保が求められた時期が長く続いたためか、食品衛生に関する意識は極めて希薄であった。近年,農林水産業および食品工業の発展とともに、都市部を中心として食品消費の多様化が進んでおり、都市部での食品衛生観念は徐々に向上しているが、中国の広大な地域のほとんどを占める農村部では依然として食品衛生観念が不十分なままである。

一方中国は、農村振興,農民所得の向上等のために食品輸出を重視し、官民一体となって食品輸出に積極的に取り組んでいるとしているが、主要な輸出先国である日本やEU 等から中国の食品の安全性についての疑念が提起されるようになった。一部食品についてこれらの輸出先国から輸入禁止措置がとられる事態となったため、食品安全に関する措置については、これへの対応がまず求められるとした。従って現在の輸出食品に対する検査検疫体制は、中国の食品安全に関する体制の中で,最も充実したものとなっている。

中国の食品安全への取組は、中国から輸出される食品についての国際基準または輸出先国が求める基準を満たすための対策が先行した形だ。一方、中国国内の食品衛生水準を一律に国際的な水準まで引き上げることは現実的には不可能である。食品輸出で得られた経験を徐々に国内で浸透させていくこととなる。長期間での取組が必要となるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月30日 12:55 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(3)
不味い
中国に居たとき、何が嫌だったか?生野菜、肉が不味い!で在日肉やが中国に乗り込んで焼き肉屋開いた。肉はまあ和牛だから許せる(肉は良いが保存方法とサービスが駄目)が、野菜は在日のため韓国製……。韓国製トマトのスライス食べて吐き出した!あんな不味いトマト食べたのは初!中国製トマトのほうが100倍良い!で私は店長呼び出し、怒鳴り散らし、経営者から連絡させ怒鳴ってやった!こんな不味いトマト食わすな!と。不味いレベルが半端ない!どうやったらあんな味になるんや!
[ 2016/04/30 13:11 ] [ 編集 ]
今でこそ
 私は齢67才です、身長5尺5寸(165Cm)体重16貫目(60kg)です、米は配給米、肉と言えば鯨肉、ベーコンと言えば赤身の鯨肉ベーコン(ベーコンが豚肉と知ったのは高校生になってから)、甘味料はサッカリン、卵一つを弟と半分にして食べた過去を持つ私からすれば、よくぞ此処まで生き残って来たと思います。
 今でこそ日本の食も安全になったが、過去には、森永ミルク、水俣病など酷い食に関する事故、事件があった、それでも尊い犠牲を反省、教訓として安全を追及しているが、慢心が安全を脅かす事を忘れてはならない。
 あなた方は外食店で、このお米は国産ですかと?聞いたことがありますか?子供達には安心、安全な食事をしていただきたい。
[ 2016/04/30 21:11 ] [ 編集 ]
大山 さま
私は幼い頃、「鯨ベイ」は鶏のトサカをスライスしたものだと思い込んで居りました。

戦後、日本の食の安全が徐々に向上したのは、主婦連(1948年創設)のおかげでしょうか? 戦後の比較的早い段階で発足していますね。私は戦後のゴタゴタなど知る由もない1958(昭33)年生まれですから、生まれた頃には比較的に食の安全がはかられていたんだと思います。母は強し、主婦連に感謝です。
[ 2016/05/01 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp