韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「日本は資源大国」だった?備蓄という点から見れば中国より「上」

「日本は資源大国」だった?備蓄という点から見れば中国より「上」

中国の広大な国土には大量の天然資源が存在する。石炭やレアアースのほか、原油も生産することができる中国だが、近年は経済成長にともなって液化天然ガスや原油は輸入が増えている。 一方、日本は天然資源に乏しく、消費する資源の大半を輸入に依存しているが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の資源備蓄は中国より圧倒的に多く、備蓄という点から見れば「日本は資源大国」であると論じた。

記事はまず、日本が世界有数の経済大国であると同時に、石油消費大国でもあると指摘。だが、1970年代にオイルショックを経験したことで、国内で消費する石油のほぼすべてを輸入に依存する日本は自国のエネルギー安全保障について強い危機意識を持ったと論じた。 日本は中国と異なり、国内での原油産出は皆無と言って良い水準であり、エネルギーはほぼすべてを輸入せざるを得ない状況で、コストも自然と国際原油価格などに翻弄されることになる。日本の石油消費量は中国の約半分ほどだが、記事は「日本の人口は中国の10分の1であることを考えれば、日本の石油消費量は多い」と指摘し、石油を確保するため、日本が石油備蓄法のもと、国が石油の備蓄を管理していると紹介した。

また、日本には大型かつ戦略的な観点に基づいた石油備蓄基地が数多く存在する一方、中国は石油消費量が多いにもかかわらず、備蓄基地の数は日本よりはるかに少ないと指摘。また、日本は石油のみならず、レアアースなども備蓄もしっかりと行っていると指摘し、「備蓄量から見れば日本は資源大国」と論じている。
http://biz.searchina.net/id/1610259?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
国内でさまざまな天然資源を産出できる中国と異なり、日本は一般的に資源が少ない国であると認識されているが、日本の周囲を取り巻く海洋部分にまで視点を広げると日本は実際には資源大国だと言える。多くの人びとにとって島国の日本は資源不足の国に見える一方、エネルギー自給率が20%を切る日本が近年、「資源大国」として認識され始めている。

日本がエネルギーを輸入に依存していることは間違いないが、日本が「隠れた資源大国」である背景には、新たに海洋資源が発見されていることや、資源回収技術の発達、さらには社会全体に根付いた環境保護がある。日本国内に存在する廃棄物や部品などに含まれる金属の量から見れば、日本は資源大国と言える。さらに日本の都市鉱山には世界の埋蔵量の約16%に相当する金が存在し、プラチナやインジウムなどの稀少な金属についても同様に大量に存在する。

さらに言えば、日本近海の海底に大量のメタンハイドレートやレアアースが存在することが発見され、採掘技術がさらに向上し、商業開発が可能となれば日本は一気に資源大国となる。日本がこれまで限られた資源を有効活用するための技術を開発してきた。省エネやリサイクルの技術とあわせ、今後日本で海底資源の開発が行われれば、日本の資源をめぐる世界の立ち位置が大きく変化する可能性がある。

産経ニュースは、「燃える氷」とも呼ばれ、次世代燃料と期待されるメタンハイドレートを商業化した場合、3兆3千億円程度の売り上げが見込めると経済産業省が試算したことが17日分かった。政府がメタンハイドレートの販売金額を試算するのは今回が初めて。技術開発などで政府が投じた予算総額の30倍を超える効果があり、平成28年度に最終段階を迎える開発計画の進展にも期待が高まりそうだと報じている。

試算は、政府の実用化計画に基づき、予定通り30年代後半に商業化したとの想定で、市場での販売額を積み上げた。 日本周辺では愛知県沖の東部南海トラフで10カ所以上の濃集帯(ガス田)が確認され、1カ所当たり1日100万立方メートル程度の生産が期待できる。1カ所の操業期間は15年程度と想定し、仮に10カ所で操業できれば総生産量は547億5千万立方メートルに上るとの前提で試算した。 商業化時の日本市場の天然ガス価格は、日本エネルギー経済研究所の予想に基づき100万BTU(英国熱量単位)当たり13・45ドルと仮定。その結果、メタンハイドレートの販売により3兆3638億円の売上高が見込めると結論づけた。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月21日 10:18 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp