韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本の軽自動車は「実用性は最高」・・・でも中国でなぜ売れない?

日本の軽自動車は「実用性は最高」・・・でも中国でなぜ売れない?

日本では軽自動車は実用的で燃費も良いとして人気が高い。だが、中国では自動車は所有者の地位や立場を示すツールであり、さらに中国人は何でも大きいものを好む傾向にあるため、軽自動車はあまり人気がないのが現状だ。 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人が好きな軽自動車のなかには「外観がとても醜い車種がある」と主張、中国人の視点では日本の軽自動車は醜く映ると主張した。

記事は、日本の複数の軽自動車の写真を掲載しつつ、外観が醜い自動車として紹介している。この主張は反日感情に基づくものでなく、ただ感じたことをそのまま表現しているようだ。実際、日系車は中国人に愛されており、価格が手ごろで低燃費であるところが良いと称賛しており、特にインフィニティは良い車であると主張している。 だが、中国人の審美眼からすれば軽自動車は醜く映るようだ。事実、中国では軽自動車はあまり売れていないが、メンツを重視する中国人にとっては軽自動車ではメンツが立たないという考え方なのだろう。また、中国でも核家族化が進んでいるものの、それでも一族の数が多い中国では家族総出で自動車に乗る場合、軽自動車では乗りきれないという現実的な問題を指摘する声もしばしば聞かれる。

記事に対しては多くのコメントが寄せられており、軽自動車は「実用的」であることを認める意見が多く見られた。また、とても個性的であるという意見も多く、内部空間が広く、排気量が小さく低価格であるため実用的であるというコメントもあった。日本の軽自動車は外観が醜いと主張するコメントもあったが、そのあとに実用性の高さを付け加えて評価する意見が多かった。


スポンサードリンク


この記事にネットユーザーたちが寄せた120以上のコメントのうち、日本と中国の歴史問題を取り上げて日本製品を批判するものは見受けられなかった。日本に対する中国人の感情から憎しみが少しづつなくなっていることの表れなのかもしれない。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608836?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
東洋経済は、軽自動車は車両のサイズとエンジンの排気量、乗車定員などに上限が設けられている。税制優遇の代償だが、日本独自の規格のため、そのまま海外市場に投入するのは適さない。とりわけ、660ccという排気量は特殊なうえ、現在の車体の大きさに比べると明らかに非力でクルマとしてのバランスも悪いと報じている。しかも、エンジンの開発・生産投資には多大な費用がかかる。その負担は軽自動車でもより大きな排気量のエンジンを持つ普通車でもさほど変わりはない。にもかかわらず、軽自動車用エンジンは市場が国内に限定されるため、採算が悪い。これに対し、グローバルで利用されるエンジンを搭載できれば、コストダウンが図れるうえに性能のバランスもよくなる。

現在でも、小型で安価なクルマ作りという点で、新興国のエントリーカー生産に軽自動車のノウハウは生きている。それは、スズキがインドで、ダイハツ工業がインドネシアでトップメーカーであることが証明している。車体に加えエンジンも含めた自動車開発全体を新興国向けの自動車と軽自動車で共通化できるようになれば、メリットは大きい。スズキ、ダイハツに限らず、軽を新興国市場攻略に生かそうという動きは盛んだ。2011年から軽自動車に本格再参入をしたホンダは、軽自動車「Nシリーズ」のプラットホーム(車台)を新興国の低価格車のプラットホームとしてグローバル展開する方針を明らかにしている。

2013年から軽自動車の共同開発車を投入した日産自動車と三菱自動車も、軽自動車開発を行う合弁子会社「NMKV」の体制を強化し、グローバルエントリーカーを共同開発する。軽自動車の規格を拡張できれば、こうした新興国攻略も行いやすくなる。「車幅を多少広げ、800~1000ccクラスのエンジンを搭載できるようになれば、グローバル展開につなげるうえでのメリットは大きい」と前出の渉外担当幹部は言う。 縮小していく国内市場での"優遇"を手放す代わりに、伸びゆく新興国展開での可能性を広げる。大きな波乱もなく増税が決着した背景には、自動車業界の軽自動車規格をめぐるしたたかな計算も働いていそうだ。

しかし現実は燃費に比べて価格が高い軽自動車である。
世界標準になるには難しいだろう…。そろそろ1000cc以下を軽自動車とするくらいの対応がほしいが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月03日 10:42 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
軽自動車をグローバル化すべき
4~5人乗り乗用車・商用車のミニマムとして、使うにしても作るにしても経済効率やエネルギー効率が良いと考えられるサイズや重量を逆算できるなら、もっと真剣に議論すべきです、人間のサイズは限られていますから、やたらと大きかったり反対に小さかったりはしないのではないか? そんな気がします。

また、軽自動車をグローバル商品化したいなら確固としたビジョンが必要になるかと思います。日本の産業育成と捉えるなら、国も考え方も変えないと世界に打って出るには心細い、軽自動車を現在のレベルで商品化できる国はそう多くはないはずですから、国が援護射撃するなら、国際的にも芽がある商品ではないでしょうか。

ロングライフ、高信頼性、安全性、経済性、エネルギー効率、リユース、リサイクルまで含んだ確固とした体系を打ち出し、世界が納得するような商品に育てるべく更に磨き上げる余地はまだありますが、潜在力は有ると考えます。

個人的には、サイズはかつての5ナンバーより少し小さいくらい、排気量は1L未満が良いのではないかと思います。また、軽自動車の重量が1トンを越えるのはどんなものかとも思います。

インドやインドネシアのような人口の多い地域を足掛かりに、国際的商品に育つように希望します。
[ 2016/05/03 11:44 ] [ 編集 ]
大きくして売ればいい、実際そうしている
軽は日本独自の法制規格だから、そのまま
輸出はしないです。

ボディ寸法、エンジン排気量は設計問題だから
どうにでもなる。仕向け先地域ごとに最適化した
規格で作って売ればいい。実際、スズキはインドで
「拡張版軽自動車」といった仕様で成功しました。

経済低迷の中、低価格車普及を考える中国人の
ひとつの気付きでしょう。「日本の軽、あれは何だ」と。
[ 2016/05/03 12:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp