韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  金正恩が禁煙? 労働新聞が異例のキャンペーン

金正恩が禁煙? 労働新聞が異例のキャンペーン

喫煙場面を何度も露出させてきた北朝鮮労働党の金正恩(キムジョンウン)第1書記が禁煙したのだろうか? 最近、労働党の機関紙、労働新聞が間接喫煙の弊害を指摘し、世界の禁煙運動まで紹介して注目を集めている。

労働新聞は「法的統制の下で強化される禁煙活動」という記事で「世界的にたばこの有害性と禁煙の必要性を主張する声が一層高まっている」とし、喫煙が各種疾病の原因になるだけでなく、子供など周囲の人々に間接喫煙の悪影響まで及ぼしていると2日報じた。 記事は、喫煙が「社会の発展を厳重に阻害している」と指摘し、未成年への販売禁止、喫煙警告字句、禁煙区域指定、たばこ税引き上げ、など外国の禁煙対策を詳細に説明した。 これに先立ち労働新聞は、4月24日付の「たばこが人体に及ぼす影響」という記事でも「革命をするためにはからだも健康でなければなりません」という金正恩国防委員長の教示を紹介し、「自身の健康のためにも、また文化的で道徳的な健全な生活のためにも、さらには文明富強なわが祖国の未来のためにも百害無益なたばこを思い切ってやめた方が良い」と提案した。

金正恩第1書記が「ヘビースモーカー」に近い愛煙家だと知られている北朝鮮で、最近のこのような報道は極めて異例だ。 金第1書記の執権初期、北朝鮮メディアは金第1書記の喫煙場面を削除するなど露出を避けていた。 しかし、2013年末から金第1書記がたばこを吸う姿は労働新聞1面などにありのままに報道されてきた。 2013年12月末には妊娠した妻のリ・ソルチュの脇でたばこを吸う姿がそのまま公開された。


スポンサードリンク


しかし、昨年12月19日に平壌地下鉄の試運転行事に参加した金第1書記がたばこを吸う姿が報道されて以来、喫煙場面が見られなくなっている。 2013年1月、KN系列と推定されるミサイル発射の際にもたばこを吸っていた金第1書記は、最近相次いだミサイル発射参観の時には喫煙場面を見せなかった。 こうした中で党機関紙の労働新聞が禁煙関連記事を相次いで報じたため、金第1書記がたばこをやめたのではないかと推測されだしている。北朝鮮では金正日(キムジョンイル)国防委員長時期にも禁煙キャンペーンが行われたことがある。 金正日元委員長は2001年にたばこをやめた後、「たばこは心臓を狙う銃と同じ」として、2005年にはたばこ統制法まで作ったが、2008年頃に再びたばこを吸ってうやむやになったことがある。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24051.html

【管理人 補足記事&コメント】
金正恩が禁煙すれば太るだけだろう…。
子供じみた行動から、大人へとしっかり変わってほしいものだが…。

金第1書記は愛煙家だ。韓国メディアなどによると、フランスのイヴ・サンローランのたばこを好んでいるという。就任当初の現地指導や視察の際に見られなかったが、昨年末あたりからたばこを手にする姿がたびたび報じられている。昨年12月、人工衛星打ち上げと称して弾道ミサイルが発射された際、金第1書記は平壌郊外の衛星管制総合指揮所で一部始終を見守っていたと、朝鮮中央通信が伝えた。この時に金第1書記の写真が何枚か公開されたが、椅子に座ってたばこを吸いながら打ち上げの様子を見ている写真も含まれていた。世界保健機関(WHO)が2012年に東南アジアを中心とした10カ国を対象にした調査によると、北朝鮮男性の喫煙率は53%。1位のインドネシア(54%)に続いて2位だ。日本人男性の32・3%(厚生労働省調べ)と比較してもかなり高いといえる。

喫煙率の高さは、北朝鮮の指導者が3世代にわたって愛煙家であることと無関係ではなさそうだ。 建国の父、金日成主席は、農場などの現地指導の際、農民にたばこを渡す映像が多く、「慈愛深い人民の父」を演出したとされる。金主席のこうしたシーンがたばこを渡すといった文化を生んだという説もある。 金主席は輸入たばこを吸わず、国産の「サムソンガク」という銘柄を好んで吸ったという。外国の首脳と会談する際には一緒に喫煙し、「たばこ外交」と呼ばれたりもした。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月04日 10:02 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp