韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  金正恩時代を宣言した北朝鮮

金正恩時代を宣言した北朝鮮

北朝鮮の第7回労働党大会が6日始まった。2011年12月の金正日(キムジョンイル)国防委員長の死亡以降権力を掌握した金正恩(キムジョンウン)国防委第1書記が自身の時代を本格的に宣言する舞台だ。金正日委員長が第1人者に君臨した17年間、党大会が一度もなかったことと対照的である。

国営のマスコミは金正恩第1委員長の業績を並べ立て、彼を「21世紀の偉大な太陽」などと褒め称えている。何より核実験と長距離ロケット、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射など「核強国」の誇示が彼の政治功績に選ばれている。平壌(ピョンヤン)の「黎明通り(未来科学者通り)の造成、白頭山・英雄青年発電所の完工、最近まで続いた「70日戦闘」等も話題にはされるが、大きな業績というのは難しい。むしろこのような事業を押し切る過程で住民たちは苦痛を味わった。端的に言えば金正恩時代の象徴は核だ。彼が掲げた核・経済並進路線は、実際にはまず核ありきの路線になって経済の足かせとして働いている。

北朝鮮の国際的孤立はさらに深まっている。1980年に開かれた第6回党大会の時は118カ国から177の代表団が参加した。中国の国家副主席やロシアの政治局委員など首脳級の外賓も少なくなかった。しかし今回の大会にはあえて取り上げるほどの外賓は見受けられない。北朝鮮の伝統的友邦である中国との関係も冷え込んでいる。北朝鮮がどんなに金正恩時代を宣言しても、拍手してくれる国はないのが現実だ。北朝鮮住民の多くもこれをよく知っているだろう。北朝鮮の国際的孤立は「金正恩の偶像化」をやたらに押しつけて解決する問題ではない。


スポンサードリンク


北朝鮮が今回の党大会の前に5回目の核実験をしなかったことはまだよかった。しかしそれだけでは状況は改善されない。北朝鮮が国際社会と共存して経済発展を試みるには核問題で前向きの決断を下さなければならない。今回の党大会はそのための良い機会である。100人以上の外国人記者が今回の大会を平壌(ピョンヤン)で取材している。金正恩第1書記が彼らの前で非核化の意思と北朝鮮経済の開放改革の方針を明確に明らかにすれば、国際社会は彼と北朝鮮を見直すことになるだろう。

既存路線を強化するだけの金正恩時代宣言は内部矛盾を深めるだけでなく、北東アジア情勢にも不安要素として作用するだろう。関係国はこのような傾向を見守るばかりでなく、大きな枠組みの変化を引き起こしうる手立てを見つけ出さねばならない。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/24083.html

【管理人 補足記事&コメント】
労働新聞は、第7回党大会を「勝利者の大会」と宣言した。第6回党大会以来、「朝鮮労働党が勝ち取った偉大な勝利は、社会主義をしっかり守護したこと」であり、「朝鮮労働党が成し遂げた最大の成果は、首領の偉大な思想と偉業を輝かしく継承し、発展させたこと」だということだ。 「体制維持」と「金日成→金正日→金正恩の権力継承の成功」が「勝利」であるとの主張だ。北朝鮮は金日成がソ連派と延安派を権力の中心から除去し、一元的支配体制を構築したことを宣言した第4回党大会(1961年9月)を「勝利者の大会」と宣言した。

労働新聞は、各分野の具体的な政策方向を規定する思想基調として「自主・先軍・社会主義」を、戦略基調として「人民重視、軍隊重視、青年重視の3大戦略」を提示した。労働新聞は、「わが党は、国防力の強化に最大の力を込め革命武力発展の最盛期を開いた」とし、「先軍の道、(経済・核武力の建設)並進の道」を重ねて強調した。 また労働新聞は、「今は我が国(北朝鮮)の地位が完全に変わっており、祖国を世界で最も強く、豊かな国にしようという党の理想と抱負を全面的に実現できる強力な基盤が構築された」とした上で、「今回の党大会は、(中略)最大の速度で、社会主義強盛国家建設の偉業を輝かしく完成するための輝かしい設計図を広げることになるだろう」と主張した。

一方、国家情報院は、第7回党大会が3、4日間にわたり行われると予想していると伝えている。7日または8日には、党中央検査委員会の事業総和報告や労働党規約改正のための討議、決定書の採択などが、大会の最終日には党中央委員と候補委員の選出などが行われる見込みだという。 今まで労働党大会はこれまでに6回実施されている。 第1~4回の党大会は2~6年間隔で開かれた。第5回と第6回の党大会は10年間隔で開かれ、第6回党大会以後、第7回党大会の開会までには36年も開催されていない。 ますます間隔が広がっているわけで、1人支配体制の強化にともなう党大会の地位・役割の低下、食糧とエネルギー難をはじめとする経済基盤と内外環境の悪化が複合的に作用しているのだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月07日 09:22 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp