韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本人が嘲笑する中国企業の問題点「われわれの問題点は・・・」

日本人が嘲笑する中国企業の問題点「われわれの問題点は・・・」

中国メディアの今日頭条は7日付の記事で日本人に嘲笑されてもおかしくない問題点が中国企業に存在すると説明、そのいくつかを紹介している。 記事は日本企業と比べて中国企業の寿命が極端に短いこと、また企業運営の動機が利潤の追求のみであり自社製品を愛する気持ちがないこと、最新設備に過度に依存し人材の育成をしないこと、経済成長の速度のみを重視するあまり魅力的な体験を提供するブランド商品を生み出せないなどの問題点が中国企業に存在すると指摘している。

この4つの問題点を分析すると、利潤の追求だけを重視する態度が残りの3つの問題点を生じさせていることがわかる。しかし利潤追求のみを重視する中国企業はこれらを問題点とはみなさないだろうし、あるいは「問題点とみなさない」こと自身が一番大きな問題点と言えるかもしれない。 記事は「規則に対する理解」が日中企業では大きく異なると指摘。日本人が規則を厳格に守る態度はまるで「規則を守るしか能がない」ようだと記事は説明する一方で中国人はいつも規則の抜け穴を探すと指摘する。

記事は「社会の文明レベルは、規則に対する人びとの理解と直接関係がある」と説明している。規則が多ければそれだけ良い秩序がもたらされ自由も多くなるが、逆に規則がないなら混乱が生じ、逆に効率も悪くなると指摘。つまり記事に言わせれば日本企業が「規則を守るしか能がない」かのように厳格に規則を守るのは、規則の価値の大きさを十分に知っているからに他ならない。 そうした理解が日本企業また日本社会の発達に直接寄与しているとして記事は称賛している。従って、「日本企業は規則を守るしか能がない」と見ている中国企業は、日本人から嘲笑される理由をずっと持ち続けることになるだろう。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1609331?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
中国の中小企業の平均寿命は2.5年、大企業は7-8年と言われる。欧米企業の平均寿命は40年、日本企業は58年である。これほどの差が生まれるのはなぜだろうか。それは中国企業と日本企業が追い求めているものがまったく違う。 中国人の多くは本業がちょっと成功するとすぐにビジネスを多元化し、不動産投資や株式投資を始める。できるだけ早く、そして大きく儲けようとするのが中国人の特性である。

一方、日本企業の場合は「お金よりも製品そのものの方に大きな関心がある」と報じている。「日本のある自動車用軸受メーカーの社員は、自社製品について語るときに目がきらきら輝く」という中国人による言葉はその一例だ。この感想を語った中国人が、自動車用軸受メーカーの幹部社員に「ビジネスを多元化しないのか」と質問したところ、その質問に対する答えは「研究しなくてはならないことが多すぎて何世代かかるかわからないのに、他のことをするエネルギーがあると思いますか」というものだったという。

このコメントを聞くと日本人の多くは心に響くものを感じるであろうが、お金儲けを中心に考える人にとっては「遠回りで賢くないやり方」と感じるかもしれない。しかしこのコメントが示しているのはそもそもお金儲けの方法などではなく「生き方」だ。この「生き方」の違いが企業の平均寿命にはっきり表れるというのはうなずけるところだ。そして中国企業が「ブランド」を造り出すのが苦手という事象にはこうした要素が関係しているであろうことも理解できる。 中国は「お金儲けに関する天性の賢さ」によって経済大国に成長したが、真の経済強国になるには「こうした賢さを捨てなくてはならない」と記事は警告している。そのためには根本的に変化し、「生き方」を変えることが求められる。

中国メディアの記事は極端すぎる気もするが、マーケティングを理解する事と、この企業は何をする企業かをまず社員教育や外部監査などを通じて教育を受けることも多いのではないか…。つまり顧客に何を提供し続けるのかが企業維持であると考えれば、社員の雇用を守りつつ社員とともに経営者もマーケティング手法に参加するわけで、この時点で日本企業が長く経営するほどに歴史が生まれる事になる。その歴史の中で顧客にどんな商品を提供してきたのかは、重要だろう。それが企業ブランドにつながるわけで、真似しては儲ける中国企業や韓国企業と大きく違う部分である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月10日 12:08 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp