韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  恐ろしい! 日本の幼児教育は「尊敬に値すると同時に恐ろしさも」

恐ろしい! 日本の幼児教育は「尊敬に値すると同時に恐ろしさも」

政治や社会の仕組みが異なる日本と中国では、教育もまた仕組みが大きく異る分野の1つだ。また、中国ではこれまで1人っ子政策を長年にわたって実施してきたこともあり、子どもたちは非常にわがままに育つ傾向にあるとされる。 日本では幼稚園や保育園のころから、子どもたちは集団生活を学ぶと同時に、自分のことは自分でするという自立心も養うことになるが、中国では小学生になっても登下校は親に送り迎えしてもらい、かばんも親に持ってもらうという子どもも少なくない。

こうした過保護とも言える状況が当たり前の中国からすれば、日本の幼稚園や保育園における幼児教育は驚き以外の何ものでもないようだ。中国メディアの捜狐はこのほど、日本の幼稚園における教育内容を紹介しつつ、「尊敬に値すると同時に恐ろしさも感じた」と伝えている。 記事は、日本の幼稚園や保育園は「科学技術を以って発達した日本の先進的な社会と対照的に非常に質素で、先進的な設備などは見当たらない」と紹介。それは日本の幼児教育は「子ども本位であり、先進的な設備による教育ではないため」であると指摘した。

さらに、中国と日本の幼児教育の違いとして、日本では「自分のことは自分でする」として、子どもたちに自立を学ばせていると紹介。日本では保護者が子どもたちの送り迎えをするとしても「子どもは自分の荷物は自分で持つのが普通」と紹介。さらに、服の着替えにおいても、子どもたちは自分で自分の服を着るのが普通であると伝え、何でも保護者が手を貸す中国との違いを指摘した。


スポンサードリンク


また、日本では幼児教育において重きが置かれているのは「知識」面のことよりも、笑顔や感謝など、いわゆる情操教育であると指摘し、社会で生きていくために必要な根本的な要素を教えていると紹介。一方、中国では教育といえば年齢にかかわらず、知識の詰め込みしかなく、人として大事なことを教えることはないと指摘、こうした教育を受けた中国人は大学を卒業して就職活動を行う際も、父母同席でなければ面接もできず、コップに自分で水も注げなくなってしまうのだと主張している。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1609228?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
自分の事は自分でするという事が出来ない様では、韓国も中国も親離れできない連中が多いのではないか…。
競争化社会とは言え、特に金銭的にも親離れできないでいる記事を多く見かける。

さて、日本の幼児教育でも最近は、個性の尊重を重視するという考えもあるが、やはり、多くの子どもたちと一緒であることに安心してしまうことが多いようです。しかし、欧米では、子ども達を集団として型にはめるのではなく、一人一人の個性に合わせて、能力を伸ばす教育が重視され、常に自主性を重んじるように教育している。また、幼い頃から、何をどうしたいのか、どう思っているのかなどの自己主張ができるように教育しているという。

例えば、日本とイギリスの算数の教育の違いが典型的な例ですが、日本では、「3+5は何?」とか「3×4は何?」という形の質問になり、その時の答えは、「3+5=8」や「3×4=12」であり、答えは1つです。一方、イギリスの算数教育は、「足して8になるものは何?」とか「かけると12になるものは何?」という質問です。足して8になるもの、かけて12になるものも答えは一通りではありません。幼い頃から、他の人が問題の答えを出しても、他にも答えがあり、それを考え出そうとする力は、これから先の思考力に大きな影響を与えという。

また、幼いころから、食事、排泄、衣類の着脱などの身の回りのことができるのは、当たり前と考えているようで、教師は子どもと一緒に遊び、心身の発達は助けるが、子どもの行動に対しては、直接手助けすることはない。子どもの行動を見守り、子どもの自立心を養うことを中心とした教育を行っているとの事。 夫婦の寝室は夫婦のもので、子どもは子ども部屋で寝るべきだとアメリカ人は考えており、逆に、日本人がなぜ一緒に寝るのかが分からないというほど、当然のことなのです。このようにして、幼いころから欧米の子ども達は自然と自立心が育つのだという。

日本も欧米のみならず良い部分は取り入れているわけで、マナーなども幼いころから自然と覚える環境下が重要だろうと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月09日 12:52 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
「チャリンコ普及率スレ」でも感じた事ですが、日本人が取り立てて何かを意識する事なく普通に行っている事が、中国や韓国から見ると不思議だったり脅威だったりするようですね。

中韓は、物質的豊かさを享受できるように成ってからの月日が浅いせいなのか、少しばかり豊かになったからと言っては極端な贅沢や浪費に走る、いわば成金ワールドが進行中なんでしょうか。

或いは、体面を重視して見栄を張る、その事で他人に対して自身が優位に在るよう思わせたいし思いたい、ステータス重視な世界観がもともと在るのか。

それこそが中華思想の正体にも思えますし、日本人からすると、かえって底が浅く軽薄に映るように思います。

「世界の中の田舎っぺ」が、他国からナメられたくなくて、無理して背伸びしてるかのような。物質的には多少豊かになったが、心は未だ貧しい段階なのでしょうか?
[ 2016/05/10 00:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp