韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人客の「爆買い」、オーストラリアでは「完全に退潮」

中国人客の「爆買い」、オーストラリアでは「完全に退潮」

中国メディアの北京晨報は、海外旅行に出かけた中国人の「ショッピング風景の変化」を報じた。オーストラリアでは中国人客が多いものの、売れ行きは「昨年(2015年)とは一転して低調」だという。香港は中国人客そのものが減った。日本では「爆買い」現象が継続してはいるという。 2016年1月に、オーストラリア政府に入国ビザを申請した中国人は10万人を突破して、単月としては過去最多だった。ところが中国人客の「爆買い」は影をひそめ、「緻密な買い物をする人」が増えたという。

シドニーにある羊毛製品やカンガルーの皮製品をうる商店主は、「以前は店内が深夜になっても(中国人客で)ごった返し、午前2時を過ぎて来店する人もいた」と説明。ところが、今年は春節期になってもこれまでと同様の現象は出現していない。「お客様の人数はだいたい、昨年の半分ぐらいでしょうか」という。 シドニー市内の中華街にある店の関係者によると、「昨年はビタミン、蜂蜜、サプリメントのカプセルがよく売れました。値引き交渉をする人もあまりいませんでした。今年は出費について『理性的』になってしまい、何度も値引きを求めるだけでなく、インターネットで事前に価格調査する人が増えました」という。

香港では、2015年12月における大陸人客が前年同月比で15.15%減少した。干しアワビや燕の巣などの高級乾物を売る老舗の経営者は「20-30年、この商売をしていますが。今年の売り上げは最悪です」と説明した。 旅行情報専門の検索サイトを立ち上げた荘辰超氏によると、中国人が旅行を検討する際、価格について敏感になり、行先の選択を含めて「お得感のある旅行」をしようとする傾向が高まっているという。


スポンサードリンク


記事は、中国人の日本旅行については、旅行客の総数も爆買い現象も旺盛と紹介。行き先としては、雪まつりが開催される札幌や、雪景色が楽しめる岐阜県の白川村や長野県の軽井沢が人気という。 ショッピングについては、ビックカメラ、三越百貨店、ファミリーマートなどが中国人客向けの販促活動を実施していると指摘。ただし、多くの商店では中国語の話せるアルバイト店員として、中国人留学生を雇っており、多くの留学生が春節時期には帰省してしまうため、中国人アルバイト店員の争奪戦が発生していると紹介。人員不足によりあまりの忙しさに耐えられなくなり辞めてしまう店員もおり、中国語スタッフの不足がさらに深刻化する場合もあるという。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608855?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
昨年の流行語大賞にもなった訪日中国人旅行者の「爆買い」。その旺盛な購買欲に多くの人が目を見張ったことだろう。外国人旅行者が昨年日本で使ったお金は約3兆4771億円と、半導体など電子部品(約3兆6000億円)、自動車部品(約3兆4000億円)の日本の輸出額に匹敵し、まさに日本経済を支えているといっても過言ではない。まさに日本経済を支えているといっても過言ではない。そして、その4割超を占めるのが中国人だ。

安心・安全や偽造など、最悪の場合「命」にかかわる理由のほかに、「中国の税制に起因する内外価格差が背景にある」と言うのは、公益財団法人日本交通公社の塩谷英生・観光政策研究部次長。簡単に言えば、同じ商品なら日本で買った方が中国より圧倒的に安いのだ。塩谷氏によると、例えば中国で日本製の化粧品を買う場合、まず「関税」が上乗せされる。ちなみに、日本で化粧品を買う場合は日本製、海外製を問わず関税はかからない。次に日本の消費税に当たる「増値税」(17%)、さらに、ぜいたく品とされる化粧品や貴金属、高級腕時計などには「消費税」がのしかかる。化粧品の場合はこれが30%だ。

日本貿易振興機構(JETRO)によると、化粧品には品目によって2〜15%の複数の関税率がある。最も人気があるスキンケア用品(2%)を例に、ベースとなる価格を1000円として単純に比較すると、日本での税負担は消費税の80円だが、中国では三つの税で700円程度になる。塩谷氏は「インフラが整備途上の中国では輸送コストも高く、実際の小売価格は2倍以上になるケースもある」と言う。加えて、日本政府が一定の条件を満たせば消費税や関税を支払わなくてよい免税品の対象を拡大しており、旺盛な購買意欲を後押ししている。

TVで目にするような爆買い行動は減るが、購買意欲は衰えないのだろう。中国人は中国人が多くいる場所に行きたがらない傾向がある。これからは、個人旅行者が、それぞれの好きな場所で好きな買い物を楽しむ光景が増えるのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月03日 11:42 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp