韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  貧しい高齢者の国、韓国…2050年に高齢者比率が世界2位

貧しい高齢者の国、韓国…2050年に高齢者比率が世界2位

2050年には、韓国の高齢者人口の割合が全世界で2番目に高くなると予想された。現在、韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で貧しい高齢者の割合が最も高い国だが、高齢化のスピードも世界で最も速い。30日、米国統計局が発行した「高齢化世界(An Aging World)2015 - 国際人口報告書」によると、世界の人口は、昨年の73億人から2050年には94億人に増える。特に65歳以上の高齢者人口は、同じ期間中に6億人から16億人に増える見込みだ。高齢者人口が全人口に占める割合も8.5%から16.7%に高まる。

大陸別にみると、欧州(17.4%→27.8%)と北米(15.1%→21.4%)は、昨年の高齢者人口の割合は高いが増加傾向が比較的に緩やかな反面、アジア(7.9%→18.8%)は、現在は高くないが急激な増加傾向を示す見通しだ。 2050年に高齢者人口の割合が最も高い国は日本(40.1%)で、韓国が35.9%でその後に続くものと予想された。日本は昨年基準でも、高齢者の割合が26.6%で世界1位だったが、韓国は13.0%で上位25カ国にも入らなかったことからすると、急激な高齢化が進んでいると言える。実際に同報告書によると、高齢者人口の割合が全体の人口で占める割合が7%から21%まで上がるのにかかる期間が、韓国の場合は27年で、全世界で最も短かった。中国(34年)、タイ(35年)、日本(37年)などのアジア諸国が概して短い一方、イギリスとフランスはそれぞれ100年と157年もかかることが分かった。

2050年に人類の期待寿命は、昨年より7.6年増えた76.2歳になると予想された。韓国の期待寿命は、昨年の80.0歳から2050年には84.2歳に高くなり、全世界で5番目に高い。 2050年の期待寿命が最も高い国は日本とシンガポールで、91.6歳に達する見込みだ。 極めて速い韓国の高齢化のスピードが懸念されるのは、高齢者の貧困率が他の国に比べてかなり高いからだ。OECD資料(国別、2009〜2013年の統計基準)によると、韓国の高齢者の相対的貧困率(可処分所得が中位所得の半分を下回る割合)は49.6%で、加盟国の中で最も高い。OECD平均は12.4%に過ぎない。全体人口の所得に比べた高齢者の所得(2012〜2013年基準)もOECD平均(86.8%)を大きく下回る60.1%にとどまっている。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/international/23747.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
韓国の高齢化関連支出の増加ペースが、世界で4番目に速く、政府がこれに対応できなければ、格付けが現在より5段階下がる恐れがある。アメリカの格付け会社「スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)」が4月末に発表した報告書によりますと、年金や健康保険など韓国の高齢化関連の支出額は、GDP=国内総生産に対する割合が、2015年の7.7%から2050年には17.8%へと、35年の間に、10.1ポイントも増加する。

この増加ペースは、先進34か国のうち、最も速いもので、調査対象となった全体の58か国の中では、ブラジル、ウクライナ、中国に次いで4番目に速い。また、スタンダード・アンド・プアーズは、韓国が高齢化にうまく対応できなければ、財政が急激に悪化し、国の格付けが、2050年には現在の「AA-」より5段階低い「BBB」に下がる恐れがあると警告した。一方、韓国の65歳以上の高齢者扶養率も、2015年の18.0%から2050年には65.8%になり、日本に次いで2番目に高くなるとみられており、急激な高齢化に対する政策的な取り組みの必要性が浮き彫りとなった。

2050年に高齢者人口の割合が最も高い国は日本(40.1%)で、韓国が35.9%でその後に続くものと予想された。日本は昨年基準でも、高齢者の割合が26.6%で世界1位だったが、韓国は13.0%で上位25カ国にも入らなかったことからすると、急激な高齢化が進んでいると言えるというが、日本の半分以下の人口で、日本とほぼ同じ物価で平均年収が半分、家計貯蓄も半分、しかし韓国の家計負債は120兆円を超えている。貧しい国とはいえ、日本の年金生活者は約4000万人と人口の1/3を占める。

この人たちが消費してくれないと、一向に国内の金循環は悪くなり、景気感は改善しない。雇用や賃金の改善にもかかわらず、消費は依然弱々しい理由は、年金生活者にある。とはいえ、異常に落ち込む状態ではない。企業が良い商品を提供すれば貯蓄切り崩しの年代となっても、大半の高齢者は貯蓄をしている。ただ財布のひもは固いという事だ。一方韓国は退職金もほとんどないわけで、老後の年金システムは、小遣い程度でしかない。そんな国の高齢化社会は日本と比較するに値しないほど悪化するわけで、失業問題と共に深刻な問題となる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月14日 09:40 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp