韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏が変える米国政治に備えるべき

トランプ氏が変える米国政治に備えるべき

暴言で波紋を広げてきたドナルド・トランプ氏が、米国共和党の大統領候補に事実上確定した。やはり事実上確定したヒラリー・クリントン民主党候補との仮想対決で、トランプ候補が優勢の世論調査の結果も出ている。大統領選挙が行われる11月初めまでに様々な可能性があるだろうが、トランプ候補が大統領になる場合まで想定し、備えなければならない状況になった。

一年前までは考えられなかった「トランプ突風」が現実に根ざした背景には、米国の政治地形の変化がある。黒人のオバマ大統領が少数民族と女性の大きな支持を受けて再選に成功したことから分かるように、米国の人口構造で白人男性が占める割合はますます減っている。さらに、白人の中下流層は、既存の政治がエリートを中心に行われているという被害意識を持っている。トランプ候補は、彼らの不満と不安を扇動的な公約で攻略しており、共和党の主流も、問題を承知で、彼を受け入れ始めた。

各国は、まず、トランプ候補の米国優先主義(America First)の外交・安保政策に注目する。彼は韓国をはじめとする同盟国の安全保障タダ乗り論を公式化し、防衛費分担が適切に行われなければ、在韓米軍を撤収したり、核の傘の提供を止めることもあり得ると言う。このような脅しの一部が実現するだけでも、朝鮮半島をめぐる外交・安保構図は大きく変わることになる。彼が掲げる保護主義政策も、既存の国際経済秩序と衝突する。私たち(韓国)としては、はじめからすべてを考え直さなければならない事態が起こるかもしれない。 


スポンサードリンク


トランプ候補が大統領になるかどうかは、まだわからない。当選しても公約をそのまま履行するのは難しいだろう。しかし、これらの可能性に関わらず、明確な傾向がある。世界が多極化し、米国が覇権の維持にますます負担を感じており、人口構造の変化などで、米国政治の安定性が低下しているということだ。私たちは、これを現実として認め、あらかじめ備えなければならない。米国なき韓国の外交・安全保障は考えられないが、既存の構造を金科玉条のごとく守り、それに胡坐をかいてはならない。

トランプ候補は、排外的で扇動的な態度が原因で、ヒトラーに喩えられることもある。かといって、彼が当選してもヒトラーのようにはならないだろう。それよりも注目すべきなのは、彼を通じて表現され、彼によって変わっていく米国政治の土壌だ。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/24065.html

【管理人 補足記事&コメント】
米大統領選の共和党候補指名争いで、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事は4日、同州で演説し、選挙戦からの撤退を表明した。 これにより、指名争いに残っているのは実業家ドナルド・トランプ氏だけになり、トランプ氏の指名獲得が確定した。 ケーシック氏はこれまで地元のオハイオ州でしか勝利していないが、夏の党大会が決選投票にもつれ込めば、主流派の自身に勝機があるとみて選挙戦を続けてきた。しかし、2位のテッド・クルーズ上院議員(45)が3日に撤退を決めたことで決選投票の可能性が事実上なくなったため、撤退を決断した。

彼が大統領になれるかどうかは別として、今後のアメリカ経済を考慮すれば、自国中心になる可能性はある。オバマが世界の警察から降りているわけで、新大統領でより普通の国と化せば、その座を狙う中国などの野望そして何より自国防衛で日本もまた軍事力を拡大する事になる。世界はどう見るのかは難しい…。高齢化とはいえアジアの中心は日本であり、GDPで中国が追い越しても国の構造的な問題で先進国には程遠い。とはいえ、アメリカからすれば輸入相手国は、一位中国、二位カナダ、三位メキシコ、そして四位日本となっている。日米の関係が同盟国強化を打ち出しても、ひっくり返る事は無いが、アメリカが普通の国になるほどに、厄介な事が増えるのもまたしかりであるから、つねに間に立つ日本の立ち位置はより難しいかじ取りを迫られるだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月05日 10:18 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(5)
トランプで共和党の指名は決定したようですね

トランプは無知過ぎる
そして感情的で扇動的である
ヒラリーにしても中国との関係は怪しいものが有りますし

日本はこれから難しい舵取りを迫られますね
[ 2016/05/05 12:57 ] [ 編集 ]
国内防衛論議が盛り上がる
3年前のニューヨークタイムスの論説
Come Home, America (New York Times 2013.03.04)
http://www.nytimes.com/2013/03/05/opinion/come-home-america.html?pagewanted=all&_r=0

NYTは海外軍事援助はもうやめようという論説を張りましたが、
トランプ氏はさらに踏み込んで、"America First"(アメリカ優先)と。

米国は慢性的な財政赤字だから、彼はまずお金の問題を見る。
競合するロシア、中国の国力低下は計算済みでしょう。
為替レートは選挙に先行して、すでにドル安モードに突入です。

ハンギョレ新聞は自覚があるから、次に備えようと。
日本も同じで、トランプなら防衛問題は風雲急を告げます。

自民党は自覚があるようだ。
逆視点で「護憲派」も自覚があるらしく、改憲反対の
トーンが上ります。
[ 2016/05/05 16:13 ] [ 編集 ]
トランプ大歓迎
日米安全保障条約破棄で上等!核兵器持とう。日本は核実験しないで今あるものだけで核兵器持てる。で他の兵器削減すれば今の国防費用より大幅削減できる。結果、どの国も黙らすことができる!今の段階でアメリカや中国でさえ日本にびびっているんだから。
核兵器もつのが嫌なら、高速増殖炉もんじゅを自衛隊の管理下におくだけで、トランプもびびるし、中国は本気で日本を怒らせてはだめだと思うだろう!
現実的には、トランプが思いやり予算増額求めて来たら、もんじゅを防衛省の管理下におくことですね。
野党?そんなん気にするな。民進党共産党は日本を潰す団体だから無視すれば良い。無視されたと思えば彼らも真っ当なものに変わりますよ!
[ 2016/05/05 17:31 ] [ 編集 ]
トランプ氏を侮ってはいけない。。。
トランプ氏は「日本は、アメリカにつけ込み、アメリカの中間層の暮らし向きを悪くさせた一握りの国の1つである」と述べています。そして、昨年の立候補表明の際には、「中国、メキシコ、日本、たくさんの国から、わが国の雇用を取り戻すつもりだ」と語りました。

確かに日本企業はアメリカに工場を作り、沢山の雇用も生み出してアメリカに貢献していますが、トランプ氏の主張は、そのグローバリゼーションの競争社会と国境を超えた自由な雇用の限界とそこに生じる歪みなどが逆にアメリカ国民の不安を掻き立てている処にあります。。。つまり、トランプ氏を支援している人々の殆どがグローバリゼーション経済社会に於ける負け組であるのです。。。

だからトランプ氏はそういった支持者の関心を強く引くために(確信的に)どんな大きなことでも言っているようにも思え、実際にはトランプ氏は一貫した世界観を持ち続けていると見た方がいいと思います。

トランプ氏は同盟国はアメリカにとって負担だという旨を語っていますが、実際には、同盟国の貢献のおかげでアメリカ主導の体制が持続可能になっており、同盟国は負担を分担し、時間とともにアメリカをより強くしているのが実情でしょう。。。その点のトランプ氏の「本心での世界観」がどこにあるのか計り知れませんが、中国への対処については、今後もアメリカにとって重要な政治課題であり続けるだろう位は解っているはずです。

今トランプ氏を支持している団体にレーガン元大統領の支援者が数多くいるという話です。
レーガンも昔はかなり問題発言が多かったそうですが、実際に大統領になってからはその問題政策は完全に影を潜めました。
元俳優として民心の掴み方を充分に心得ていた演出だったのでしょうか!?。。。

もしトランプ氏が大統領になったとして、日本は決して侮ってはいけないように思います。
チャイナマネーに汚れたクリントンよりトランプ氏の方が大統領になる確率が高いと思います。

本人の本心がよく解らない今は、日本国の安保のあり方、そしてアジアの平和と安全、同盟国との安保のあり方など。。。早いうちに模索していく必要があると思います。。。
[ 2016/05/05 22:26 ] [ 編集 ]
ガチンコ勝負すれば良い
たとえばトランプがアメリカから日本車を閉め出したとしよう。カリフォルニアで走れるのはテスラだけ。カリフォルニアで走れるディーゼルはマツダのみ。テスラとトヨタを比べる。テスラは多変速とはいえない。トヨタの最新のHVは多変速。ヨーロッパ車?話にならん。エレクトロニクス?アメリカ市場に頼ってない。トランプの言うコマツ?コマツの重機なければ、災害時に困る。キャタピラーはIT対応力なし。戦う前から話しはついている。
[ 2016/05/05 23:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp