韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  韓国100大企業最高経営者の60%がソウル・高麗・延世大出身

韓国100大企業最高経営者の60%がソウル・高麗・延世大出身

国内100大企業の最高経営者(CE0)の平均年齢は59.8歳、出身地域はソウルが最も多いと調査された。 2日、月刊「現代経営」が今年100大企業の最高経営者139人のプロフィールを調査したところ、平均年齢は59.81歳で、昨年(59.92歳)に比べて若干若返ったことが分かった。

出身高校は京畿高(11人)が最も多く、次いでソウル高(9人)、景福高(8人)、龍山高(7人)、普成高(5人)、慶北高・中央高(各4人)の順だった。 出身大学はソウル大45人(32.6%)、高麗大23人(16.7%)、延世大15人(10.9%)の順だった。 この3大学(SKY)出身の比率は60.2%で、昨年(62.4%)に比べて2.2%減った。 次いで漢陽大(10人)、韓国外大(6人)、成均館大・仁荷大(各3人)、西江大・嶺南大・中央大(各2人)の順だった。 出身地域別では、ソウルが55人(44.7%)で最も多く、慶尚北道14人、釜山8人、慶尚南道・大邱が各6人、京畿道・忠清北道が各5人、忠清南道4人、江原道・仁川が各3人、光州・全羅南道・全羅北道が各2人、済州・日本が各1人と集計された。

「現代経営」は今年の「100大企業CEO標準モデル」としてキム・ジョングンSKガス社長とサムスン電気のイ・ユンテ社長を選んだ。 59歳のキム社長は聞慶高、高麗大経営学科を出て1983年にSKに入社し、2014年入社31年目にして代表理事になった。 56歳のイ社長は、浦項高とソウル大電気工学科を卒業し、1985年にサムスングループに入社し29年ぶりの2014年に代表理事の席に上がった。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24039.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、201年に国政府の1~3級高位公務員の出身大学中、ソウル大学・高麗(コリョ)大学、延世(ヨンセ)大学の卒業者が今年初めて50%を超えた報じた。 行政安全部が6日、国会行政安全委員会に所属しているハンナラ党の朴大海(パク・デヘ)議員に提出した「高位公務員団の出身学校現況」(6月末基準)によると47カ所の政府機関に在職中の1~3級公務員1319人のうち、半分以上の685人(51.9%)がソウル大学・高麗大学、延世大学を卒業した。

これら3校の大学出身者の比率が50%を超えたのは今年が初めてだ。同3校の出身者が占める高位公務員の割合は毎年増えて続けてきた。国政監査の時公開された資料によると2006年には36.5%、2007年に39.4%だった。続いて2008年には41.6%、2009年42.9%、2010年46.7%で年々増加の傾向を見せている。

今の韓国は、大学を卒業してから手に職をつける為に技術系の学校に 再入学する人が多いというが…。そこで見直されたのが高卒であったが、ほとんど報じることが無い。学歴社会の反動は、今頃語学堪能が他国でも普通になりつつある中で、製造技術が見直されているのは報じない。ましてサムスンの製造管理は日本の定年退職者が多いという実態すら知る余地もない。製造と言う部分を基本として勉学に励めなかったツケは大きい。頭の中で考えたところで、学歴社会が幹部候補ばかりでは困りごとだろう。必要なのは幹部候補ではない。すでにあふれかえっているというより、むしろ有能な幹部はヘッドハンティングで担うのが大企業であると考えれば大半は必要が無いのではないか…。

サムスンの製造になると平均年収で見ても非常に低い。製造との開きは昔の日本企業を思い出す。と言うか今もなお日本企業でも製造と技術系或は開発との開きは大きい。それも製造が製造技術と言う技術に位置つけられれば、次第に状況は緩和するのではないかと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月03日 09:24 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp