韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国人は騙されていた!・・・「日本経済には活力がある」

中国人は騙されていた!・・・「日本経済には活力がある」

日本経済の回復の遅れを案じる声が高まりつつあるなか、中国国内ではアベノミクスによる景気対策が奏功していないという見方が増えている。 アベノミクスによる成長戦略と日銀による異次元緩和によって、日本経済はデフレから脱却するという筋書きだったが、日銀は物価上昇率2%の目標達成時期の先送りを続けている。中国ではこうした日本経済の現状に対し、デフレ脱却はまだまだ先という見方も増えているが、中国メディアの騰訊はこのほど、中国の中央銀行である中国人民銀行がまとめた報告書を引用し、「日本経済には活力があることに驚いた」と伝え、中国人たちは「騙されていた」などと報じた。

記事は、2015年1月から16年3月の期間中における日本の失業率はもっとも高かった時で3.6%、最低は3.1%だったと紹介。同期間中、米国の失業率は4.9%から5.7%、欧州は10.2%から11.2%という水準だったと伝えたほか、中国の16年第1四半期における失業率は4.04%だったと伝えた。欧米に比べて労働市場が逼迫する日本はそれだけ仕事があり、景気が良いことを示すものとの見方を示した。

続けて、米国、欧州、日本、中国という世界最大の経済体のうち、米国経済は回復傾向で、日本と欧州は今なお苦境に直面しているというのが一般的な認識だったとしながらも、日本の失業率の低さは驚くべき水準であり、「苦境に直面しているとは到底思えないもの」と主張した。 さらに、中国人の大半が「アベノミクスがまもなく崩壊し、日本経済もまもなく終焉を迎える」と考えていたとする一方、実際の日本は「失われた20年のなかで失業率がもっとも低下していた」と主張、中国人の認識と日本の失業率のギャップに対して「中国人は騙されていた」と表現した。

失業率が日本経済のすべてを示すものではなく、実質賃金の低下や実質消費支出の落ち込みなど、日本経済が今なお低迷していることを示す指標も存在することは事実だ。労働市場の逼迫が人件費の上昇、さらには消費の増加へとつながるかどうかが鍵だ。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1609222?page=1

2014-02-22-wa-1.jpg

【管理人コメント】
失業率が日本経済のすべてを示すものではなく、実質賃金の低下や実質消費支出の落ち込みなど、日本経済が今なお低迷していることを示す指標も存在することは事実だ。労働市場の逼迫が人件費の上昇、さらには消費の増加へとつながるかどうかが鍵だというが、円高時代でも内部留保金を貯めこんできた日本企業である。300兆円を超えているわけで、低迷と言うのも慣れ親しんだ言葉ではあるが…、企業はそれなりに対応してきているのも事実。

安倍総理と日銀の金融政策で輸出企業が伸びたとはいえ、単に円安期間に入っただけの事である。それが今年終わろうとしているわけで、とはいえ日本企業は円高時よりは、成長戦略向きになってきつつあるのではないか…。それだけでも進歩していると言いたいのだが…。企業体力は為替90円台まで十分耐える体力があるわけで、中小企業は数円高い位置となるが、今後の円高でより低迷となるわけでもない。むしろ内需活性化の鈍化となる景気感のほうが問題だろう。

アベノミクスも成長戦略とはいえ、最終的には地方再生と内需活性化に結び付くわけで、むしろ今後が楽しみであるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年05月09日 11:45 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
日本の底力を信じて楽観的見方をしたいのは山々なのですが、雇用率というよりは その中身の質が問題なのでは!?と思います。
つまりは非正規雇用の増加とか。
今は民間だけでなく『官製(性)プア』と言う言葉もあるくらいで、市役所や学校、保育所等、公立(つまりは公務員)の職場であっても正規雇用の人は半分とか、三分の一とか…。
ちょっと 情況を聞くとゾッとします。

そして、また 腑に落ちないのが、
『技能実習生制度』
日本の恥です。
それを国が関わっての その内実の お粗末さ。
いつまで、あんな事をしているのでしょうか!?
日本がどんどん お粗末になって来ているようで…悲しい限り。
[ 2016/05/09 12:49 ] [ 編集 ]
内実は人手不足による失業率低下。賃金アップが鍵
失業率のみならず、有効求人倍率も1.3くらいまで上がりました。これはバブル期以来の高さだ
そうですね。大卒、新卒の就職率も9割くらいで、世界的に若者の失業率が高い中で、日本は異質
といえるでしょう。しかし、まだ賃金アップまでは結びついていません。まだ、完全雇用の段階
まで行っていないからでしょうか。
私が懸念しているのは、現政権が外国人労働者を単純労働者も含めて大幅に受け入れようとしている
ことです。事実上の移民政策であり、せっかく日本人の賃金がアップするかもしれない状況を壊して
しまうのではないか心配です。さらに将来、欧州の各国の首都のように海外移民の人口が多数になって
しまうのではないか心配です。ちなみにロンドンではムスリムの人が市長に当選したそうですね。
[ 2016/05/09 18:09 ] [ 編集 ]
「騙されていた」という表現に中国人の無責任さを感じる。気付かなかったのは相手のせいだ、という言い分でしょ?
日本の統計情報は開示されているわけで、そこから自分が情勢を読み取れなかっただけでしょ。
本当、馬鹿じゃないの?
[ 2016/05/09 23:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL