韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  オバマ大統領、27日に広島訪問

オバマ大統領、27日に広島訪問

バラク・オバマ米大統領が27日に広島を訪問する予定だと、日本政府が10日に発表した。米国ホワイトハウスもオバマ大統領が今月21〜28日、ベトナムと日本を訪問した際に、安倍晋三首相と共に原子爆弾被爆地の広島を訪問すると発表した。 オバマ大統領の広島訪問は、1945年8月に原爆が投下されて以来71年ぶりのことで、現職の米大統領として初めて行われる。ホワイトハウスは、オバマ大統領の広島訪問が「核兵器のない世界の平和と安全を追求する私たち(米国)の継続的な努力を特に強調する意味がある」と明らかにした。

オバマ大統領は就任1年目の2009年に日本を訪問した際、「広島と長崎の記憶は、世界中の人々の心の中に刻まれており、私の任期中のある時点で、その都市を訪問することができれば光栄である」と述べた。日本も長い間、オバマ大統領の広島訪問に力を入れてきた。オバマ大統領も今月26〜27日に三重県の伊勢志摩で開かれる予定の主要7カ国(G7)首脳会議に出席をきっかけに広島を訪問する案を検討してきた。

しかし、オバマ大統領が広島を訪問しても、原爆投下について謝罪はしないものと見られる。米国の保守陣営は、オバマ大統領の訪問が原爆投下に対する謝罪として捉えられることに懸念を示してきた。ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官も、今月2日のブリーフィングで「オバマ大統領が日本に謝罪すべきだと思うか」という質問に対し、 「いいえ。大統領はそうとは思っていない」と答え、広島を訪問しても、謝罪はしない意向を示した。このため、オバマ大統領は、広島を訪問して被爆犠牲者を追悼し、核兵器の危険性について警戒心を呼び掛けるものと見られる。


スポンサードリンク


これに先立ち、ジョン・ケリー米国務長官が日本で開かれた主要7カ国外相会議に出席した際に、広島平和記念公園を訪れ、慰霊碑に献花した。しかし米国政府は、ケリー長官の訪問が謝罪を目的とした訪問ではないと強調した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/international/24109.html

【管理人 補足記事&コメント】
米関係筋によると、アメリカのオバマ大統領は今月下旬に開かれる伊勢志摩サミットに出席したあと、27日に現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問することを決め、日本政府に伝達した。安倍総理大臣はオバマ大統領の広島訪問に同行する方向で調整に入った。オバマ大統領は、今月26日から2日間の日程で開かれるG7=主要7か国の首脳会合「伊勢志摩サミット」に出席するため日本を訪れる予定で、これに合わせて被爆地・広島を訪問するかどうか検討を進めてきたわけで、ホワイトハウスのアーネスト報道官は、「核兵器のない世界」を目指すとするオバマ大統領が就任当初から任期中の被爆地訪問に前向きな姿勢を示していたと指摘したうえで、近く訪問するかどうか明らかにする考えを示した。

オバマ大統領は伊勢志摩サミットに出席したあと、27日に広島を訪問することを決め、安倍総理大臣は当初予定していたサミット関連行事の日程の一部を変更し、オバマ大統領の広島訪問に同行する方向で調整に入った。オバマ大統領が広島を訪問すれば、現職のアメリカ大統領としては初めてとなる。オバマ大統領の広島訪問を巡って、日本政府内では、唯一の戦争被爆国として、核軍縮・不拡散の実現に向けた国際的な議論を主導するためにも大きな後押しになるとして、期待する意見がありました。そして、先月広島で開かれたG7外相会合では、初めてアメリカの現職の国務長官としてケリー国務長官が原爆資料館を訪れ、ケリー国務長官は「すべての人が広島に来るべきで、アメリカ大統領にもその1人になってほしい」と述べた。

一方、アメリカ国内で、原爆投下は戦争の早期終結のために必要だったという意見が根強くあるわけで、日本政府は日米関係への影響も考慮して静観を続けていて、菅官房長官も被爆地訪問を歓迎する考えを示しながらも、「アメリカ政府が決めることだ」と述べるにとどめた。すでに死に体のオバマだが、広島訪問と言うのも今の彼の状況だから実現したとも言える。オバマが何を語るのかはネタでしかない。アメリカの原爆投下における戦争責任と言うのは無いわけで、今頃問題視している記事を見かけるが現実にはアメリカの原爆は正当化されている。それだけに今もなお日本の軍事力強化はアメリカにとっては脅威なはず…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月11日 11:35 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)
核兵器
オバマが来たからと言って核兵器がなくなるわけではなく、現実を直視すると核兵器を持つことで抑止力が働くのも事実。ただし、核兵器と言っても原子爆弾は濃縮プルトニウム必用なので、無くさなければならない。水爆も既存の水爆は原爆に核融合反応させる構造なので無くさなければならないでしょう。純粋な水爆を作れる技術力があるのは日本アメリカフランスのみ。純粋水爆は爆発しなければそれほど恐れる必要はない。純粋水爆作った国が抑止力を利用する平和(戦争できないと言う意味)を実現すると思う。
[ 2016/05/11 12:26 ] [ 編集 ]
広島県民ですが…。正直どっちでもいいです。個人的にはオバマ大統領には広島訪問より靖国神社に参拝してもらいたいです。
[ 2016/05/11 13:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp