韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、世界7位のイラン化粧品市場に注目

韓国、世界7位のイラン化粧品市場に注目

中東専門メディアのアル・モニターはこのほど、「イランの化粧品ブーム」という見出しの記事で、「主婦マタブさんのようにパン屋に行くわずかの間のためにもアイライナーを引き、口紅を塗るイラン人女性は多い」と紹介した。朴槿恵(パク・クネ)大統領がイランを国賓として訪問したのをきっかけに、イランの化粧品市場に対する関心が高まっている。市場調査機関ユーロ・モニターによると、2014年のイランの化粧品市場規模は10億ドル(約1066億円)で、世界第7位だった。これは韓国(同9位)よりも高い順位だ。イランでは女性がヒジャブで髪や全身を覆う国ため、「化粧品に関心がないのでは」と思われがちだが、そういった思い込みを一気に覆す数字だ。なぜイランで化粧品が飛ぶように売れているのだろうか。

この疑問に対し、専門家は「美しさに対する情熱は世界のどこでも同じだ」と答える。韓国食品医薬品安全処(省庁の一つ)では「イランの女性は体を隠すため、ヒジャブから出る目や唇などのメイクに特に力を入れる傾向が強い」と説明する。大韓化粧品産業研究院は「世界の化粧品市場の論点」という報告書で「服装で女性らしさや美しさを表現しにくいイランでは、顔を魅力的に見せるために濃く鮮やかなメイクアップをする。濃いスモーキー・アイや赤い口紅が特徴だ」と書いた。さらに、イラン美容形成外科学会によると、鼻の整形手術は年に4万件に達する勢いだという。顔を美しくしたいという欲望のためだ。

イランは若い女性の比率が高い上、経済制裁が解かれたことから、化粧品市場が爆発的に成長するものと見られている。ユーロ・モニターは、20歳から39歳までのイラン人女性消費者は1555万人(イラン人女性の41%)に達すると分析している。イラン人女性は毎年平均150ドル(約1万6000円)相当の化粧品を購入、これは中東の女性の平均36ドル(約3800円)よりはるかに多い支出で、15歳から20歳までの少女も化粧することが多いそうだ。ユーロ・モニターでは、2019年のイランの化粧品市場は14年に比べ3倍の規模になると予測している。これも韓国食品医薬品安全処がイランの化粧品市場攻略に乗り出す理由になっている。
http://news.livedoor.com/article/detail/11485090/


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
何年にも渡る経済制裁と、保守的な政権にもかかわらず、イランは中東でサウジに次ぐコスメ大国である。そしてついに経済制裁が解かれ、フランスから続々と化粧品が輸出されていくことをフランスの大手化粧品会社が心待ちにしている。経済制裁の中でも、特に化粧品の輸入について禁止されていなかったものの、銀行の取引が厳しく制限されていた中でビジネスを行うことは極めて困難であった。しかしながら、11月の核に関する合意の後、多くの企業がイラン市場に参入しようと試みている。そしてフランス産コスメのブランドはかなり競争力が高いとされている。2014年のイランのコスメ市場は35億米ドル(香水を除く)であり、2019年までには3倍に上るとユーロモニターにより見積もられている。

スカーフ着用を義務付けられたイラン人女性たちは、おしゃれをするにも制限が強いられる。しかし、1ヶ所だけ露出が許されている部分がある。それは、「顔」だ。イランでは、毎日化粧を欠かさないという女性が欧米諸国に比べても多い。彼女たちにとって顔は、とがめられる恐れのない、自分の美を披露できる絶好のチャンスなのだ。女性の人口が3800万人を超える同国の化粧品市場の売上額は、中東ではサウジアラビアに次いで第2位、世界的に見ても第7位となっている。 ファッションデザイナーのティナ・ザリンナム(Tina Zarinnam)は、「イラン人女性は朝起きたらまずメイク。体調が悪い時でさえ、表では美しくなくてはいけないと思っているほどです」と語っている。

今後のの中東化粧品事情では、成長が大きいだけに注視されているのも事実。
欧米企業もMENAの化粧品市場に相次いで参入。市場へ本格的に挑むため、MENA地域の各市場でシェア上位に名を連ねるロレアル(仏)をはじめ、シャネル、クラランス、エスティローダー、 P&Gほか、10社以上の欧米ブランドが、主にドバイに域内 拠点を置き、湾岸を中心にその他のMENA市場に攻勢をかけているという。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月04日 11:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
富裕層
イランの富裕層は日本と関係が深く憧れが強い。そういった層は資生堂やコーセー、DHC、富士フィルムを買うんじゃないかな。昔、中東の患者を観たが皮膚がやられている(酸化老化の進行)から、普通の化粧品では老化早まる。富士のアスタリスクしか彼女達を救えないと思う。まあ、ジャイカが入っているから予防に力を入れるから、DHCやファンケルやアサヒも可能性があります。韓国製はまあ安いからね……お金ない人達には売れるんじゃないかな……。
[ 2016/05/04 12:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp