韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府は排ガス不正の日産に厳しい制裁を科せ

韓国政府は排ガス不正の日産に厳しい制裁を科せ

韓国環境部(省に相当)は16日、韓国で販売されたディーゼル車20車種について、一般的な走行時の窒素酸化物の排出量を調査したところ、日産「キャシュカイ」(日本での車名:デュアリス)=排気量1600㏄=が、30分以上走行すると排気ガス再循環装置(EGR)の作動が停止し、室内試験での認証基準値の20.8倍もの窒素酸化物を排出したことが分かったと発表した。

環境部は今年3月から先月まで2回にわたり、専門家による検討を経て、この問題が排ガス量の不正操作に当たるとの判断を示したという。同部は昨年11月以降、韓国で814台が販売されたキャシュカイについて、1台当たりの価格(2726万ウォン=約252万円)の1.5%に当たる計3億3000万ウォン(約3100万円)の課徴金を科し、韓国日産を刑事告発する方針を固めた。キャシュカイのほかにも、ルノーサムスン自動車のQM3が基準値の17倍の窒素酸化物を排出するなど、20車種のうち19車種が室内試験時の認証基準値を上回ったという。

納得できないのは、世界保健機関(WHO)が発がん性物質と認定した窒素酸化物や煤煙(ばいえん)を、空気中にまき散らすような部品を作った業者に対する課徴金が、3億3000万ウォンにすぎないということだ。米国政府は先月、今回の韓国日産と同様の排ガス量の不正操作を行ったフォルクスワーゲンに圧力を掛け、会社側が10億ドル(約1090億円)を支出し、48万台の所有者から車を買い取るか、十分な賠償を行うということで合意した。会社が1台当たり2000ドル(約22万円)の負担を強いられるというわけだ。それだけでなく、米国政府はフォルクスワーゲンを相手取り、1台当たり最大3万7500ドル(約409万円)の罰金を科すことができる法令を適用し、訴訟を起こした。一方で韓国環境部が日産に科した課徴金は、1台当たり40万9000ウォン(約3万7800円)にすぎない。


スポンサードリンク


環境部は昨年11月、排ガス量の不正操作が発覚したフォルクスワーゲン・グループの15車種、12万5500台について、1台当たり11万ウォン(約1万円)、計141億ウォン(約13億310万円)の課徴金を科した。これは大気環境保全法で、認証された性能と異なる車両を製造・販売した場合、「売上額の1.5%」の課徴金を科すこととし、1車種当たりの限度額を10億ウォン(約9240万円)と定めているためだ。これに対する批判が高まり、国会は今年1月に法律を改正、限度額を100億ウォン(約9億2420万円)に引き上げたが、韓国日産に対する課徴金は「売上額の1.5%」という規定に縛られたため、3億3000万ウォンにとどまったというわけだ。

米国のイェール大学とコロンビア大学の研究グループが2年ごとに発表している「環境パフォーマンス指標(EPI)の、「大気の質」部門で、韓国は180カ国のうち173位という信じられない低評価を受けた。そうでなくても、加湿器殺菌剤事件で多くの韓国国民が戦々恐々としている状況だ。国民の健康や生命を守ること以上に、基本的な政府の責務はない。国民は加湿器殺菌剤事件を受け、政府がその責務を果たしていないと実感している。政府は法令を大幅に強化し、違反した企業には輸入や販売の中止など厳しい制裁を科し、失った信頼を取り戻すべきだ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/17/2016051700622.html

【管理人コメント】
朝鮮日報の社説である。
韓国の環境汚染問題と関連つけてまるで今回の車の問題と言わんばかりの記事に感じるが…。
韓国から世界企業が撤退したら、静かでよいのではないか…。
この国は必要が無い。
そろそろ韓国利用は世界規模で取りやめて撤退するべきだろうと思うが…。
今年は通貨危機を乗り越えても、安全になったわけではない、これから数年は厳しい状況となる、
負債で赤字財政の国である。倒れる前に撤退するべきだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月17日 10:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国の公的機関に基準にのっとってちゃんと測定する技術があるのか?
はなはだ疑問。
まず、そこを検証しないと
[ 2016/05/18 01:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp