韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人が日系車を買う理由とは?「安全性めぐる誤解が解けてきたぞ」

中国人が日系車を買う理由とは?「安全性めぐる誤解が解けてきたぞ」

反日デモが中国各地で発生し、日系車をはじめとする日本製品の不買運動があったのがほんの数年前だったと思えないほど、現在の中国では日系車の売り上げが好調だ。2015年の中国自動車市場において、日系車はドイツ車に次ぐ販売台数を記録し、16年に入ってからもシェア拡大を続けている。

ではなぜ今、中国で日系車が人気なのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人が皆日系車を買っている本当の理由は安全だから?」と題してその理由を分析する記事を掲載した。 記事は、日系車の好調ぶりについて、「街中を走っている車の10台に4台は日系車」と言えるほど好調だと指摘し、その理由を3つ挙げている。まずは、「経済的かつ実用的」であること。中国には富裕層が少なくないものの、もっともボリュームが多い層はやはり中間層だ。そのため自動車の購入の決め手としては購入価格だけでなく、維持費も重要な要素だ。この点、日系車は故障が少なく、最大の魅力である燃費の良さも人気の理由だという。

日系車が人気の理由の2つ目は「安全性」だ。ボディの鋼板が厚いほど安全だと信じる消費者が少なくない中国では、日系車は安全ではないと誤解されてきたが、近年では日系車を見る目が変わってきたという。衝突試験の結果から、日系車は安全性においてドイツ車に負けていないことが周知されてきたからだという。 3つ目は、「エンジン技術」だ。今は多くの中国自主ブランド車が日本メーカーのエンジンを採用しているが、やはりマッチングの良さでは日系車にはかなわないのだという。


スポンサードリンク


中国では、自動車を所有することがステータスと捉えられてきたが、中間層にも自動車が普及するようになり、車体が大きく見栄えのする車ばかりでなく、コストパフォーマンスの良い日系車を選ぶ堅実派も増えてきているように見受けられる。中国自動車市場はまだ拡大を続けており、日系車の躍進はまだまだ続きそうだ。
サーチナ
http://biz.searchina.net/id/1609728?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
2016年4月7日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国市場で日本車の売り上げが好調な理由について分析する記事を掲載した。 数年前には日中関係の悪化や東日本大震災、リコール問題などで中国市場における日本車の売り上げが大きく落ちた。しかし、昨年はトヨタをはじめ日系メーカーは売り上げを大きく伸ばした。

その理由について「理性的な消費者が増えたことだ」と主張している。具体的には、日本車破壊などの事件後、国が個人の財産を保護する法律を整備したことで安心感が増したことや、日本車は品質が高くて燃費が良いこと、日本メーカーが中国人のニーズにマッチした中国人好みのモデルを投入するようになったことを挙げている。

さらに、中国のポータルサイト・今日頭条が、「自動車整備士は車が分かる人は日本車を買うと言っているが、同意するか?」と題する記事を掲載した。ある自動車整備士が「本当に車が分かる人は日本車を買う。以前にフォルクスワーゲンやフォード、ヒュンダイ、プジョーに乗っていた人も、本当に車が分かるようになったら日本車を選ぶ」と述べたと言う。その理由として、故障が少なくメンテナンスが容易であること、品質や技術力が高いこと、燃費が良く静かで耐久性があり、庶民に適していることなどを挙げたとした。

言葉のみならず乗って感じるわけで、これからも日本車は中国で売れるのだろう…。
韓国車は踏んだり蹴ったりではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月14日 19:01 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp