韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  危機感を募らせる韓国製造業、「中国はすでに韓国は眼中にナシ?」

危機感を募らせる韓国製造業、「中国はすでに韓国は眼中にナシ?」

中国で人件費が上昇し、製造業ではコスト優位が失われつつある。だが、その一方で中国企業は技術力を急激に高めており、韓国の製造業は中国製造業に対して「危機感を募らせている」という。 中国メディアの参考消息網はこのほど、韓国メディアの報道を引用し、中国のコンシューマーエレクトロニクス、石油化学、自動車産業などの製造業はもはや「韓国を目標にはしていない」と主張。2025年には日本とドイツに追い付き、2045年には米国に追い付くことを目標にしていると説明した。

続けて、韓国メディアが「中国製造業の発展は韓国の想像をはるかに超えている」と表現していることを伝え、例えば中国のコンシューマーエレクトロニクスの発展について、2016年1月に開催された世界最大の家電見本市「CES 2016」において、舞台の中央を占めたのは韓国企業ではなく、中国企業のハイアール、ハイセンス、TCL、HUAWEI、長虹だったと紹介。2010年当時の韓国と中国の力関係はすでに逆転していると指摘した。 さらに記事は中国はかつて韓国石油製品の最大輸入国だったにもかかわらず、現在中国の石油精製能力は韓国の3.4倍にも達したと説明。また自動車産業においても中国市場における15年の現代自動車の販売台数は5.1%減となったが、中国の長城汽車などの国産メーカーには勢いが見られると指摘した。

CES 2016に世界各地から参加した3600を超えるメーカーのうち、中国企業の数は1300社にものぼり、うち「ハードウェアのシリコンバレー」と呼ばれる深セン市の企業は652社だった。深セン市での製品開発は試作品をいち早く製造できるという大きなメリットがあるといわれるが、中国企業の発展にはこのような優れた環境も関係している。


スポンサードリンク


また、14年に開催された「IFA 2014」においてTCLはサムスン電子やLG電子に先駆けて量子ドットテレビを発表した。当時、LG電子の研究スタッフも中国企業の猛追をすでに認めていたようだ。記事の内容で特に注目したいのは、現在の中国製造業の実力だけではなく、その発展のスピードだ。応用力の基礎となるのは十分な知識だが、中国企業にはすでに十分な知識が備わっており、それが発展のスピードに直接関係していると言える。
サーチナ
http://biz.searchina.net/id/1608835?page=1

【管理人コメント】
韓国の経済を支え、成長エンジンとなってきたのは、造船、鉄鋼、自動車、そして現在、もっとも華々しい成果をあげてきている情報家電です。いずれもが、日本から援助を受けて日本と競合するまでの産業となり、今でも日本に追い付き追い抜くことを目標としている。 しかし韓国が日本を目標にしてきたのと同じ構図が韓国と中国の間で派生しているわけで、韓国の台頭で日本が大きな打撃を受けた造船業は、今ではその韓国も中国に抜かれて、日本もまた復活しようとしているわけで、為替依存度の高い韓国造船業は縮小厚いは撤退の危機に著面している。

日本はスマホなどの半導体やPC事業においては自国のみで、すでに他の産業へ移行し形を固めつつある。
技術横並びとなれば、いずれは撤退せざる負えないのも企業の宿命でもあるわけで、次に何を自社製品として世界で君臨するのかは大きな課題となる。自社のロードマップと世界の動きがリンクするように動き、逆に世界経済を先導するくらいの勢いがほしいところである。韓国企業や中国企業のように常に他国の真似だけで成長する企業では心もとないのも事実。挙句に韓国企業などは為替依存で日本を追い詰めたと喜んでいるが、為替依存度が逆効果となれば、成長戦略の無い企業では、撤退するしか道は無くなるわけで、韓国企業には残る産業は限定的でしかないだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月03日 10:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp