韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  3月の韓国の経常黒字100億ドル 49カ月連続の黒字

3月の韓国の経常黒字100億ドル 49カ月連続の黒字

3月の経常収支が6カ月ぶりに100億ドル台の黒字を示した。経常収支の黒字は2012年3月以降49カ月目で、史上最長期間にわたって黒字基調を続けた。
 
2日、韓国銀行が発表した2016年3月の国際収支(暫定値)によると、商品収支やサービス収支などを合計した経常収支が100億9000万ドルの黒字と集計された。黒字規模も昨年9月(108億5000万ドル)以来最大だった。第1四半期(1~3月)基準では240億ドルを超え、1980年統計作成以来最大値を記録した。商品収支の黒字額は2月に75億4000万ドルから3月に124億5000万ドルに増えたのが、経常収支黒字の拡大に貢献した。外国人の国内証券投資も10カ月ぶりに増加傾向に転じた。2月中旬以降、国際原油価格が急騰し、国内証券市場が増加傾向に転じたのが影響を及ぼしたものと分析される。

しかし、輸出より輸入がより減る“不況型黒字”の様相も続いた。輸出は445億4000万ドルで前年同期比9.3%下落しており、輸入は321億ドルに16.1%減少し、前月(-13.8%)より大幅な下げ幅を示した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24045.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
韓国銀行(中央銀行)が発表した2015年の国際収支統計(速報)によると、経常収支の黒字額は前年比25.6%増の1059億ドル(約12兆8千億円)となり、4年連続で過去最高を更新した。原油安の影響や内需の伸び悩みなどで輸入が輸出を上回る勢いで減り、貿易黒字が拡大したためだ。韓国の経常黒字が1千億ドルを突破するのは初めてとなる。

産業通商資源省が同日発表した輸出入動向(速報)によると、1月の輸出は前年同月比18.5%減の367億ドル、輸入は20.1%減の314億ドルといずれも大幅な減少を記録した。輸出は中国など新興国の需要不振が響き、数量、単価ともに落ち込んだ。自動車や半導体、鉄鋼製品などの主力産業が軒並み2桁の下落率となった。経常収支黒字が膨らんだのは、輸出の増加ではなく「輸入の減少」によるものなのである。

経常収支とは、「貿易収支」「サービス収支」「所得収支」「経常移転収支」の4収支からなる。韓国の経常収支に最も影響を与えるのは貿易収支だ。貿易収支は「財の輸出」から「財の輸入」を引いて計算される。輸出が伸び悩んだとしても、輸入が激減すれば、貿易収支や経常収支の黒字は拡大する。

韓国の輸入が大幅に減少した理由は、内需の不振だ。今後の韓国経済は、外需縮小と内需不振という問題を抱えたまま推移する事になる。中小企業改革で十分自国の生活は今よりは楽にすることが可能と思うのだが…。韓国政府は取り組まない。もっとも日本の傘下はどんな状態でも嫌だというのならば、韓国経済の終わりも近い…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月03日 09:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp