韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ゴーン社長「三菱自動車の変革にワクワク感」

ゴーン社長「三菱自動車の変革にワクワク感」

日産自動車は2370億円を投じて三菱自動車を事実上の傘下に収めることを決定。軽自動車の燃費偽装問題の発覚からわずか3週間、急転直下の展開は業界に大きな驚きを与えた。業務資本提携に向けた協議開始発表から一夜明けた5月13日、日産自動車のカルロス・ゴーン社長が報道各社の取材に応じた。前日の会見では、ゴーン社長と三菱自動車の益子修会長は、2011年に両社で軽自動車の共同開発を行う合弁会社を立ち上げて以降、それ以外の分野でも事業提携の可能性について非公式に協議をしていたことを明らかにしており、この日の会見もその点に質問が集中した。

ゴーン社長は燃費偽装発覚後、日産が被るダメージを三菱自動車が全て補償するという約束を書面で取り付けたことを説明。その上で、両社間で協業範囲拡大に向けて具体的なリストアップを行ったところ、その余地が非常に幅広いことが分かり、さらに三菱自動車の株価の下落が重なったため好機と確信し、提携に向け急ピッチで動き出したことを明らかにした。

「株価下落で投資しやすくなった」
三菱自動車の株価は、燃費偽装問題発覚の前に800円台だったが、急落。日産は三菱自動車の行う第三者割当増資を引き受け、1株当たり468.52円で三菱自動車の株式を34%取得する予定だ。問題発覚前に同じ出資比率で三菱自動車株を買おうとすれば、4000億円以上必要となるので、4割以上割安に取得できることになる。チャンス到来にここぞとばかり動いたゴーン社長が三菱自動車との今後について語った。

なぜこのタイミングで提携を決めたのか。
不幸な事象をきっかけに好機が生み出された。株価の下落も重なった。好機をつかめるか否か、それだけだ。噂やリークの危険もあったので、できるだけ早く動きたかった。提携の原則に合意したのは発表の数日前だ。


スポンサードリンク


デューディリジェンス(企業価値の評価手続き)の結果がどう出たら、提携をやめることになるのか。
ディールのクローズ(提携の本契約)は多分数カ月後だが、きちんと状況は評価する。信頼は回復されたのか、問題の規模はどれくらいか、日本だけの問題か、ペナルティがどうなるかも評価する。我々が三菱自動車の経営層から聞いて今理解していることに立脚する限り、協力する可能性があるということで提携の覚書を調印した。それ以上のことは言えない。

提携を成功させる上で最大の課題は?
三菱自動車の変革、成長、収益、レピュテーション(評判)の回復を支援することだ。消費者の信頼回復は三菱自動車が責任を持って取り組む問題だ。同社は経営陣が自主性を持って経営をし、私たちが支援する。

日産を再生させ、今回、三菱自動車を救済することになるが、どんな思いか。
1999年に来日した時の日産は2度の再建計画が成功せず困っている会社だった。日産は不祥事を起こしたわけではなく、企業の規模や時代も違うが、これからやることの方が難しいとは思わない。むしろ三菱自動車の変革の支援に携われることにワクワクしている

益子会長は燃費不正問題の解決には開発陣のテコ入れが必要と言っていたが、人的支援の考えは?
益子会長が望んでいるのはエンジニアリング(技術職)なので人を派遣する。現在、人選をやっているところ。来週あたりにおそらく候補者を提案して益子さんに決めてもらう。誰を選ぶかは彼らの責任で、我々は上から押しつけることはない、チョイスをオファーする。

以前の日産の再建計画ではリストラや工場閉鎖など痛みを伴う改革だった。長期的に見て三菱自動車側が痛みを伴うことはあるか。
この話はしにくい。もちろん、想定できるシナジー(相乗効果)は洗い出したが、詳細にわたって検討したわけではない。行動計画とか具体的な計画を立てて、初めてどのような影響が会社にあるかが見えてくる。三菱自動車の財務状況は悪くない。利益を出し、キャッシュを持っている。同社の経営陣のチャレンジを支援したり、ベンチマークを提供したりする。
東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/118023

【管理人コメント】
当時日産の低迷時にルノーとの合併で、東村山工場を含めて閉鎖し、大リストラを実施したわけで、さして技術力強化と言う方法ではない。私が村山工場を訪れた時にはすでに老朽化もあり、この工場は数年しか持たないなと感じたのが、随分昔の話である。三菱もおいては、何れは部品やユニット開発が主となるのではないか…。製品は日産となるだろう。開発部門を強化し、不必要な工場を含めて大改革を実施するだろう。ただいまはそのタイミングではない。来年以降になるのではないか…。
もっとも不正問題の損失状況によるだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月15日 10:03 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
努力は裏切らない、ゴーン氏は日産の当時の若者と重ね合わせているはず
日産の社長に就任して2年目のゴーン氏が夜9時頃、まだ明かりがついてる工場があるので工場にいくと、エンジニア達10数人が新開発のエンジンに取組んでいたそうな、今日はもう遅いから、帰りなさい、と促して自分は帰宅、次の日、外国との打ち合わせの為2時間ほど早出をした、すると、夕べ帰ったはずのエンジニア達がそっくりいるではないか、まさか,徹夜したのと聞くと。ええまあ、さりげなく答えたそうだ
この時、ゴーン氏は確信した、この会社、日産自動車は必ず,甦ると。そしてフランスルノーは絶対勝てないとも、三菱自動車にも熱い、若者はいる、金ではない、いい物を作ろうとするエンジニアは大勢いるんだよ、日本人なんだから、そのやる気を削ぐ,誤魔化しを指示する経営幹部達、皆朝鮮に行け、ねつ造などクズのやること,実力のない人間のやること、いずれ解るんだよ
ゴーン氏は過去の日産と重ね合わせているはず、
私個人は三菱自動車は必ず日産の手法で甦る、期待していい
パジェロ、デリカ、ランサーもアウトランダーのPHV技術も今は何も信用できないが数年後は輝いていると思う、いやもっと良いものを作り出すだろう
ホンダにしたって本田宗一郎の存命中のホンダはこんなレベルではない500人が3ケ月位、24時間番場生活、家に戻るのは下着の交換だけ、今なら労働基準法違反、ブラック企業,新しい技術を,新商品を世に出すということはそういう事、誰でもやっていることは誰でも出来る、それでは他社に先に新商品を世に出されてしまう、日本の車作りは世界一、それだけに厳しい,2番じゃダメなんだよ

[ 2016/05/15 11:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp