韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  ディーゼル車優遇政策、韓国政府は速やかに廃棄せよ

ディーゼル車優遇政策、韓国政府は速やかに廃棄せよ

韓国で販売されているディーゼル車19車種が、人体に有害な大気汚染物質である窒素酸化物を、基準値の1.6-20.8倍も排出していたことが分かった。自動車メーカー各社が、室内試験での認証基準をクリアしただけで、道路を走行する際には窒素酸化物をまき散らすディーゼル車を販売してきたという事実が明るみに出たのだ。これは政府と国民に対し詐欺を働いたも同然だ。排ガス量の不正操作を行ったフォルクスワーゲンや日産には、厳しく責任を問い続けていくべきだ。

今回の「ディーゼル車詐欺事件」をきっかけに、消費者たちにディーゼル車を買うようあおってきた政府の政策も完全に改めるべきだ。ディーゼル車の所有者は2010年以降、「クリーン車」という理由で、10万-30万ウォン(約9200-2万7700円)台の環境改善負担金を免除されてきた。このため、韓国の新車販売台数の半分以上をディーゼル車が占めるようになり、過去10年間でディーゼル車は55%も増加し、878万台に達した。

このように増加したディーゼル車がまき散らす排気ガスは、国民の健康に被害をもたらし、税金の負担を増加させている。韓国での大気汚染に伴う死亡者は10万人当たり24人に達し、主要12カ国の中では中国に次いで多い。自動車による大気汚染を防ぐための韓国政府の支出は、2005年から14年までの10年間で2兆8900億ウォン(約2672億7600万円)に達し、15年以降の10年間ではさらに3兆7000億ウォン(約3421億8700万円)の支出が見込まれる。政府の政策が、ディーゼル車の所有者には利益を与える一方、それに伴う費用は社会全体に負担させている状況だ。


スポンサードリンク


政府はディーゼル車に対する環境改善負担金を復活させ、ガソリンと軽油の価格差も縮める必要がある。この過程で、トラックを所有する低所得者や、中小のバス事業者などが被害を受けることの内容、きめ細かな措置が必要だ。そして長期的には、多くの大気汚染物質を排出する車に対し、より多くの税金や負担金を徴収すべきだ。
朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/18/2016051800554.html

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、 「日産が故意に『キャシュカイ』の排ガス量を不正操作した」という環境部の発表をめぐり論争が起きている。環境部の発表とは違い、英国政府は日産のシステムを不正でないと判断したとし、さらに中央日報は英交通省が4月21日に発表した報告書「自動車排出ガスプログラム」を単独入手した。日産の排ガス操作はフォルクスワーゲンの不正とは違うという点が核心だと報じた。

報告書は排ガス操作システムを2つに区分している。一つは「実験室パターン認知戦略(Cycle Recognition Strategy)」だ。特定試験場で温度を20-30度に維持し、空調機を切った状態で車が走行する時の排ガスを測定する。このように規定された状況だけで排ガス操作システムが作動する場合、これを「実験室パターン認知戦略」と見なす。これは不正だ。フォルクスワーゲンのいわゆる「ディーゼルゲート」がこのような方式だった。 もう一つは「温度基盤戦略(Temperature Dependent Strategy)」だ。特定の温度になれば排ガス操作装置が作動する。日産キャシュカイのように特定の温度(35度)を超えれば排出ガス再循環装置(EGR)の稼働が停止する。英国政府はこれを不正と見なさない。

では、欧州ではなぜ温度による排ガス操作を認めるのか。車の安全のためだ。特定の状況でエンジンや主要部品を損傷させる場合、排ガス関連装置を操作してもよいというということだ。 これは韓国の法でも通用する論理だ。製作自動車認証告示第2条19は「排ガス関連部品の機能が低下するよう部品の機能を停止・遅延・変調させること」を「任意設定(defeat device)」と定義し、不法に分類する。 しかし同じ告示に「ただし装置の目的が自動車の安全な運行、エンジンの事故または損傷を防ぐために使われる場合には任意設定と見なさない」という例外条項も明記している。英交通省の「温度基盤戦略は合法」という論理と大同小異だ。

同じ実験で韓国は「不正」、英国は「合法」で論議が拡大しているが、「温度基盤戦略(Temperature Dependent Strategy)」だ。特定の温度になれば排ガス操作装置が作動する。日産キャシュカイのように特定の温度(35度)を超えれば排出ガス再循環装置(EGR)の稼働が停止する。英国政府はこれを不正と見なさない。 では、欧州ではなぜ温度による排ガス操作を認めるのか。車の安全のためだ。特定の状況でエンジンや主要部品を損傷させる場合、排ガス関連装置を操作してもよいというということだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月18日 10:11 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp