韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップルとSAP、「iPhone」「iPad」用ビジネスアプリ強化に向け提携

アップルとSAP、「iPhone」「iPad」用ビジネスアプリ強化に向け提携

Appleが、ビジネスアプリ強化に向けてまた新たな提携を結んだ。今度の提携先はSAPである。 両社は米国時間5月5日、「iPhone」と「iPad」用の新しいアプリ向けにSAPの「HANA」システム(企業がデータをすばやく分析して予測をするためのシステム)を活用することで合意したと発表した。今回の合意の一環として、新しいiOSソフトウェア開発キットと「トレーニングアカデミー」が提供され、開発者らが独自のビジネス用に「iOS」アプリを容易に構築できるようにする。

両社の提携は、AppleのIBMとの提携に似ているが、企業がより複雑な作業を自社アプリで実行できるようにする。例えば、公共事業企業の従業員は現場で、アプリを使用して設備の故障時期を予測できる。それによって従業員は保守作業を実施し、故障を防ぐことが可能だ。これまでは、オフィスに戻らなければリアルタイムデータを参照することはできなかった。それが、Appleの携帯端末上で直接参照できるようになる。

「(この提携により)ユーザーは作業すると決めた任意の場所と時間にライブデータを得られるようになる」とSAPの最高経営責任者(CEO)を務めるBill McDermott氏は声明で述べた。AppleのCEOを務めるTim Cook氏は、「iOSのイノベーションとセキュリティに、ビジネスソフトウェアに関するSAPの深い専門知識を組み合わせることによって、企業におけるiPhoneとiPadの利用方法に変革をもたらす」と述べた。 今回の提携の前にも、Appleは複数の大きな契約を締結している。


スポンサードリンク


消費者に対する端末販売の失速に直面する同社は、ビジネスユーザーを大きな機会として捉えている。Appleは2014年半ばにIBMと提携した。この提携は、Apple製品をビジネスユーザーに対して訴求し、端末管理、セキュリティ、アナリティクスといったIBMのクラウドコンピューティングサービスをAppleのiOSモバイルソフトウェア用に最適化することを目的としている。同社はCiscoとも、AppleのiOSを搭載する端末(つまりiPhoneとiPad)がCiscoのビジネス環境上で俊敏に動作できるようにするための「ファストレーン」を構築することで提携している。
http://japan.cnet.com/news/business/35082156/

【管理人 補足記事&コメント】
個人的な話ですが、IPAD AIR2を今使用しているわけですが、IPAD Pro9.7インチ版を購入しました。随分悩んだのですが、結果として新しいチップを選択したわけです。A9Xチップは、体感出来るのかと言う問題があるわけですが、私の環境下では、負荷の重いアプリでの文字変換など、かなり高速になります。3Dゲームはまだ評価してません。 というか高い買い物ですから大事に扱ってます…苦笑

IPAD AIR2では複数アプリを立ち上げたり、IOSを同じバージョンで利用すると、処理の問題でしょうか…。もたつきがあるわけですが、私が使う環境下では殆ど緩和されて、IPAD Proを使うとIPAD AIR2には、戻れません~。画面の美しさは同じ2Kでも色合いのアジャストは素晴らしい。OSやアプリが今後重くならないことを祈りたいですが…。



さて、アップルのティム・クックCEOが2016年発売のiPhone 7(仮)につき、「それなしには生きていけなくなり、想像もつかない新機能」を実装すると予告しました。会社の秘密主義により詳しくは語れないとしながらも、開発中の製品にとても興奮を抑えきれないと技術革新を強調しています。この発言は、ニュース専門放送局CNBCでのインタビューの中で飛び出したもの。クックCEOは開発中のiPhone(iPhone 7)はiPhoneユーザーが買い替えたくなる製品であり、以前はこれなしにどうやって生活してたんだ?と振り返られる機能が搭載されると熱っぽく語りました。

アップルの発表によれば、売上高は前年同期比で13%のマイナス。特に落ち込みが激しいのがiPhoneで、出荷数が-16%、売上高で-18%を記録。その大きな原因はiPhone 6sへの買い替えが6の時よりもずっと少なかったからだと、クックCEO自らが認めています。しかし、これまでiPhone 7については6sから大きく変更されるといった前情報はなく、むしろ来年の10周年iPhoneの方が大刷新が噂されています。前面背面ともにガラス素材を用い、初の有機ディスプレイが採用されるのではと言われる10周年モデルに対して、iPhone 7はレンズの大型化やヘッドフォン端子が廃止などマイナーチェンジの域を出ない話ばかりですから、期待が薄いというのが専門家の見方の様です~。それでも楽しませてくれるのではないですかね~。OSそしてアプリとCPUと揃っているわけで、何か期待をしたいところですが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月06日 12:58 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp