韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  台湾 >  深まる日本と台湾の鉄道友好関係 台湾で日本の「赤い電車」が走ったぞ!

深まる日本と台湾の鉄道友好関係 台湾で日本の「赤い電車」が走ったぞ!

東京・品川から神奈川の横浜・横須賀を結ぶ私鉄と言えば、「京急」こと京浜急行電鉄だ。「赤い電車」として親しまれる、トレードマークの赤いボディ塗装を施した列車が12日、海を渡った台湾のレール上で初めて走った。台湾メディア・東森新聞雲は12日、「日本と台湾の鉄道友好関係をより際立たせるもの」としてこの件を報じた。

記事は、台湾鉄路管理局(台鉄)と京浜急行電鉄が友好鉄道協定を結んでいることを紹介。先日、京浜急行の電車が台鉄の列車の塗装を施して運行開始したところ好評を博し、「台湾でも日本の列車塗装が見てみたい」との期待が市民の間で高まったと伝えた。そして、日本―台湾間の観光推進を持続するために、台鉄もEMU700型列車「阿福号」に京急の800系電車の赤い塗装を施し、12日より運行を開始したと説明している。 また、京急の線路上を走る台鉄のラッピング列車が6月まで運転されていることから、今回の台湾での運行開始により「双方のラッピング列車がそれぞれの鉄道で走ることになる」と解説。「台日鉄道友好関係をより際立たせるという、大きな意味を持っているのだ」と評した。

台湾と日本の鉄道文化交流は、今回の件に留まらない。先日は、同じく台鉄と友好鉄道協定を結んでいる東武鉄道において、台湾の駅弁をイメージした「排骨弁当」が発売された。もともと双方の文化や社会に対して互いに好意的な印象を抱く市民が多い日本と台湾。このような鉄道にまつわる交流は今後もさらに深まっていくのではないだろうか。 なお、「赤い電車」にラッピングされたEMU700型は日本から導入された車両だ。そして、通常の塗装が「ドラえもん」の骨川スネ夫の顔っぽいことから、鉄道ファンの間で「阿福号」(スネ夫号)と称されているのである。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1609643?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
日本の地方鉄道では、集客のために自社が運行する地域とは離れた各地の中小鉄道などと連携する動きがある。たとえば江ノ島電鉄(江ノ電)では、長野県松本市のアルピコ交通と観光交流協定を結び、自社エリアで集客して相手側の鉄道線に乗るというツアーを募集している。また、京都府の京福電鉄(嵐電)との間でも姉妹提携を結び、相手の車輛をデザインしたラッピング電車を走らせている。中沢俊之江ノ島電鉄観光企画部部長代理は、「東西の古都を走る観光の案内役同士で互いのイメージ・アップを図り観光力の強化を図る」ためと話す。このような姉妹提携の動きは、江ノ電を皮切りに地方鉄道で始まった取り組みだが、大手民鉄やJRグループにも広がりをみている。背景には、日本の鉄道業者は、沿線人口減少により、外国人旅行客の取り込みが重要課題となっているという事情がある。

2014年度の台湾からの訪日客は、約283万人(前年比28%増)と国・地域別ではトップだった。しかも鉄道利用が期待できる個人旅行が多く、魅力的な市場となっている。他方、台湾側にも鉄道の姉妹連帯を観光客増につなげたいとの思いがある。2014年度台湾を訪問した日本人は163万5000人(前年比15%増)だった[2]。中国大陸からの約400万人に次ぐ第2位だが、大型バスの利用が多い中国人に対し、日本人は鉄道利用が多いという。ただし、人口規模が5倍である日本から台湾へ訪れる人数が、台湾人の日本へ訪れる人数を下回るという逆転現象があるため、台湾側としては「もっと増えてほしい」との思いもあり、今後は、駅の日本語表記を増やすなど日本人に利用しやすい環境を整備する等の対策を進めるという。
https://ja.wikipedia.org/wiki/

東武鉄道(本社:東京都墨田区)と台湾鉄路管理局では、2015年12月18日(金)に台鉄 台北駅(台湾台北市)にて、友好鉄道協定を締結している。これは、昨今の日台における観光交流人口の増大および今後さらなる活性化が想定される情勢を受け、台鉄と相互に交流を深め、友好関係を築くとともに、各々の誘客および諸サービスの交流を図ることを目的に締結するものだという。

相次いで台鉄との提携を発表した両社だが、今後については「3社連携も考えている」(後藤社長)という。京急と西武は株式を相互に持ち合うなど、以前から親密な関係にある。「まだ具体策はない」(同)としながらも、将来的には幅広い連携につながる可能性もある。台湾からの訪日客は2014年に前年比27%増の297万人を記録した。この数字は中国や韓国を上回り、国・地域別でトップだが、同年、日本から台湾への旅行者は163万人だった。数としては多いが、台湾の訪日客と比べ134万人も少ない。「交流人口をウィンウィンの関係にしたい」(台湾観光協会)という言葉のとおり、台湾側としては日本からの旅行者をもっと増やしたいわけだ。国有鉄道である台鉄が立て続けに提携を結んでいる背景には、そうした国策の存在がある。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月13日 13:19 ] カテゴリ:台湾 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp