韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  どうして日本では物が落ちていても誰もネコババしないのか?

どうして日本では物が落ちていても誰もネコババしないのか?

中国メディア・捜狐は6日「どうして日本人は道に落ちている物をネコババしないし、家には防犯ドアを付けないのか」とする記事を掲載した。 記事は、「日本に行ったことのある人、あるいは日本で生活したことのある人の多くが、心から『日本は道に落ちている物をネコババしない社会だ』と語る」と説明。また、日本の家には厳重な防犯ドアがないほか、多くの自転車はカギがかけられておらず、夜でもバイクが外に置いてあると紹介した。

また、列車でもホテルでもレストランでも、どんなに価値がありそうなバッグであろうが手を伸ばして奪うような人はおらず、ホテルでも部屋の確認なしにチェックアウトが可能であるとした。さらに、外で物を落としても誰かが警察に届けれくれるか、郵送してくれる、誰もニセモノのお金を使わないため、商店や自動販売機には識別システムがない、繁華街で携帯電話や財布をズボンのポケットに入れていても盗まれることはない、などと説明している。 記事は、「もちろん絶対に窃盗行為がないわけではない」としたうえで、「物を盗むということのコストがあまりにも大きい」という理性的な理由により、日本ではネコババや盗みを働く人が少ないと解説した。その証左として、日本ではたかだか10円を盗んだだけでも懲役刑に処せられることがあるなど、窃盗に対する処罰が相当厳しい点を挙げた。

「日本では物を盗まれることはない」と言い切って過剰に美化するのではなく、「もちろんない訳ではない」と説明するところに良心的なものを感じる文章だ。そして、道徳心やモラルをさておき、法律や信用におけるリスクが高いために盗みやネコババが少ないという論理についても、冷静な分析と言えるのではないだろうか。 中国では食品の安全問題や、劣悪品、ニセモノ品の横行がなおも大きな社会問題として立ちはだかっている。根本的な問題解決に必要なのは、そのような行為によって支払うことになる代償が、得られる利益を大きく上回るような状況を作ることなのだ。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1609188?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
文部科学省は現代の子どもの成長と徳育をめぐる今日的課題を公開している。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/053/shiryo/attach/1282785.htm

一部を下記に紹介する。
社会環境の変化と徳育に関する今日的課題
現代の日本の若者は、柔軟で豊かな感性や 国際性を備えていたり、ボランティア活動への積極的な参加や社会貢献への高い意欲を 持つ者も多く現れたりするなど、昔の若者にはなかったような積極性(※4)が見受けられる。その一方で、現代の若者・子どもたちには 、他者への思いやりの心や迷惑をかけないという気持ち、生命尊重・人権尊重の心、正 義感や遵法精神の低下や、基本的な生活習慣の乱れ、自制心や規範意識の低下、人間関 係を形成する力の低下などの傾向も指摘されている。社会を震撼させるような、少年 が関与する事件の報道に触れ、子どもたちの規範意識について不安を感じる人も多い。また、日本の子どもたちが、諸外国と比べ て「自尊感情」が低く、将来への夢を描けないという指摘もある。

大人のモラル、意識・自覚の問題としての課題
「今どきの若い者は」 「子どものモラルが低下している」などの指摘は、いつの時代でも聞かれる言葉と言われる。大人が眉をひ そめるような子どもたちの言動も、当の大人が若いころに行動してきた場合もあるし、 価値観の相違から摩擦を生じる原因となる言動が、やがて時代の流れとともに社会に受 け入れられることも少なくない。さらに、新しい価値を希求する若者の文化が社会発展 の原動力となる場合もある。したがって、今の子どもや若者の行動が、昔の子どもたち と異なる行動だからといって直ちに否定されるべきではない。また、このような指摘に ついては、世代間の意識の差によるものであれば、対話によって理解を図り 、解決していくことも可能である。

むしろ、今、子どもたちの行動に対して指 摘される問題点の多くは、大人たちの問題でもあるのではないか。 子どもたちが、 将来大人となる際の手本となるべき今の大人が、手本となり得ていないという大人社会の問題 が、子どもに投影されているのではないだろうか。例えば、他人のことを思いやらず、 自分さえ良ければといった言動や、責任感の欠如した言動、真摯に努力することを軽視 するといった言動は、今の大人が行っているものであり、そうした大人に起因する問題 が、子どもの問題と受けとめられているからこそ、問題の解決に至らないのではないか。

結局、子どもたちが豊かな人間性をはぐくむため には、まずもって、身近な大人たちが、子どもたちの目にはどのように映るかもよく考 えて、自らの言動を振り返り、子どもの視点に立って、必要に応じて改善し、大人全般 のモラルの向上に、大人自らが率先垂範して、早急に取り組まなければならないとしている。最近モラルの低下が言われているわけで、企業含めて教育を一連の流れとして見つめる必要がるのだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月08日 18:50 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp