韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国人旅行客の急増と爆買いが、日本の貿易・サービス収支に貢献

中国人旅行客の急増と爆買いが、日本の貿易・サービス収支に貢献

財務省が12日に発表した2015年度の国際収支状況(速報)によれば、貿易収支は6299億円で5年ぶりに黒字となった。 中国メディアの経済参考報はこのほど、貿易収支が黒字に転換し、経常収支が前年比2倍に急増した背景には国際原油価格の下落といった要素のほかに、中国人旅行客の急増という要素もあると論じた。

記事は、日本の15年度における経常収支が17兆9800億円に達し、前年に比べて倍増したことを伝えたうえで、サービス収支は1兆2109億円の赤字だったものの、赤字額は前年比60%減だったと紹介。日本を訪れる外国人旅行客が急増すると同時に、日本企業が積極的に国外の市場を開拓したことによって、権利収入が増加したと報じた。

続けて、15年に日本を訪れた外国人旅行客の数は過去最高の2136万人に達し、旅行収支も1996年度以降として最大の黒字となったと紹介。特に中国人訪日客は前年比107%増の約500万人に達し、訪日客全体のうち4分の1が中国人だったことを伝えたうえで、日本の旅行収支ひいては貿易・サービス収支に対して中国人旅行客が極めて大きな貢献を果たしたと胸を張った。

中国人旅行客が日本に大きな経済効果をもたらしているのは間違いない事実だ。爆買いも徐々に落ち着きつつあるという見方もある一方で、最近は日本を訪れた中国人旅行客を取り込み、中国帰国後も継続して消費を取り込むための越境ECが盛り上がりつつある。中国人旅行客の取り込みを通じて、中国国内の消費も継続的に取り込むことができれば、日本企業にとってさらなる収益の拡大につながることは間違いない。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1609731?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
朝日新聞は、財務省が8日発表した2015年の国際収支によると、訪日外国人旅行者の「爆買い」効果で、旅行者のお金の出入りを示す旅行収支が53年ぶりの黒字になったと報じた。東日本大震災後、貿易収支は赤字続きだが、旅行収支の黒字がこれを穴埋めするほどに伸びているという。 

外国人の国内での消費額は3兆838億円で、前年より約1兆円増えた。円安などの影響で訪日外国人旅行者が過去最高の1973万人に達したためで、日本人が海外で消費した額を差し引いた旅行収支は、前年の441億円の赤字から1兆1217億円の黒字になった。

訪日外国人で多いのは中国、台湾、香港、韓国からの旅行者で、全体の7割を占める。現在明らかになっている15年1~9月の地域別の旅行収支をみると、黒字額は対中国が6775億円、対台湾が2653億円などで、これら4カ国・地域だけで黒字は1兆円を超える。日本からの渡航者が多い北米は3096億円の赤字、欧州も572億円の赤字だが、中国などアジア地域の旅行者が全体の黒字を押し上げている。 

一方、貿易や投資による日本と海外のお金の出入りを示す経常収支は16兆6413億円の黒字で、黒字幅は前年の6・3倍に増えた。うち貿易収支は6434億円の赤字。原油価格が半分近くに急落して輸入額が10・3%減り、赤字幅は縮んだものの、震災後5年連続の赤字となった。

たしかに旅行収支の黒字幅は、貿易赤字を大きく上回り、経常黒字の柱の一つになりつつある。
消費低迷をよそに、海外旅行客による消費は順調だ。しかし内需活性化の1つでしかないわけで、起爆剤にはなるが、本来の内需活性化と言う部分では不足だ。失業や雇用面に繋げる事も重要だ。 特に地方活性化の自営業には良い事例ではあるが…。政府は本格的な内需活性化を政策をして実施してほしいものだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月15日 10:40 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp