韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本の米は中国の米よりもおいしいの?中国で高まる日本米への関心

日本の米は中国の米よりもおいしいの?中国で高まる日本米への関心

日本人にとっての食とは、まずはおいしいお米ありきと言っても過言ではない。日本人ほどお米にこだわる民族はいないだろうし、だからこそ米の品種改良が進み、炊飯器の進歩でも世界随一になったと言えるだろう。日本の米のおいしさは中国でも話題になっており、中国メディアの捜狐はこのほど、「日本産の米は本当に中国産の米よりもおいしいのか?」と題して真偽を確かめる記事を掲載した。

記事は、中国における日本米への関心の高まりを紹介。裕福な中国人が日本で日本米5キログラムを1500元(約2万5000円)で買ってきたという逸話で日本米への注目がさらに集まっているという。中国米との違いについて記事は、中国では無名米の量り売りが一般的だが、日本で販売されている米は「ほとんどがブランド米」だと説明。店頭に並ぶのは、あきたこまちやコシヒカリ、ひとめぼれといった質の保証されたブランド米であり、農家で直接購入する場合でも認証マークがあるので品質が保証されていると紹介した。 そのうえ、日本では米のおいしさを保証する制度もあると紹介した。毎年、日本穀物検定協会が「食味試験」と「米の食味ランキング」を実施し公開しているのだ。各産地のブランド米を実際に試食して評価しており、2014年には全国144ブランドのうち最高級のAAが42ブランド、Aが70ブランドで、全体の84%を占めたという。

他にも、低温保存や新米の早期出荷、出荷直前での精米、精米方法の改善などもおいしさに貢献しているが、「水」も大きな要素だと主張。日本は軟水で「水道水を直接飲める」水質であるのに対し、中国は硬水で水道水は直接飲めず、この水質の違いが同じ米を使用しても味に違いが出ると論じた。


スポンサードリンク


記事は最後に、「日本の白米はとてもおいしく、おかずがなくても食べられる」と大げさに言う人もいると紹介したが、これが大げさでないことは、実際に味わってみれば分かるはずだ。おいしいお米を当たり前のように毎日食べられる幸せを、改めて感じさせられる。
http://news.searchina.net/id/1610094?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国統計年鑑などによると2008年から11年にかけて米の輸入量は30万tから50万t台にとどまっていた。それが12年に234万tと一気に急増。今年上半期の輸入量もすでに132万tとなっており、これを単純に倍にすれば昨年の量を超えることになる。 米国農務省(USDA)は中国の米輸入は12年7月から13年6月の1年で290万tと、それまで1位だったナイジェリアの250万tをすでに超えていたと発表している。

さらに今年7月から来年6月までの予測値は340万tと公表、これはナイジェリアより100万tも多い輸入量で2年連続で世界一となる見込みだ。中国の輸入量は米の貿易量3900万t(13/14年予測値、USDA)の約9%を占めることになる。しかし中国国内で米が不足しているわけでは無い。むしろ余っている。 米の生産量見込みは1億4300tで、一部地域の干ばつ被害で昨年より減収しそうだが、それもわずか0.2%減の見込み。生産量も世界一で期末在庫量は4600万tを超える。

では、なぜ米の輸入量が増えているか…、それは中国産米の価格が高いからだという。ベトナムからの輸入米のほうが国産の低価格米より安い状況になっている。 米の関税割当(低関税枠)の関税率は1%だが、国内流通では13%の付加価値税がかけられている。しかし、それでも国産米より安いことから輸入が増えている。米の加工業者ではとにかく安い米のニーズが強まっているという。ビーフンのほかインスタント食品、酒造用原料などのニーズとなっている。

美味しいのかと言うのは、国々での好みがあるので何とも言えないが…、最近の中国のコメ事情では環境汚染により汚染されたコメが多くなれば、大きなダメージとなる。中間富裕層などのモノ好きな連中は日本の米に興味があるだろう。日本の米云々と言うのは今後の話となるだろうし、ベトナムの安いコメのほうが中国向きではないのか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月19日 18:57 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)
無理だった
中国にいるとき、中国産の米を美味しく炊こうと水、炊飯器を変えたが無理だった!今日本で美味しいご飯を毎回感動しながら食べています!
[ 2016/05/19 19:06 ] [ 編集 ]
米の将来
国内のブランド米を進歩させたのは
・米の需要減~減反政策が押した高単価志向
・農事試験場の品種開発
・温暖化による米産地の北進
この3つです。
お米はおいしくなったが、価格は高い、
消費量は減少、農家は高齢化と、
将来は危ない。
高くても売れるなら輸出の道はあるが、どうだろう。
[ 2016/05/20 00:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp