韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンとアップル、中国市場で現地企業と提携

サムスンとアップル、中国市場で現地企業と提携

「中国市場を奪還せよ」
世界のスマートフォン市場1、2位のサムスン電子と米アップルが同じ目標を立てた。それだけに戦略も共通している。これまでに「単独進出」戦略を見直し、中国現地メーカーとの「提携・協力」へと転換したのだ。サムスン電子は中国最大の電子商取引・簡易決済業者のアリババ(阿里巴巴)と手を結び、アップルは中国最大のカーシェアリング業者、滴滴出行に10億ドルを投資し、友好勢力の拡大に乗り出した。

業界では両社の動きについて、スマートフォンの製品競争力をアピールするレベルを超え、中国市場に合ったサービスで消費者を味方につける戦略だとみている。ソウル大の李正東(イ・ジョンドン)教授(産業工学)は「現在は製品だけで大きな差を付けることができない状況になった。中国市場で再起を図るには、サムスンやアップルなど世界のトップ企業も現地企業と手を結び、新たな価値を提供していかなければならない」と指摘した。

■目標に共通点
サムスン電子は20日からアリババの簡易決済サービスである「アリペイ(支付宝)」をサムスンのスマートフォンで使えるようにした。サムスンのスマートフォン内蔵の「サムスンペイ」と呼ばれるアプリを実行し、アリペイのアカウントで一度ログインすれば、次回からは店頭決済に利用できる。サムスン電子無線事業部のイ・インジョン副社長は「4億5000万人に達するアリペイユーザーがサムスンのスマートフォンで便利に簡易決済サービスを利用できるようになった」と述べた。


スポンサードリンク


サムスンは今回をきっかけとして、アリババと提携の幅を広げていく計画だ。中国最大の電子商取引(EC)サービス「淘宝網」「アリエクスプレス」をスマートフォンに搭載したり、アリババのクラウド事業である「アリクラウド(阿里雲)」をサムスン電子が採用したりという方向性が考えられる。サムスン電子幹部は「両社の協力は始まったばかりだ。アリババのサービスとサムスンのスマートフォンの提携をいかに進めていくかを検討している」と話した。

アップルも3億人が超える滴滴出行のユーザーがiPhoneのアップルペイで決済が可能となるよう、提携を進める計画だ。また、滴滴出行の大株主であるアリババ、騰訊(テンセント)とも協力関係の構築を目指す。アリババの電子商取引、テンセントのモバイルメッセンジャーやゲーム、アップルのスマートフォンを連動させれば、中国でかなりの競争力を確保できる。

■アップルCEO、訪中8回
サムスンやアップルの経営トップも必死に飛び回っている。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は16非、北京を訪れ、現地の開発者らと顔を合わせた。本来はインドを訪問する予定だったが、1日を割き、中国に立ち寄った。クックCEOの訪中は2011年にCEOに就任して以来既に8回目だ。サムスンのスマートフォン事業の責任者、高東真(コ・ドンジン)社長(無線事業部長)も昨年3月、ギャラクシーS7の発売に際し、真っ先に中国を訪ねた。

発表会への出席だけでなく、現地の販売網、提携業者の従業員らとも会い、現地の状況について話を聞いた。高社長は「中国国内の移動通信キャリアから販売店経営者まであらゆる関係者と会い、現状をチェックし、問題点を把握した。今年は再び中国市場を手中に収めたい」と抱負を語った。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/23/2016052300550.html

【管理人コメント】
アップルもサムスンも中国は良い市場であることに変わりはないわけで、日本の金融サービス業も間に入り活性化している。目標は同じと言うが、決済方式激化の様相だろう。サムスンは低価格スマホは投げ売りで良いわけで、決済方式の拡大が自社サービスと連携させることが重要なわけだが、それがない。アメリカでは決済方式を進めてスマホを売るという逆の戦略だ。もう一つサービス事業が無いと無理だろう。そういう意味では、中国で提携を拡大するというのは重要となるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月23日 10:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp