韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  やっぱり日本も!中国の連休中で人気渡航先は日韓やタイ

やっぱり日本も!中国の連休中で人気渡航先は日韓やタイ

日本は5月の大型連休はゴールデンウィークと呼ばれるが、中国も日本より短いものの5月1日のメーデーを中心に連休となるため、多くの人が旅行に出かける。 近年、中国では春節や桜のシーズンなど、事あるごとに多くの旅行客が日本を訪れているが、中国メディアの新民晩報によれば、5月の連休中に中国で人気のある渡航先は韓国やタイとなっているが、やはり日本も人気なのだという。

5月1日は中国では労働節と呼ばれ、連休期間となるため、多くの中国人が国外へと出国するが、海外への渡航先としては日本、韓国、タイが人気なのはなぜなのだろうか。3カ国とも中国と地理的に近く、最近はLCCによる格安航空チケットも増えてきている。特に韓国の場合は、済州島を訪れるうえでは滞在のためのビザを必要としないことも大きく影響していると考えられる。 一方、中国人が日本を訪れる場合は基本的に旅行会社を通して手続きが行われる。個人ビザを取得するには、多くの書類と共に一定額の保証金が必要になるなど、訪日旅行の敷居はまだ決して低くないというのが現状だ。

また現在は円高が進行しており、日本への旅行は一時に比べて割高になりつつあるうえ、一部の中国人には根強い反日感情が存在し、日本を訪れる中国人を過激に批判している。それでも多くの中国人が日本を訪れているのは、日本にそれだけ魅力的なコンテンツが揃っているからだろう。外務省は商用目的などで訪日する中国人向けの数次ビザの緩和を決めたが、今後は観光客向けの要件緩和も進むと考えられ、より多くの中国人が日本を訪れることになるだろう。
http://news.searchina.net/id/1608931?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
私などは休みが無い仕事で、5月連休という事すら忘れていたわけで…。
中国人旅行客と日本人旅行者でごった返すゴールデンウィークとなるのだろうか…。

ゴールデンウィークとは、日本で毎年4月末から5月初めにかけての休日が多い期間のこと。大型連休、黄金週間ともいう。本来は5月3日から5月5日までの3日間を指すが、一般的には4月29日から5月5日までとされる。また直前・直後に土曜日・日曜日・振替休日がある場合、それらを含めて呼ぶことが多い。この場合は、その直前・直後の土日との間に挟まれる平日の日数が、一般的な平日の連続日数である5日の半数未満の場合つまり2日以内の場合はその土日もゴールデンウィークに含まれるが、半数を超える場合つまり3日以上平日が挟まれる場合はその土日はゴールデンウィークには含めない。

この期間、4月29日(昭和の日、1988年までは天皇誕生日、2006年まではみどりの日)・5月3日(憲法記念日)・5月4日(みどりの日、1988年から2006年までは日曜日・月曜日以外なら国民の休日)・5月5日(こどもの日)が国民の祝日(2006年までの5月4日を除く)であり、5月1日がメーデーのため休日になる会社(人)も少なくないことから、間の平日を休みにすることで長期連休にしやすい。以前は休日が飛び飛びになることが多かったことから「飛石連休」という言い方がされたが、1985年(昭和60年)の「国民の祝日に関する法律」の改正で5月4日が日曜日や振替休日でなくても「国民の休日」になってからは、この言い回しは少なくなった。

NHKや一部の民放、新聞などは「ゴールデンウィーク」という言葉が映画業界用語だったことから、業界の宣伝になることや年配者に分かりづらいという理由などで、単なる「(春の)大型連休」という表現で統一している。「ゴールデンウィーク」という言葉は保険その他の分野においては2004年に損害保険ジャパンが、酒類においては2014年に宝ホールディングスが商標登録している。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月04日 11:00 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
そりゃそうだ
ゴールデンウィーク中に日本から海外へ旅行に行くランキングで、事前調査だと韓国が3位だと言う。最安値は一万円しません!台湾の半値。そりゃそうだ。一万円しないならいく人いるでしょう。ただ、韓国の期待には申し訳ないがその旅行客層はお金余り使わないし、反対にぼったくりには果敢に挑むたくましい層でもある。もめなきゃいいが……。
[ 2016/05/04 11:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp