韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  AIIBがADBと初の協調融資、それでも日本がAIIBに参加しない理由

AIIBがADBと初の協調融資、それでも日本がAIIBに参加しない理由

中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)には、英国やドイツをはじめとする先進国も参加したが、日本と米国は参加を見送った。AIIBはすでに始動しており、日本が主導するアジア開発銀行(ADB)とパキスタンの道路建設プロジェクトに対して初の協調融資を行う計画だ。

中国メディアの東方頭条はこのほど、日本はなぜAIIBへの参加を見送ったのかと疑問を投げかけつつ、1つの山に2匹の虎は住めないという意味の「一山不容二虎」との言葉を用いて、日本がAIIB参加を見送った理由を考察した。 記事は、日本がAIIBへの参加を見送ったことについて、中国側は「いつでも日本を歓迎する」との見解を示している一方で、中国共産党機関紙・人民日報系のメディアは「日本など参加せずとも、AIIBは健全な運営が可能であり、日本の参加は不要である」などと論じていることを指摘した。 さらに、経済的な観点から言えば、日本がAIIBに参加しない理由はないはずだと指摘、アジア各国のインフラ整備事業は日本企業にとっても大きなビジネスチャンスだったはずとしながらも、日本がAIIBへの参加を見送ったのは「政治的な理由にほかならない」と主張。

また、日本は中国に対して戦略的互恵関係を強調する一方で、安倍首相がアジアのインフラ整備に向けて1100億ドルの拠出を行う方針を打ち出したことを指摘し、日本がAIIBへの参加を見送ったのは「中国とアジアにおける主導権争いを展開するため」であると主張した。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1609438?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
読売新聞は社説でAIIBについて、「これまで、詳細な融資基準や資金調達の具体的方法などを明示してこなかった。市場からの信頼を確立し、安定的に資金を調達できるのだろうか」と強い疑問符を示し、「日米はAIIBへの出資を見送った。公平で中立な運営が期待できない以上、妥当な判断だ」と指摘している。社説の見出しは「公正な運営へ不安が拭えない」だった。

産経新聞の社説は「疑問符」ではなく、はっきりと批判的だ。「問題は中国色があまりに強いことである。これでは、中国の都合に左右される不透明な融資が行われる懸念は拭えない。(中略)何よりも3割を出資する中国は融資案件に対し単独の拒否権を行使できる盤石の態勢である。日本や米国がAIIBと距離を置き、参加を見送ったのは妥当だった」と、断定している。こちらの見出しは「中国の独善運営を許すな」である。

「要するにわが国は米国を置き去りにして参加するという選択肢を持てないだけであって、参加しない理由はそれ以上でも以下でもない。そして米国は、英国のように経済的判断から加盟したくとも、IMFへの増資を5年間もたなざらしにしている米国議会が、中国主導のAIIBへの出資を承認するとも思われない。つまり優れて議会対策上の制約で米国はAIIBに参加できないのである」
http://dot.asahi.com/wa/2016012700049.html?page=2

勿論それも一理はある。しかし普通に考えてもアジア・インフラ銀行の透明性云々よりは、すでにあるアジア開発銀行を活性化させることである。世界銀行とは言え目立った活動が顕著ではない。アメリカと日本が出資している世界銀行が積極的な活動で結果に結びつけていれば中国もアジア・インフラ銀行を作るのは考えたのではないだろうか…。

形は連携を模索だが、実質は影響力の競争となる。今の低迷する中国では無理であるから、日米でというよりは日本主導でアジア開発銀行を不動にする事である。そもそもアジア開発銀行は、アジア・太平洋における経済成長及び経済協力を助長し、開発途上加盟国の経済発展に貢献することを目的に設立された国際開発金融機関であるから、しっかりと活動することが重要ではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月11日 13:15 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
何故 ADB
パキスタンは何故 ADBに融資を頼むのか、こちらの方が謎。
言い換えると、何故 AIIBは融資の全部を取れなかったのか。
(取らなかったのか)

新疆ウイグルとパキスタンの港を結ぶカラコルムハイウェイ
という道路で、工事は中国が担当するらしい。
道路機能は中国とパキスタンの交易路。

パキスタンは日本にも出資を頼んだらしい。中国への依存度が
高まるのを嫌ったのだろう。日本は直接出資はせず、代案が
ADBという決着に見える。
一番うまくやったのはパキスタンではないのか。

>それでも日本がAIIBに参加しない理由=中国
というのだから、 AIIBは資金が足りないのか。
融資リスクが大きいのか。
[ 2016/05/12 00:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp