韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「テーマパーク衰退論」を覆した日本

「テーマパーク衰退論」を覆した日本

京畿道安山市にある始華湖周辺埋め立て地の北東には、雑草の生い茂った野原がある。広さはソウル・汝矣島の1.4倍で、テーマパークの建設予定地になっている。2007年にある企業が、米国のハリウッド映画を題材にしたテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ」をこの敷地に建設すると発表していた。当時は関連企業の株価が暴騰するほど期待を集めたが、08年の「リーマン・ショック」で資金調達に失敗し、事業が頓挫した。

10年にはロッテグループなどが事業再開を宣言したものの、土地を所有する韓国水資源公社と土地代をめぐって駆け引きを繰り広げ、結局事業を白紙化した。最近になって中国資本が呼び込まれ、事業が再び推進されている。韓国では20年以上前からディズニーランドやパラマウント・ムービー・パークなどのテーマパークの建設があちこちで進められてきたが、ことごとく頓挫している。
日本では1980-90年代のバブル期に全国各地に大型テーマパークが建設された。しかし次々に倒産し「子どもが少なくなる『少子高齢化』の時代には、テーマパークには衰退の道しかない」という悲観論が飛び出した。記者もテーマパークについて、日本の事例を紹介しながら否定的な記事を書いたことがある。

しかし、反面教師として見られていた日本のテーマパークは、華麗に復活した。2004年に赤字で倒産の危機に陥った大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、黒字転換に成功しただけでなく、最近は攻撃的な投資に乗り出している。14年には約450億円を投じてハリーポッターエリアをオープンしたほか、数千億ウォン(約数百億円)を投資して任天堂のゲームをテーマにしたアトラクションを建設することを決めた。長崎県佐世保にあるハウステンボスも、18年連続の赤字から脱し、最近では外国人観光客誘致の旗振り役のような存在へと変化している。東京ディズニーリゾートは先ごろ、今後10年間で約5000億円を投じ、大型アトラクションとステージを建設すると発表した。


スポンサードリンク


日本のテーマパークの復活は、ターゲット層を青少年だけでなく中高年にまで拡大したことが功を奏した。根本的な背景には、外国人観光客の急増がある。訪日観光客は2000年度の470万人から15年度には2000万人に増えた。15年間で、少子化などの影響により国内需要は落ち込んだが、その一方で1500万人以上の外国人需要が生まれたわけだ。日本政府は、2020年には外国人観光客4000万人を誘致することを目標に各種政策を打ち出しており、このこともテーマパークの投資を刺激している。

日本で一時盛んに言われていた「高齢化時代のテーマパーク衰退論」は、テーマパークの需要を国内だけに限定した「井の中のかわず」式の主張にすぎない。格安航空会社(LCC)の普及に加え、経済成長に伴う海外観光客の爆発的増加という状況の中で、内需市場の意味自体が大きく変わってきた。韓国も状況は同じだ。韓国化粧品大手のアモーレパシフィックは、韓国国内での売り上げ3兆ウォン(約2800億円)のうち約1兆ウォン(約920億円)が外国人観光客による免税店・デパートでの売り上げだ。

とりわけ中国人観光客の急増は、慢性的な内需不足に悩む韓国と日本にとって経済的なプラス要因なり得る。韓国は過去3-4年間、韓流ブームに加え、領土紛争による日中関係の悪化のおかげで「中国特需」を日本以上に享受することができた。しかし日本が昨年から中国との関係を正常化し、中国人観光客の誘致合戦に本格的に乗り出したことで、状況は変わりつつある。日本はサービスやホテルなど観光インフラの面で、韓国を上回る国際競争力を備えている。韓国がこの十数年間でテーマパークをほとんど建設できずにいる一方で、日本のテーマパークは中国人だけでなく韓国人観光客をも引き付けている。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/14/2016051400500.html

【管理人コメント】
テーマパークを高齢者まで拡大した日本とは言え、先立つ貯蓄がなければ消費に回せないだろう。
日本はサラリーマンを含めて定年後の高齢者でも貯蓄があるわけで、孫たちとともにテーマパークなどは高齢者にも優しいシステムならば盛り上がるのではないか…。

韓国の場合は、貯蓄が無く、謝金で首の回らない高齢者対象にテーマパークと騒いでも無理だろう。また中国人観光客目当てのテーマパークでは限定的過ぎる。あくまで自国民のための路線上でなければ駄目だと思うが…。財閥企業が自国の為にある年齢以下或は以上は無料とするくらいの、テーマパーク設立をする余裕があれば、活性化の起爆剤になるが…、基本は政府が失業者や高齢者雇用問題において、内需活性化となる産業を確立しない事には、単に負債だけの増える国と化すだけではないのか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月14日 10:04 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp