韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本人の民度が高いのは「恥じる気持ち」があるから?

日本人の民度が高いのは「恥じる気持ち」があるから?

中国人は日本人の民度の高さに「恐ろしさ」を感じるほどだというが、どのような点でそう感じるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人の恐ろしい3つのこと、見たら誰もが驚く」と題して、日本人の民度や素養の高さを紹介する記事を掲載した。

記事が1つ目に挙げたのは「24時間、街がきれい」なことだ。各自がゴミを持ち帰る日本では、逆にゴミのポイ捨てという行為が理解されない、と中国との違いを強調。あまりにきれいなので、「2020年のオリンピック開催を多くの人が反対したのも分かる」と論じた。つまり、外国人が押し寄せることで、ゴミが増えるなど住環境が悪化する可能性を東京の人は懸念したという意味であろう。

2つ目は「列に並ぶ」ことだ。たとえ2人だけでも並び、割り込みをする人がいたら何も言わずに「白い目で見る」といいう日本人独特の違反者に対する処罰が下されるため、少しでも自尊心のある人は恥ずかしくて割り込みができなくなると説明した。地震という非常事態でも被災者が列に並ぶことにはいたく感動したようで、「災害時に人の本質が見えるものだ」と日本人の高い規律性を称賛した。

3つ目は「子どもの教育」である。例えば、冬の寒空のなかで運動させたり、ランドセルを自分で背負わせて登校させるなど、子どもを甘やかさない教育方針を称賛した。一人っ子政策で甘やかされて育つ中国ではありえない光景なのだろう。また、日本人の袋好きは良く知られているが、子どものカバンのなかには袋がたくさん入っており、本やペン、箸、服などを分けて入れていると紹介、「規律正しい生活習慣を身に着けさせる教育の一環」だと高く評価した。


スポンサードリンク


どれも日本人にとっては一種の習慣となっていることだが、当たり前のことをきちんとできるというのは素晴らしいことである。中国人が「恐ろしい」と感じるのは中国との大きな隔たりを感じるからだろう。しかし、どんな良い習慣も気を抜けばあっという間に崩れてしまう。今後も「恐ろしい日本」でいられるためには引き続き努力が必要である。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1609673?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
民度とは特定の地域に住む人々の知的水準、教育水準、文化水準、行動様式などの成熟度の程度を指すとされる。明確な定義はなく、曖昧につかわれている言葉である。テレビ番組の内容が時代、地域の民度と連動しているとの考えも存在する。

社会学者ノルベルト・エリアスがその著作「文明化の過程」において、民度向上にとってもっとも重要なのは民度の低い行動を「恥じる気持ち」であると説明している。その言葉を運用し、サーチナでは数年前に英メディアのデーリー・テレグラフ紙は、サッカーの試合終了後の観客席の状態について、英国人サポーターのいた席はゴミだらけだが、日本人サポーターのいた席は「彼らが来る前よりもきれいな状態だった」と報じた。記事は同事例を挙げ、公共マナーに反する行いを「恥じる気持ち」が日本人に強力に働いており、外部から強制されなくても自分を律して行動できることを力強く例証している。

さらに、この恥じる気持ちは民度を高め、自分勝手な行動を拘束するゆえに、結果として国家は強大になれると伝えている。最近はやたら中国は民度とか匠とかの言葉の記事が多い。よほど自国に不満があるのだろう。日本の場合は普通に幼稚園から高校或は大学まで、一連の教育のなかで社会教育・ルール或は道徳等を経験したり勉強したりがある程度組み込まれている。

そういう社会環境が中国や韓国とは大きな差なのだろう。というか日本もある程度は似たような時代を過ごしてきているのではないか…。単に成長が無いだけではと思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月13日 18:50 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp