韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  習近平主席、党総書記として金正恩委員長に祝電

習近平主席、党総書記として金正恩委員長に祝電

中国の最高指導者、習近平・中国共産党総書記が、党委員長に推戴された金正恩(キムジョンウン)労働党第1書記宛に祝電を送った。労働党第7回大会をきっかけに、北朝鮮に対する中国の接近が加速化し、朝中関係が改善されるか注目される。 労働党機関紙の労働新聞は10日、「習近平・中国共産党中央委員会総書記が朝鮮労働党書記、金正恩同志に祝電を送ってきた」と報じた。国家主席でなく総書記名義の祝電は、政府関係よりも党対党の関係が優位である朝中関係の特殊性を考慮した措置だ。習総書記は「金正恩同志が朝鮮労働党書記に推戴されたという嬉しい知らせに聞いた。熱烈な祝賀を送る」とした。

9日夜遅く、金党委員長の推戴事実が外部に公表されたが、9日に製作された労働新聞の10日付に習総書記の祝電全文が掲載されたのは、北朝鮮が中国側に金党委員長の推戴を事前に知らせたことをうかがわせる。 北朝鮮に対する国際社会の強力な制裁の中、朝中のこのような水面下の疎通と中国側の迅速な祝電発送は注目に値する。中国側が、今回の党大会を契機に、これまでギクシャクしてきた朝中関係の改善など、北朝鮮への接近に乗り出すのではないかと見られているのも、そのためだ。

実際に習総書記は、祝電で「二つの国の老世代の指導者たちが自ら築き、丹念に育ててくれた伝統的な中朝親善は、両国の共同の貴重な財富」としながら、「両国人民に幸せを設けてくれて、この地域の平和と安定、発展に寄与するために、朝鮮側と共に努力する」と宣言した。朝中関係を重視していることを強調することで、関係改善の意志を示す一方、「平和と安定」のための努力を北朝鮮側に求めたのだ。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24112.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮制裁を実施する中で、中国の習近平国家主席が9日、北朝鮮の朝鮮労働党委員長に就任した金正恩(キム・ジョンウン)氏に祝電を送った。 中国国営の新華社通信によりますと、習近平国家主席は9日、共産党代表と個人の名義で「熱烈な祝意を表する」とした祝電を送り、「金正恩委員長をはじめとする労働党の指導による社会主義建設において、人民が新たな成果を得られることを願う」と表明した。 核問題については触れずに、「中朝の伝統的な友好は双方の前の指導者が丹精込めて築き上げてきたもので、貴重な財産だ」「共に努力し、地域の平和、安定と発展に貢献したい」と表明し、今後とも中朝関係を重視していく姿勢を示した。

習近平は北朝鮮制裁強化で追い詰める気は全くなさそうだが…。新華社などによると、習主席は9日、中国共産党総書記の名義で送った祝電は「中国共産党中央委員会の代表と個人として、熱烈に祝賀する。金正恩委員長が率いる朝鮮労働党の指導の下、朝鮮人民が社会主義建設事業で新たな成果を上げることを望む」という内容だ。 習主席はまた、「我々は中朝友好を絶えず発展させ、人民に幸せをもたらし、地域の平和と安定、発展に貢献するため、朝鮮と共に努力していく」とも指摘した。

朝日新聞は10日付社説で、「金正恩氏は、(国際社会での孤立化という)事実を直視することなく、『実績』を語った。その演説で改めて浮き彫りになったのは、過ちを改める考えはないという独善である」とした上で、同氏が「責任ある核保有国」を自称し、世界の非核化に努めると強調したことについても、「どれだけ巧妙な文言で正当化しようとしても、北朝鮮の核保有を容認する国など存在しない」とし、「自力で経済を立て直す力がない以上、核と経済再建を両立させる並進路線は、およそ実現性のない詭弁(きべん)にすぎないのである」と指摘した。

金正恩は今回の党大会で新政策も示せずに権力を掌握したことをアピールしただけだというのが大筋の見方だ。そのわりには習近平の祝電と言うのは、間抜けな行動だが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月11日 11:23 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp